食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「食品安全検定」

食品安全検定は、食品を扱う仕事に従事するすべての人たちに対して、正しい知識を広く知ってもらい、その問題を科学の力で解決していく力を養い、より安全な食文化の創造に寄与する人材育成のために作られた、比較的新しい資格試験です。

スポンサーリンク

食品安全検定の資格は何に役立つのか?

現在、食品やそれを扱う環境は、大きく変化してきています。簡単に情報を集められる時代になり、その情報をもとに、新たな情報を発信することも、以前に比べれば簡単にできるようになりました。

非常に広い範囲に、しかも不特定多数の人たちに広げられるため、その中では決して正確な情報ばかりではなく、時には事実とは全く異なるものさえあります。

そのような情報でさえ、発信する方法などによっては、瞬く間に広がってしまい、あたかも正確な情報が実は嘘のように扱われてしまいます。

食を扱う現場において、そのような情報が氾濫し、間違った使い方をされてしまえば、日本の社会根底が揺らぎかねません。人が口にするものは、すべての人の生活の、最も基盤となるもので、生きる源だからです。

安全は根拠のない感情からではなく、科学的な事実と根拠に基づいて、評価されてもたらされるものであり、食品安全検定は食品に関しての安全性を、自分で科学的知識に基づいて受験者一人一人が判断し、日々発生する問題点を着実に解決できる能力を問うもので、日常生活の最も基本的な食べるということに関しての、安全性をさらに広めるために役立っていくと考えられます。

さらに、安全性を確保する事により、消費者への信頼感と安心感につながっていくので、日本の伝統的な世界に誇れる食文化の醸成にも寄与していくでしょう。

食品安全検定の試験概要や受験要綱はどうなっているの?

食品安全検定は、初級、中級、上級の3つのレベルに分けらえており、2015年から実施されています。現在までに、初級と中級の試験が行われましたが、上級の試験は2017年から開始される予定です。

受験は誰でもでき、特に年齢なども含めて、制限はありません。

初級の受験レベルの対象となるのは、食品を扱う現場で働き始める新人のための教育や、一般の人で興味がある人などです。中級は、現場のリーダーとなるような人材、あるいは責任者のレベルとなります。

上級は、食の安全に関して指導ができる立場の人材が対象となるレベルです。今までには、初級と中級の試験が行われましたが、合格率は初級で6割から8割程度、中級では5割から6割程度が標準的な合格率でした。

ただし、合格率はやや変動が大きいようです。誰でも受験したい人が受験できるため、受験生のレベルが一定ではないことが、その大きな要因です。

その合格基準は、初級で100点満点中70点以上、中級では100点満点中で80点以上となっています。

誰でも受験できる試験で、半分以上はおおむね合格できる試験ですので、決して難しい資格試験ではないといえるでしょう。

受験料は、初級で6000円税別、中級が8000円税別となっていて、年に2回行われています。受験の申し込みが非常に簡単で、ホームページから受験の申し込みをして、IDとパスワードを設定、それから必要事項を入力して、受験料はコンビニなどで支払い、受験当日に身分証明もふくめて提示すれば受験できます。

書類などを郵便でやり取りする面倒がないのは、非常に便利で魅力的です。さらに、CBT方式といって、コンピューターを使った受験方式であるため、予約ができて受験料を1回毎に支払えば、何回でも受験することもできます。

食品安全検定試験合格のための試験対策は?

試験で求められる知識や能力は、その受験レベルでも異なります。検定試験を行う一般財団法人食品安全検定協会からは、それぞれのレベルに応じたテキストが出版されていて、スマートフォンで利用できる、1問1答形式の問題集アプリも販売されています。

受験される方は、まずこのテキストを中心に学習を進めていくのが良いでしょう。

試験問題は、初級はすべて4者択一方式ですので、正しい答えは問題の中に書かれています。ですから、少し曖昧な知識をざっと流しても、場合によっては問題を見たときに正解がわかることもありますが、あまりお勧めできる勉強法ではありません。

安全にかかわる基本的事項から、アレルギーや摂取すると異常をきたすような、病原微生物などの医学的事項に関連するもの、さらに社会的な仕組みや、制度など法令や法規に関することまで、カバーする範囲は非常に多いので、単なる記憶力だけでは、なかなか歯が立ちません。

なぜそうなっているのか、その理由もふくめて理解することで、知識の定着を図りながら、テキストを中心に学習を進めていくのが、資格取得の近道となります。

遅くても受験の3か月前からは、しっかりと時間を取り十分な受験勉強体制を整えておいた方が良いでしょう。

中級の試験では、択一問題のほかに正誤問題、事例問題の組み合わせで、50問が出題され40問以上の正解が必要なので、難易度が少し上がります。

さらに、病原微生物や毒性物質、アレルギー物質や添加物などの知識も深く広くなるため、覚えるべき事項はさらに多くなります。知識を整理しながら、学習をすすめなければいけません。

しっかりした知識を持つことで、資格取得した後も、食品を扱う現場において活躍することができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-,

関連記事

証券事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

事務の仕事の中でも、特に専門的な事務になると、意外と知名度が低いことが多いでしょう。 その中でも、あまり有名ではないのは証券事務です。事務の1つのジャンルとはいえ、あまり耳慣れない言葉ですよね。 どう …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:メディカルリンパセラピスト

現在では色々な資格がありますので、仕事だけでなく趣味の延長として取得する人も増えています。 中には健康意識を伸ばすことのできるような資格も用意されていて、メディカルリンパセラピストは注目されています。

外国語を学ぶ資格:ドイツ語技能検定試験(独検)

日本国内に住んでいると日本語がとても便利ですので、外国語を学ぶ機会がほとんどなかったり、学校で英語を学んだとしても、あまり使う機会がないまま学習したことを忘れてしまいがちです。 外国語が苦手な日本人だ …

雇用形態いろいろ。契約社員として働くメリット・デメリット

雇用形態には、いろいろなものがあります。ここでは、契約社員として働くメリットとデメリットについて、解説していきます。 一般的には、契約社員の方が正社員のような雇用形態と比較すると、良くないイメージもあ …

英語を通して学ぶ文化と歴史

語学はその国の文化を表しています。 日本語は文章を最後まで確認しないと、YESと言っているのか、NOと言っているのかわかりません。 それは日本の国民性が人間関係を曖昧にし、センテンスの最後の方にその人 …

楽天モーションウィジェット