将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「手話技能検定」

手話技能検定とは、特定非営利活動法人として運営されている、手話技能検定協会が認定している資格で、手話のスキルレベルを評価するために利用されています。

そのため、手話を勉強している人は勿論ですが、すでに手話を生活や仕事に活かしているという人でも、受けることが出来るようになっていて、自分の手話のレベルやスキルが、どの程度のものなのかと言うところを、分かりやすく評価してもらうことができるようになっているのです。

スポンサーリンク

将来役に立つ福祉/介護の資格

手話技能検定とはどんな資格なのか

資格の段階は、1級から7級までの9段階に分かれているのですが、どのレベルからでも受験することができるようになっているというところが特徴で、(ただし2級以上の場合はそれ以下の級に合格する必要あり)、年齢も特に問われていないと言う事から、誰でも手軽に受験することができます。

試験内容も、基本は筆記試験のみで、マークシートや上級になってくると長文の書き取りなどが加わってきます。また1級と2級に関しては、手話の実技も試験内容に組み込まれているため、階級が高くなればなるほど、選りすぐれの手話の技術や、スキルを身につけていると評価してもらうことが出来るのです。

そのため、手話を仕事に活用したいという場合であれば、上級を目指す必要が出てくるのですが、それ以外に、生活の中に取り入れているという人や、趣味で勉強していると言う人の場合は、ちょっとした挑戦程度の気持ちで受験することができます。

そのため、色々な用途で受験されているというところも、特徴となっているので、数ある仕事にも活かす事ができるという、民間資格の中でも、特に最近人気を集めている検定と言う事で注目を集めています。

手話技能検定はどのような仕事に活かす事ができるのか

そんな手話技能検定は、趣味の範囲として資格を取得すると言う人も多いのですが、取得する事によって、自分たちの仕事に活かしたいと考えている人も少なくありません。

では実際に、手話技能検定に合格した場合は、どのような仕事で資格を活かす事ができるのかというところなのですが、基本的な活躍の場として言われているのが福祉の世界です。

福祉の世界では、耳が聞こえない障がいを背負っていると言う人は、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層で存在していますし、その中には、障がいの度合いが強すぎて、手話を利用しないとコミュニケーションが取れないという人も少なくありません。

そのため、手話技能検定で認定された手話のスキルを活用して、そのような人たちとのコミュニケーションを図ることができるようになりますし、逆に一般の人たちに対して、手話を教えることもできるようになるのです。

そのため、福祉施設や関連したリハビリテーション施設などで、活かす事ができる資格として人気を集めていて、ほかにもボランティア活動の一環として利用していると言う人も多いようです。

またそれに関連して、医療施設や児童施設・教育施設などでも活躍することができるようになっていますし、あくまでも手話の技術やスキルを認定するものとなっているので、業種に関わらず資格を活かす事もできるようになっています。

ただし注意点として、あくまで自分自身の手話のスキルを認定するだけのものとなっているので、手話のプロフェッショナルやスペシャリストとして活躍するということができるものではないとされています。

なので、通訳などの専門的な仕事で活かす場合には、手話通訳士を取得するための、スキルアップのために活用することがおすすめです。

今後、手話技能検定の活かし方とは

このように、手話技能検定は、あくまでもスキル認定の資格となっているので、取得する事で就職に有利になると言うわけではないのですが、実は福祉の現場では、手話ができるというこのスキルそのものが、重要視されている傾向が見られています。

どういうことなのかと言うと、聴覚の障がいを持っている人たちに対して、手話で対応することができるというところは、あまり多くはありません。

特に、福祉関係の場合は、聴覚の障がいだけではなく、認知症などのほかの病気を併発していると言う人も少なくなく、手話でなければコミュニケーションを取る事も難しいと言う人が少なくないのです。

そのため、手話ができるという人が職場にいるというだけでも、大きな戦力と考えられるようになっていますし、その人を中心として、職員全員が手話ができるようになれば、手話サービスを提供することができるようになるので、施設を利用できる聴覚障がいの人たちを、増やすことができるようになるのです。

そのため、福祉の世界でより多くの障がいを持っている人たちを、支えるための足がかりとしての活躍が期待されているのが、手話技能検定という資格なので、そこからサービス展開や事業拡大などの目的で活用されるという可能性があります。

もちろん、これは全ての福祉施設で実施できると言うわけではないのですが、施設全体のスキルアップを目指すことができるきっかけとしても、重要な役割を担っていると言えます。

そして福祉施設だけではなく、ホテルやデパートなどのサービス業でも、手話技能検定の需要が見られるようになってきているので、今後福祉業界を中心として、様々な業界で活躍することが期待されています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

難易度の高い国家資格とは?

難易度の高い国家資格とは何でしょうか。 ただ取得が難しいというだけなら色々ありそうですが、例えば大学で関連学部を卒業していないと受験できないとか、一定の実務経験がないと駄目である、などの資格はこの際除 …

趣味で取れる実用的な資格:音楽検定

音楽は人々の生活に溶け込んでいる存在です。 全く言語の異なる地域でも、音楽は一瞬で国境を越えることができます。 また、音楽に携わる職業は多く、レコード会社や音響制作はもちろん、BGMはありとあらゆると …

公務員になるための試験:海上保安学校

海の平和を守る海上保安官になるためには、海上保安学校へ入学して学ぶ必要があります。 海上保安大学校は幹部職員を、海上保安学校は一般職員を目指す場所となります。

貿易事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

求人の広告やサイトでよく目にする、「貿易事務」の文字。 なんとなくふつうの事務より時給も高いし、世界を相手にしていてカッコいいけど、今一つ仕事内容はピンと来ない。 そんな貿易事務のお仕事について、具体 …

ニッチな外国語の資格:エスペラント学力検定

世の中にはたくさんの資格がありますが、昨今では資格を取得することが一種のブームとなっているのでメジャーな検定は人と被りやすくなっています。 そこで少しニッチな言語にチャレンジしてみるのもおすすめです。 …

楽天モーションウィジェット