女性が持っていると役に立つ資格「サービス接遇検定」

女性は、結婚や出産、子育て、介護など人生の様々な場面で、生き方が左右されることが多く、その度に仕事を辞めたり転職したりと、仕事の面でも変化を求められることがあります。

そのため、復職する時や転職する時に、少しでも有利な資格を持っていると、プライベートな都合で休職したり転職する時に役立ちます。

時に何らかの理由で仕事から少し離れる期間があっても、次に復職する時には、できる限り前のポジションを落としたくない、すぐに自分の能力を生かせる場で活躍したい、と考えている女性も多いのではないのでしょうか。

特に、以前サービス業に就いていて、また同じ職種に就きたい、復職したいと考えている方は、サービス接遇検定の資格を取っておくと有利です。

スポンサーリンク

就職・転職に役立つ「サービス接遇検定」

人と接する仕事を目指す人にはおススメの資格

サービス接遇検定の資格は、お客様に対して最高のサービスを提供するプロであることを証明する資格です。

人と接する仕事、特に接客業では相手に満足や快適さを提供することは非常に重要なことだと言えます。
素晴らしいサービスを提供することで、売り上げに貢献し、お客様の来店を促すという結果につながります。

サービスを提供することで、特別なお金は発生しませんが、目にみえない価値を提供することになります。
サービス接遇検定は、ホテルやレストランなど接客業に役立つだけでなく、営業などの売り込み、教師や介護、医療関係など、人と接する必要のあるあらゆる業界で必要となる専門知識や、コミュニケーション能力を養い認定するものとなります。

民間資格

サービス接遇検定の資格は、財団法人実務技能検定協会が実施する民間の資格になります。

検定には1級、2級、3級、とあり、サービス業務に必要とされる礼儀や心構え、態度、振る舞いなど幅広く学びます。
仕事内容が接客だけの人でなく、人と接するビジネスマンたちが利用します。

営業の売り込みでも、医療の現場で患者の方や一緒に働く方たちともコミュニケーションをとりながら働くことは大切です。

コミュニケーションが上手く進めば、仕事の面でも人間関係の面でも物事がスムーズにすすむというメリットがあります。
人は生きていくうえで、全てにおいて人とコミュニケーションをとって生きていくことは、必要不可欠だと言えるほどです。

女性にとっても、仕事で生かすだけでなく、プライベートな面でも気遣いや気配りができる女性は魅力的だと言えます。

このように、サービス接遇検定は、人間としての幅や魅力を広げることができる資格とも言えます。

試験内容・難易度

サービス接遇検定の試験内容は、サービススタッフとしての資質、職務に関する知識、一般知識、対人技能、実務技能です。

2級・3級は、筆記のみの試験内容になりますが、1級は筆記試験と面接試験になります。
準1級の試験は、面接試験のみですが、合格には準1級面接試験と2級試験の合格が必要になります。

受験をするための資格は特になくて、どなたでも受験することができます。
受ける級によって、試験日は異なるので、試験を考えている方は事前に確認しておくことがよいでしょう。

試験の難易度は、2級以上であれば約50%以上、3級であれば約70%以上になります。
筆記試験では、サービスに関する基礎知識やマナーを問う問題が主に出題される傾向にあります。

面接試験では、サービスに対する心得や知識を発揮して、面接官にサービスを実施する実技を行ったりします。
一般的な合格率から考えると、サービス接遇検定の難易度は標準的だと言えます。

難易度は、級が上がるにつれて難しくなる傾向にあり、1級の合格率は他に比べると下がります。
サービス関係に関する理解が深く、高度な知識や技能を身につけておく必要があります。

しかし、他の多くの検定と比べると、1級でも難易度はやや易しめになるので、しっかりと勉強することで合格への道がひらけます。
また、2級以上の資格を取ることで、履歴書に書いた時に評価させる可能性が高いです。

履歴書に書いて有利に働かせたいと考えている方は、2級以上とっておくと安心です。

学習方法

学習方法は、独学で行うことがほとんどです。
今まで、接客業に就いていた方は、常識的な知識も多く、一日数時間の勉強を数ヶ月続けることで、合格への知識を深めることができます。

全くサービス業に就いていなかった方でも、半年ほど勉強すれば、知識を身につけることが可能です。
試験前には、過去問題などに取り組んでおくことも大切です。

他にも通学や通信など、他の勉強方法も用意されているので、ライフスタイルに合った勉強方法を選ぶことができます。
特に、プライベートなことで時間が少ない女性にとって、自分のライフスタイルに合わせて勉強方法を選べることは嬉しいです。

最後に

このようにサービス接遇技能検定は、接客マナーやおもてなしの心が身について、より女性らしく魅力あふれた人になるための知識を持つことができます。

対人関係は、あらゆる業界で必要のため、多種多様な業界で求められている資格です。
また、勉強期間も比較的短くて済むので、取得しておくと便利な資格だと言えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

英語の資格が活かせる仕事:日本語教師

国際化していく現代社会で活躍するために、英語教育の重要性が叫ばれていますが、依然として日本人で英語をネイティブレベルで活用することができる人材を見つけることは難しいということが現状です。 もし、あなた …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「福祉力検定」

これから福祉業界で働きたいと思っている人ならば、福祉力検定を受けると、スキルアップが狙えます。 今まさに、福祉サービスに携わっている人のキャリアアップとしても、役立ちます。また、最近では障害のある人も …

外国語を学ぶ資格:ハングル能力検定試験(ハン検)

日本にとって最も身近な外国と言われる韓国。 そんな韓国や北朝鮮で使われているのがハングルという文字です。

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:認定心理カウンセラー2級

職場や学校での問題、人間関係など悩みの多い現代社会で、傷ついた人に寄り添い、話を聞き、癒す仕事としてカウンセラーが人気です。 心理学を学ぶ方法はたくさんありますが、専門知識と技術をしっかり身に付けたい …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船舶乗組衛生管理者

船舶に関連する国家資格の1つとして船舶乗組衛生管理者があります。 船舶衛生管理者は、船員法の規定に基づく「船舶に乗り組む医師及び衛生管理者に関する省令」によって詳細が定められており、国土交通大臣によっ …

楽天モーションウィジェット