就活で持っていたい資格「TOEIC」のアピールできるポイント

TOEICは、就活の時に役立つ資格の一つです。

TOEICで高いスコアを取るのは、ハードルが高そうですよね。最初から、ハイスコアを取る必要はありません。600点以上取れれば、十分です。

特に大学生が就活する場合は、それぐらいの点数で英語が使える人材と判断されます。

スポンサーリンク

就活に役立つ資格「TOEIC」

努力も評価される

この資格は、試験ではなく、英語がどれぐらい話せるか判断するものです。
TOEICである程度高い点数を取っておいて、実際に就職してからさらに英語力を伸ばすようにすればOKです。

この資格には、他の意味もあります。
どれぐらい努力のできる人材か見極める時に、使われることがあります。

TOEICで高めのスコアを取るには、がんばって勉強しなければなりません。この資格で良いスコアを持っていたら、努力できる人材と判断されて、就活でプラスになります。

もし外資系の会社を目指すのなら、TOEICのスコアはもっと高めにする必要があります。具体的な点数では、700点以上です。

外資系だったら、社内の仕事で英語を使うので、それぐらいのスコアを持っていないと、仕事ができない人材だと思われてしまいます。

700点以上取るのは難しいです。
それでも、決して不可能な事でありません。それぐらいのスコアを出したかったら、時間をかけて勉強しましょう。就活を始める、1年か2年前から勉強するのが理想ですよ。

他の英語の資格と合わせて取得したい

TOEICは、教職の就活にも役立つ資格です。
この場合も、できるだけ高いスコアが有利です。700点以上取るようにしましょう。他の英語の資格と一緒に取るのも効果的です。

例えば、英検を取るようにするのです。準1級以上が良いです。

教職と言えば、学校の先生ですが、英会話講師や塾講師、家庭教師になるときもTOEICは役立ちます。教える仕事だったら、自分の教えることを深く理解しておかなければなりません。

そのためには、英語の勉強を熱心にする必要があります。一生懸命勉強したら、TOEICでもきっと良いスコアが取れます。

試験内容

TOEICには、リスニングとリーディングの2つのパートがあります。

どちらでも、良い点数を取らなければいけません。でも、それは簡単ではありませんよね。

日本人が点数を取りやすいのは、後半のリーディングのパートです。いろんな英文を読んで、その意味を掴む問題が出ます。
英文の読解は、高校の受験の時や大学の受験の時に勉強しているので、点数を取りやすいのです。

過去問が載っている問題集を買って、それをやっていきましょう。英文を読むことは、社会に出て、会社で実際の仕事をする時にも、必要になります。

ですので、リーディングのパートで良い点数を取れたら、就活でもアピールできます。
普通の会社でも、外国の会社と取引をすることがあります。そんな場合は、英文のメールが届いたりします。そのメールの内容を理解できる人材だと判断されたら、採用の時に有利です。

英語のメールというと難しそうですが、そんなことはありません。
100%理解できなくても、相手の伝えたいことを分かれば良いのです。

これは、TOEICにもあてはまります。
問題文の内容を完璧に理解する必要はありません。8割以上それが分かったら、正解することができます。

TOEICの問題集をするときは、単に資格の勉強と思わずに、将来会社で役立つことを学んでいるんだと思いましょう。そうしたら、勉強も少しは楽しくなりますよ。

リスニングのパートは、就活をする人には難しく感じるでしょう。

日本の学校では、英語を聞き取ることに重点を置いていません。最近はその傾向が改善されて、大学入試でもリスニングが出されるようになっています。

それでも、普通に日本で暮らしていたら、英語を聞く機会は少ないです。
しかし、会社に入ったら、そんなことは言えなくなります。現代の社会はグローバル化していて、外国の人と一緒に仕事をすることもあります。

そんな時に使われる言葉は、英語です。
相手の言うことを理解できなかったら、仕事になりません。TOEICのリスニングのパートの点数を上げるのは、会社に入って仕事をする時のスキルを磨くことでもあります。

リスニングのパートで良い点数を取れたら、英語を使う仕事の現場で働ける人材と判断されるでしょう。

このパートのスコアを伸ばすには、いろいろな英語を聞くことが大切です。TOEICでもいろいろな種類の英語が出題されます。

最後に

ネイティブが話す英語だけではなくて、英語を母国語としない人たちが話す英語も問題に出されることがあります。
このタイプの英語は、一般に聞き取りにくいです。

とは言っても、かねてからいろんな英語を聞き取る練習をしておけば、その内容は分かるようにあります。

最初は聞きとれなくても、あきらめないで何回も聞くようにしましょう。
繰り返し聞いておけば、分かってくるようになります。

英語を聞く時間をできるだけ増やすことが大切なんです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, , ,

関連記事

ニッチな外国語の資格:ロシア語能力検定試験

英語や中国語はメジャーで広く知られている言語です。 しかし世界は広く、私たちの知らない言葉や文字がたくさんあるのも事実です。 そんなニッチな外国語の中から、大きくて未知の国、ロシア語をチョイスしてみて …

英語の資格が活かせる仕事:海外営業

日本の企業が自社製品を携えて海外に乗り込んで行くのは、今ではすっかり珍しくなくなりました。 昔は英語で誰かと話すときに「通訳」を介していたことは誰でも分かると思います。 しかし、昨今では通訳の人数が要 …

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:メンタルケア心理士

数多くある心理カウンセラーの資格の中で、いったいどのような資格を選べばよいのでしょうか。 また取得によって、どのように活躍の場が広がるのでしょうか。 今回は、メンタルケア心理士について紐解いてみましょ …

フランス語を通して学ぶ文化と歴史

日本人、特に女性の多くは、きっとフランスという国に憧れを持っているのではありませんか? でも、ただフランスへ憧れたり旅行するだけでは面白くない。 ちょっとしたフランス語を覚えてしまって、フランスの文化 …

学生の時に目指したい資格:管理栄養士

将来、管理栄養士を目指すのであれば、学生の頃に栄養士の資格を取得しておくのがベストです。

楽天モーションウィジェット