食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「食生活アドバイザー検定」

食に関連する資格は、いろいろあります。お菓子や料理を作るパティシエや調理師、そのほか管理栄養士や栄養士、ソムリエやフードコーディネーターなどです。

様々な方面から食を考えていくことができますが、食生活アドバイザー検定は、栄養から食のビジネスまで、トータルに捉えられる視点を養うことができる資格です。

スポンサーリンク

日常生活にも役立つ資格

消費者と提供者の立場が学べる食生活アドバイザー

健康な生活を送るためには、栄養や栄養表示、病気と栄養の関係などを考える必要があります。また、そこまで到達するまでの販売や流通、さらには調理のコツや献立の工夫、食中毒を防ぐための衛生管理なども行う必要があります。

また、食生活アドバイザー検定では、食に関する税金や法律など幅広い知識が問われます。

食生活アドバイザー検定は、3級と2級があって、3級は消費者の立場から、2級は提供者の立場から、ビジネスのことまで含めた食に関する問題が出題されます。

資格を取るためには、高校を出てすぐに検定試験を受けるルートか、もしくは大学・短期大学・専門学校などで学んでから検定試験を受けるルートがあります。どちらでも、合格すれば資格が取得できます。

受験資格は特になく、興味がある人ならば、誰でも受験することができるので、受けやすい検定です。平均の合格率は、3級が65%、2級が35%で、2級はかなり難しくなっています。

2級と3級のどちらの資格も取れば、消費者と提供者という、全く逆の立場の知識を身につけて使えるようになるので、面白いです。

一般の消費者として、家族の健康を考える主婦としてなど、いろいろなシーンで活用できる資格です。学校・大学・企業などでの団体受験も可能です。

食生活アドバイザー検定ではどんな内容が出題される?

食生活アドバイザー検定の出題内容は、広範囲です。3級はマークシート式の出題で、2級はマークシートに加えて記述式問題があります。合格するためには、どちらも合格点数の60%以上をクリアする必要があります。

受験科目は共通なので、3級合格者は、2級の時にも知識を活かすことができます。

3級は基礎的な内容が多くて、魚の部位の名前やテーブルコーディネート、食品表示、アレルギー物質などの身近な問題が出題される傾向にあります。

一方、2級はプロレベルの問題で、出範囲は3級と同じものの、より高度な知識が求められます。栄養成分の働きや遺伝子組換え表示、健康に害を与える細菌の種類、食に関する法律、税金など仕事に使いたい人向けの実用的な内容です。

3級の勉強期間は、1ヶ月から3ヶ月じっくりやれば合格点が狙えるようです。2級の方はプロレベルの内容なので、普段から仕事で知識を使っている人が、空き時間に勉強するのが一般的です。

もしくは検定に向けて、通信講座や短期集中講座に参加して、合格率をアップしている人もいるようです。

独学で勉強することも可能ですし、スクールに通って着実に力をつける方法もあります。合格すれば履歴書に資格を書くことができるので、関連する職種の就職や転職に有利になる可能性があります。

現在、関連する仕事に就いている人であれば、資格取得をしてキャリアアップを狙うこともできます。年収アップを目指したい人にも、役立つ資格と言えるでしょう。

関連業界では、団体受験を勧めるなど、企業側から取得するように推奨しているケースもあり、人気があります。

どんな場所で使える資格なのか?

食生活アドバイザー検定を取得すると、メーカーやスーパー、デパート、飲食店、病院、介護施設、学校などでプロとして活躍できるようになります。

健康管理からマナーまで学べるので、自分自身の健康が気になるという人や、恥をかかないために正しいマナーを身につけておきたいという人にも適しています。

料理が趣味な人であれば、料理のレベルアップのために使える知識が身につくので役立ちます。家族の健康管理や栄養のアドバイスなど、周りの人を幸せにすることができる魅力的な資格です。

栄養と健康という分野では、栄養、病気予防、ダイエット、運動、休養など、かなり身近で、みんな気になる内容が扱われているので、興味がある人ならば、無理に覚えようとしなくてもスイスイ頭に入ってくるでしょう。

実際にどんな人が受けているかというと、管理栄養士や栄養士といった、人々の栄養に関わる仕事をしている人、作って提供するという調理師の人などです。

さらに、介護や医療現場、保育や教育、ビジネスとして扱う人、料理教室やカルチャースクールの講師なども受けています。

料理教室の経営者や、フリーライター・コラムニストなど、自営業やフリーの人が仕事で使うために取得するケースもあります。

実際に資格を取得した人は、レシピ開発や商品開発、販促や講座、執筆などに知識を活かしているようです。

幅広いジャンルで使える知識が身につくので、取っておいて損はないでしょう。

試験は毎年7月と11月の2回実施されて、2級と3級は併願することもできます。

まとめて取ってしまいたいという人は、一気にチャレンジできます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:内燃機関海技士

機関長や機関士のような機関部船舶職員が船舶に乗り組むために必要な国家資格として、海技士 (機関)があります。 海技士を所管しているのは国土交通省です。 内燃機関海技士は海技士 (機関)のうちの1つで、 …

家電販売のプロ!家電製品アドバイザーとは?

家電製品アドバイザーの資格は、仕事や転職の際に役立ちますし、趣味としても有用です。 スポンサーリンク 家電製品アドバイザーとは? 家電製品アドバイザーの役割は、主に家電製品やAV機器の販売、営業や接客 …

雇用形態いろいろ。アルバイト・パートとして働くメリット・デメリット

雇用形態の中でも、求人の数が多いアルバイト・パートは、働いてお金を稼ぐ時に、有効な選択肢となります。 そのメリット・デメリットをよく理解して、自分に最適な雇用形態を選ぶための、参考にしましょう。 多様 …

主婦にオススメの資格「ファイナンシャルプランナー」

『何か自分に合う資格はないだろうか?』、『忙しい自分でも取得することができる資格があるのか?』と考えている主婦にオススメの資格があります。 それは『ファイナンシャルプランナー』というもので、お金に関係 …

救命艇手はどんな資格?受験資格や難易度など

もし船で不慮の事故やトラブルが起きてしまったら、乗組員や乗客は身の危険に晒されます。 船舶でのトラブルは昔から今に至るまで数多く起きてきました。 万が一船で何かあった時のために待機しているのが、救命艇 …

楽天モーションウィジェット