専門職には欠かせない!技術系の資格「照明技術者技能認定」

照明家というのは、いろいろな照明機材を使用して舞台やテレビイベントなどの演出効果を高めたり、建築物や店舗のライトアップ、イベントなどの照明を行っている専門家です。

スポンサーリンク

光を操って作品の雰囲気を出す技術者

主な仕事の場所になっている舞台、映画、テレビなどの照明では、作品のテーマをつかんで、登場人物の心理なども読み取って、台本に従って照明プランを作っていきます。

建築物や公園、店舗などのライトアップは、必ず現地に行って下見を行ってからデザインを考えていきます。橋などのライトアップは、海の上を進んでいる船から美しく見えるように、工夫を凝らしていきます。

イベント照明では、企画に合わせてイメージを絵にした照明プランを作成して、イベントを盛り上げていきます。住宅やオフィスなどの通常の照明は、照明家の仕事の領域ではありませんが、光を有効に使用して、室内への雰囲気を演出する仕事は、照明デザイナーと呼ばれています。

照明家は、ただ単に対象になっているものや、その場の雰囲気を作ればよいわけではありません。自分が意図するものを表現して、そして際立たせ自己主張をする、いわば光を操っている芸術家です。

照明はその当て方、光の強さ、色彩の選び方などによって、登場人物や背景、対象物を一変させてしまうぐらいの力を持っています。

現代では、照明家の活躍するジャンルは広い範囲にわたっています。いずれのジャンルでも、優れた美的センスと技術で、そこに集まっている人たちに共有の世界を演出したり楽しませたり、感動を与えることが照明家の役割になっています。

優れた照明の技術を駆使することで、立派な作品が出来上がってきます。

優秀な照明の技能を持っているか認定する

照明家は、照明によって対象になっているものをライトアップする仕事になりますので、優れた美的な感覚や、さらに音楽や背景などとの相乗効果を要求され、柔軟に対応していく腕が必要になってきます。

また、次々と日々高性能化してくる照明器具の知識や、技術に対応する姿勢も必要になってきます。照明器具はかなり軽量化コンパクト化されてきましたが、ものによってはかなり大きく重いものもあり、運搬作業あるいは高いところへの据え付け作業など、重労働になることもしばしばです。

したがって、肉体的にも健全であることが要求される仕事になります。また仕事は時間的に不規則で、徹夜の仕事や長時間労働も珍しくないことも、覚悟しておく必要があります。

照明家になるためには、特別な資格は必要がありません。ですが仕事に必要になってくる照明の知識や技術を得るためには、専門学校などで学習することが欠かせません。専門学校を卒業した後、プロダクションや企業に所属して、実際の仕事を行っていきながら、いろいろなテクニックを身につけていくことが、照明家として活躍していくための一般的なケースになっています。

各種の照明器具の団体から、技術者になるための認定制度があります。

日本照明協会では、舞台や映画、テレビの撮影現場で働く技術者として、必要とされている知識を持っている資格者に、照明技術者技能認定試験を実施しています。この照明技術者技能認定試験では、2級及び1級の資格認定を行っています。

照明技術者技能認定の資格を持っていれば、照明技術はもちろんのこと、照明器具の操作の仕方など幅広い知識を有していると認められることになります。

作者が何を言いたいのか理解して

照明技術者技能認定資格試験は、実際に照明の仕事を行っている人しか受験することはできません。ですから、この照明技術者技能認定を受けてみたいと思う人は、劇場や、劇団、芸能プロダクションや照明器具の関連会社などに、所属していなければなりません。

高校を卒業してから、大学の理、工、芸術学部に進むか、デザインや電機系の専門学校へ進んで、これらの学校を卒業してから照明関係の会社に入って、照明家にならなければなりません。

照明といっても、いろいろな照明があります。舞台やテレビ、映画はもとより、各種構造物のライトアップなどそれぞれで照明の仕方も違ってきます。たとえば演劇の舞台の場合は、心理描写と情景描写に分かれてきます。

情景描写は、月夜の明るい夜であったり夕焼けが夜を染めるなど、大変にわかりやすいものになっていますが、心理描写はだれが見ても悲しい、さびしい、うれしいなどを感じさせるような照明になりますので、大変に難しい照明になってきます。

台本を徹底的に読み込んで読解しておくことが、必要になってきます。照明の当て方ひとつで、見ている人の感じ方が違ってくるものなのです。また、その照明が舞台に流れている音楽や演者さんとマッチしたものでなくてはなりません。

作品に対する理解力が、照明家にはとても必要になってきます。この場面で作者は何を言いたいのか、何を人々に伝えたいのかよく考えて、照明操作を行わなければなりません。

全体の流れがつかめるようになるまでには、長い時間がかかってしまいます。

多くの経験をして、すばらしい照明で人々を感動させている照明家も、たくさんいます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

事務職に向いている人、向いていない人の特徴は?

「事務職」というと、女性に人気な職種な印象があります。 ただ、事務職と言っても、誰にだってできる仕事なわけではありません。 どんな人が、事務職に向いている人なのか、逆にどういった人は向いていないのか。 …

雇用形態いろいろ。正社員として働くメリット・デメリット

様々な雇用形態がありますが、その中でも最も良しとされているのは、正社員です。 なぜそのように思われているのか、それはただの世間体だけではなく、待遇面においても様々なメリットがあるからです。 長期的に働 …

女性の仕事というイメージが強い事務職。男性が目指すには?

事務職は、どうしても女性の仕事というイメージがあり、男性が応募しても、その時点で不採用とされることも少なくありません。 でも、男性でも事務職を希望する人はいて、一定数採用されています。 採用されるため …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船舶乗組衛生管理者

船舶に関連する国家資格の1つとして船舶乗組衛生管理者があります。 船舶衛生管理者は、船員法の規定に基づく「船舶に乗り組む医師及び衛生管理者に関する省令」によって詳細が定められており、国土交通大臣によっ …

英語の資格が活かせる仕事:商社

せっかく苦労して英語の資格を取得したのならば、それを活かせる仕事に就きたいと考えるのが自然な流れです。 書面やメールの読み書きから、ネイティブとの英会話まで駆使するのが当たり前の職場としては、自分の力 …

楽天モーションウィジェット