主婦にオススメの資格「食生活アドバイザー」

主婦にオススメの資格として、食生活アドバイザーも役立つ資格の一つです。

比較的簡単に取得を目指せる資格ですので、主婦にももちろん向いていますが、プラスの知識を付けたい人にもおススメです。

簡単といっても必要な勉強はありますので、食べることへの関心を高めて、食生活アドバイザーの資格取得のために、必要な勉強を行っていきましょう。

スポンサーリンク

主婦におススメ!食生活アドバイザー

日常生活に欠かせない「食」

食生活アドバイザーにはレベルがありますので、2級や3級の資格取得であれば、割と簡単に目指すことができます。

食べることは、消費者目線からの意識を持つことができますし、食の高い知識を身につけておいて損はありません。
食べることを提供する方の立場での視点も踏まえて、食の幅広い知識の習得ができますし、学習を食生活アドバイザーとして活かすことができます。

学びで得た食の高い知識は、実生活の中でも活かすことができますし、仕事で活かすこともできます。

世の中には食材を取り扱うお店の存在は必要不可欠ですし、購入をするお客さんから食品の商品説明を質問されることも、日常茶飯事であることです。

この資格は、包括的な知識を学習できる資格であり、食の広い知識を身に付けることになります。
お客さんからの食への質問に対しても、食生活アドバイザーの学習で学び得たことをベースに、丁寧なアドバイスを正しい知識のもとで行うことができます。

食の正しい知識があることで、相談を受けたお客さんにも信頼されます。

飲食店で働く人にもおススメ

飲食店で働く人にも向いているのが、食生活アドバイザーであり、食材に対しての高い知識を、学習を通して身に付けることができます。

その知識はレシピの提案に活かすことができますし、新しいメニューへの提案にもなります。
知識があることで、飲食店への貢献にもなりますし、食べ物のマーケットのこと、衛生管理のことまで学習をすることができます。

調理をするということ以外にも、広い学習により、飲食店の管理や運営にまで視野は広げていくことができます。

すでに調理師や管理栄養士の資格取得をしている人にも、プラスして知識を高めるために、取得を目指すのはおススメです。

調理や栄養の専門学の他にも、食の知識という幅広い学習が加わると、更に仕事の幅までもスケールが広がりやすくなります。

主婦は家庭のシェフ

主婦にもオススメであるのは、大切な愛する家族のために、食の知識を生かすことができるためです。
時代は移り変わったとしても、やはり家族の健康を守るのは、主婦の役割の一つにもなります。

食事を調理して家族に毎日出すのは大変なことではありますが、その食事のおかげで、家族は日々を元気に過ごすことができています。
現代の日本では、生活習慣病も増えているものの、その予防をしていくために必要なことは、栄養バランスのよい食事を言えるでしょう。

日本では、食事の重要性を見直している時代であり、食生活の健全性が求められています。
学んだ知識は、家庭での食事での実用的に活かすことができます。

その昔日本人は、本当に毎日よく体を動かす生活をしていましたが、現代は便利な上に運動習慣も少ない人が多いために、日本人の肥満率は高まる一方です。

肥満は、カロリーが過剰であること、摂取したカロリーを消費しきれないことで起こります。
そこには、、食が大きくかかわってきます。

肥満を気にするとダイエットになりますが、誤った知識のもとでハードなダイエットをすると、健康を崩すことになりますし、やめた時にはほぼ確実にリバウンドをします。

毎日の食事がその人の体を作りますので、偏食やハードなダイエットはストップして、食生活を改善する必要があります。

食への正しい知識を取得した食生活アドバイザーであれば、家庭での食事にそれを生かすことができます。
体の調子が気になるとか、肥満気味な人も、そんな家族を持つ主婦も、この資格を実生活に生かさない手はありません。

食事を変えることは、健康的な生活を手に入れることにもなります。

飲食店や家庭だけではない

実は医療や介護のシーンでも役に立つことは多いです。
障害を持っている人や、高齢者などは、体力を回復させる必要がありますし、健康をできるだけ維持して、健康寿命を目指すことが大事です。

それを目標とした時にも、健康のためには食事が重要となります。

日本の福祉や介護、医療施設などでは、食べやすい栄養の食事であること、衛生面にまで心配りをする必要があります。
医療や介護での仕事をするにしても、既に高い知識を身につけたことで、品質も高いレベルでサービス提供をすることを目指すことができます。

最後に

食生活アドバイザーは、食に関連する広い知識が身に付くために、広いフィールドでの資格を活かした活躍を目指すことができます。

飲食業界に食べ物の販売現場、食材の生産現場や流通現場、学校に医療や介護の福祉施設などでも、業務の中で知識は生かされることになります。

食生活アドバイザーの資格を持つことで、食に関しての専門的な回答をできますので、自分の自信になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

外国語を学ぶ資格:中国語コミュニケーション能力検定(TECC)

近年、世界中の国々の中でも目覚ましい発展を見せる中国ですが、日本でも中国に工場を進出したりビジネスパートナーとして提携したりしている企業が数多くあります。 こういった流れの中で、現在ではグローバルに仕 …

豊かな知識が身につく!世界遺産検定とは?

世の中には数多くの資格や検定がありますが、就職や仕事のスキルアップに直結するようなものから、趣味として知識の幅を広げるものまで様々です。 その中の1つに「世界遺産検定」があります。 旅行業界の方は役立 …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「アロマテラピー検定」

香りは、人の心をリラックスさせてくれるものです。アロマを焚いて、部屋中をいい香りで満たしたり、お風呂に浸かりながらアロマでリラックスしながら温まったりと、色々な使い方ができます。 最近では、ビジネス、 …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ビジネスコンプライアンス検定」

21世紀に入り、法令遵守、コンプライアンスの徹底が言われるようになっています。 社員などが不祥事を起こすことで、社会的な信用を失い、会社の経営に大きな影響を及ぼすことから、コンプライアンスの重要性は、 …

専門職には欠かせない!技術系の資格「エネルギー管理士試験」

エネルギー管理士は国家資格で、一般財団法人省エネルギーセンターが行うエネルギー管理士試験に合格した後で、経済産業大臣に申請することで免状の交付が行われます。 日本はエネルギー資源が乏しい国で、エネルギ …

楽天モーションウィジェット