就活で持っていたい資格「宅地建物取引主任者」のアピールできるポイント

就活で持っていたら有利となる資格の中でも、国家資格であるものの、会計士や税理士のようにそこまで専門知識が無くても取得できるのが「宅地建物取引主任者」

資格を持っていると、不動産への就職に有利となるほか、一生有効であるため途中で試験を受けなおしたりすることもなく、人気な資格となっています。

スポンサーリンク

人気の資格「宅地建物取引主任者」

宅地建物取引主任者とは

例えば、街の不動産屋さんがあります。

皆さんはそこでアパートを借りる契約をします。

そうすると、契約する店舗には必ず宅地建物取引主任者がいなければなりません。
アパートマンションを契約する際、物件見学を一緒に行ってくれる担当者と、実際に契約を結ぶときに、細かい文字の重要事項説明の時だけ現れる人がいると思います。

いきなり出てきたこの人は、誰なんだろうと思うと思いますが、その人が「宅地建物取引主任者」です。

皆さんも感じたことがあると思いますが、あの細かい文字を、ただ全部読むだけの人なので、事務かなんかの人かと思ったり、「全部読まなくてもいいよ」「長いよ」と思ったりしますよね。

しかし、その重要事項説明はとても大事であり、必ず説明をしなければならないものなのです。

なので、時間がかかっても、必ず全部説明します。
それは、不動産屋さんを守る事項が書かれているほか、契約者を守る内容が書かれています。

なので重要事項というのです。

そんな重要事項を説明できるのが、国家資格である宅地建物取引主任者なのです。
その資格者以外は説明できず、説明したとしても無効になります。

説明する人は、ただの事務職なのではなく、国家資格を持った、その不動産屋にはいなくてはならない人ということになります。

ということは、契約行為を行う不動産屋には必ず宅地建物取引主任者が必要なのです。

しかも、多くの従業員がいる大きな不動産屋には、その分多くの取引主任者を雇用しなければならないため、資格を持っていると就職に大変有利だ、ということになります。

年齢は関係ない

新卒者はもちろん、中途で就職しようとしていたり、子供がいてパートでしか働けない方なども、持っていると有利です。

雇用主からすると、資格を持っていない事務職より、資格を持っている事務職の方をとります。

不動産屋の営業職は、営業スキルを優先し資格を持っていない方も多く、重要事項説明時だけ、事務の女の子が出てきて行うということも多いです。

なのでパートで社会復帰しようと思っている主婦の方でも、資格を持っていると有利です。

正社員ではあるものの、1日4時間くらいしか働けないというパートの方も、説明する時だけいてくれればよいとする会社もあるため、時間が限られている子育て中の女性も、働ける職業となります。

また、新卒者、転職活動の方など、就活の際感じた方も多くいらっしゃると思いますが、不動産関係の募集要項には、宅建取得について記載のある企業が増えています。

持っていなければ採用されないとはいいませんが、持っている人と持っていない人では、当然持っている人を採用します。

大きな不動産会社などでは、持っていることが当然であると考え、運よく就職できたとしても、内定以降、実際に配属されるまでに取得させる企業などもあります。

今は、企業が費用を出し、業務として資格取得のプログラムを組み取得させる企業もあるほどです。

独学で学ぶ方が多い

宅地建物取引主任者の資格取得は、自学で取得する方が多いのも特徴です。

年齢層も幅広く、10代~70代くらいまで多くの方が受験しています。

また、職業も様々です。
不動産勤務ももちろんのこと、主婦、学生などもいます。

資格内容も幅広く、権利関係など法律から、建築基準法まで勉強する必要があり、大体平均勉強期間は1年未満が多いです。

毎年10月が試験日となり、その年の3月から勉強を始めるのが一般的です。
追い込みは8月からとなります。

3月から勉強してしまうと、勉強した内容を忘れがちですが、まずは基本的な考え方を勉強するため、権利関係から勉強する方が多いです。

権利関係は、法律だから難しいと拒否反応を示す方も多いですが、一般常識で考えられる部分もありますので、地道に勉強していけば合格できます。

しかし権利関係は、満点はほぼ難しいといわれています。
試験に日が近づいてきたら、権利関係はある程度であきらめ、宅建業法を勉強します。

宅建業法はほぼ暗記です。
そのため、過去問をひたすら解き続けることが重要です。

過去10年分を繰り返し何度も何度も解き続ければ、合格は夢ではありません。

上記の通り、専門学校に通わなくても、独学で十分受かることができます。
そこがこの資格の人気の点でもあるといえます。

最後に

お金をかけずに資格を取得し、就活でも有利になるほか、ある程度会社で実務を経験したあと、起業することも夢ではありません。

しかもこの資格は、一生有効のため、一度とったら一生の財産となります。

特に学生で、勉強する時間もあるときに取得しておけば、一生ものの資格となりますのでお勧めです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

野菜の専門家!野菜ソムリエの資格とは?

野菜ソムリエという名称を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 芸能人でもこの資格を取得する人も増え、人気を上げている資格の一つです。 近年、比較的簡単に取得することのできる資格を日常生活に役 …

女性に役立つ資格:日商簿記検定

現代は女性の社会進出は当たり前となっていますが、やはり結婚後の再就職などには何かと不利なことが多いもの。 再就職の際には履歴書に書ける資格はいくつかあるのが理想と言われていますが、その書くべき資格がな …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:公認スポーツ指導者

子供たちにスポーツの楽しさを伝えるだけでなく、安全に、かつ正しく指導していく役割を担っているのが公認スポーツ指導者です。 この資格は細かく分類されており、指導される側の健康に関する意識を高めるほか、指 …

学生の時にとっておきたい資格:漢検2級以上

現代社会ではパソコンを利用する機会が増えており、多くの学生が普段から利用しているはずです。 ですからIT関連の知識や技術を身に着けることも大切なのですが、そんな時代だからこそ敢えて漢検の資格にトライす …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「福祉力検定」

これから福祉業界で働きたいと思っている人ならば、福祉力検定を受けると、スキルアップが狙えます。 今まさに、福祉サービスに携わっている人のキャリアアップとしても、役立ちます。また、最近では障害のある人も …

楽天モーションウィジェット