将来的に独立ができる国家資格「歯科医師」

日本の国家資格には、たくさんの種類がありますが、それらの中には将来的に独立開業することができる種類の資格も数多く存在しています。

町の歯医者として働くために必要な資格である歯科医師も、国家資格の1つとして多くの人が注目している資格の1つです。

スポンサーリンク

国家資格「歯科医師」

近年では有資格者数が増加

歯科医師と言えば、かつては例外なくお金持ちであると言うイメージが存在していましたが、近年では有資格者数の増加に伴って、非常に厳しい競争社会に入ってきているといえます。

国家資格を持っていれば安心であると言う時代は既に終わっており、資格を取れば安泰と言う狙い目の資格とは程遠い状況にあります。

しかしながら、歯科医師の仕事は健康な生活を行う上では非常に重要な仕事であり、たくさんのニーズが存在しています。
その意味では、今なお将来性の高い仕事であると言うことができます。

先述した通り、国家資格を持っているということが、将来を保障することにはつながらない資格となっています。

歯科医師の国家試験に合格した後に一定の研修を行い、独り立ちするだけの技術を身に付けてから、独立開業することになりますが、そのような環境の中で学ぶことができる治療技術が全てでは無いのです。

歯科医療の世界は常に進化を続けており、健康保険の適用対象とならない高度な歯科治療が次々と生み出されているのです。
それらの知識や技術を、身に付けて提供することができるようになってはじめて、歯科医師の競争社会で勝ち抜くことができる力を身につけることができるのです。

実力社会であり、狙い目の近くであるとは到底言えません。
努力と実力がものを言う社会であると言えるでしょう。

大学の難易度は低下傾向に

しかしながら、歯科医師を目指すための歯科医大の入学については、かつてに比べて難易度は低下傾向にあるといえます。
一定の学力がなければ合格することができないのは変わりませんが、競争率については一時ほどのものではありません。

そのような意味では、狙い目の近くであると言う見方もできるかもしれません。

しかしながら、歯科医大に合格することがゴールではなく、歯科医師の国家試験に合格して初めて歯科医療を提供することが許されます。

大学入試で既に狭き門でありますが、国家資格を取得するための国家試験はさらに厳しい試験であるといえます。

その試験に合格して国家資格を取得しても、専門家としてスタートラインに立つことが許されるだけなのです。
そこから先は自己研鑽の毎日であり、どのような技術を身につけ、どのような歯科医療を提供するのかを自分でしっかりと検討し、世の中に必要とされる医療の形を追求していかなければ生き残っていくことができないのです。

歯科医療の現場はそのような競争社会に突入しているのです。

競争の激しい、実力社会

都市部であれば、狭いエリアに非常にたくさんの歯科医院が集中している様子を見ることができます。
同じ歯科医院であっても、専門としている分野には違いがあり、人気のある歯科医院もあれば閑散といる歯科医院もあります。

数多く存在している歯医者の中から選ばれる存在になるように、どうすれば良いかを追求したかしないかの違いが出てくるのです。

独立開業すると言う道は、歯科医師としてはある種のスタートラインであると言えますが、しっかりと自分の医療の形をイメージして形にしなければ、患者の集まる歯医者にはならないのです。

歯医者を開業するというのは、ある意味では会社を設立するのと同じです。
1つの会社を作り、歯科医療と言うサービスを提供する会社の社長になると言うのが、歯科医師の国家資格に認められた権利なのです。

そこから先は、努力次第であると言う環境に取り込まれることになります。
ある歯医者が選ばれる歯医者であるために、治療受けることができる時間を幅広くすると言う選択をしました。

サラリーマンが仕事帰りに立ち寄ることができるように、夜遅い時間まで診療時間を延長すると言うのはそのような工夫の1つです。

または土曜や日曜など、従来であればお休みであった日に診療を行うと言うのは、サービス業ならではの発想であると言えるでしょう。

このように他の歯科医院と差別化することによって、選ばれる歯医者になることができるのです。

このような工夫を繰り返すことによって、自分の歯医者を選んでもらうことができるように努力をするのです。

また他の歯科医師は、他の歯医者では提供していないような高度な歯科医療を提供するようになりました。
すべての歯医者が同じサービスを提供しているわけではありません。

得意としている分野もあれば、苦手としている分野もあります。
特に最新の技術については、国家資格を取得してから個人で学ばなければならないケースが非常に多く、どれだけ自分に投資をしたかによって、提供可能な歯科医療の幅が決まっていくのです。

近年では、比較的有名になってきたインプラント治療も、大学で実技を学ぶことができる治療技術ではありません。

最後に

このような治療技術を身に付けるためには、自ら学習の場を求めて勉強しなければならないのです。
これは、歯科医師の国家資格を取得した後も変わることがありません。

このような努力を継続することができる人にとっては、独立開業することで大きなメリットを得ることができる資格であると言えるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

救命艇手はどんな資格?受験資格や難易度など

もし船で不慮の事故やトラブルが起きてしまったら、乗組員や乗客は身の危険に晒されます。 船舶でのトラブルは昔から今に至るまで数多く起きてきました。 万が一船で何かあった時のために待機しているのが、救命艇 …

外国語を学ぶ資格:実用イタリア語検定(伊検)

ヨーロッパは日本から遠いだけに、なかなか訪れることは難しいです。 とはいえ、卒業旅行や新婚旅行などで行ったことがある方も多いでしょう。 いつかは旅行したいと夢見ている方も多いはずです。 特にイタリアは …

センスを活かそう!生活に関する資格「ライフスタイルプランナー」

輸入住宅の増加に伴い、知られるようになってきたのがライフスタイルプランナーの資格です。この資格を取得すれば、インテリアやガーデニングに関する知識を幅広く身につけることができますし、それを活かして仕事を …

公務員になるための試験:公立学校教員

教員の資格は比較的簡単に取得可能ですが、公立学校で教師として働くためには、県や市町村が行う教員採用試験に合格する必要があります。

将来的に独立ができる国家資格「司法書士」

司法書士とは、司法書士法に基づく国家資格で、個人や企業など、他人からの依頼を受けて登記事務や供託事務、裁判事務を行う人の事をいいます。

楽天モーションウィジェット