将来的に独立ができる国家資格「調理師」

国家試験にはいろいろな種類がありますが、それらの資格の中には、持っていなければ仕事をすることができないと言う種類の資格も存在しています。

将来的に、独立開業することができる種類の資格の多くは、そのような種類の資格であると言えるでしょう。

しかしながら、そのような仕事の全てが狙い目の国家資格であるかどうかは、しっかりと調べてみるべきであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

国家資格「調理師」

比較的取得しやすい

例えば調理師と言う資格は、国家資格の1つです。

独立開業して飲食店を経営するためには必要とされる種類の資格の1つですが、この資格の取得に関しては、それほど狭き門であるとは言えません。

取得そのものは、一定の知識と技術を身につければ可能であると言えるのですが、独立開業をすることを前提に考えた場合、狙い目の資格であるかと言うと、そうであるとは言い難い特徴を持っています。

その背景にあるのは、調理の腕とマーケティングの能力など様々な複合的な能力と運が要求されるからであるといえます。

単に国家資格を取得していれば、そのまま仕事を成功させることができることを保証されるわけでは無いのです。

調理師の免許を取得することは、最初の一歩であると表現するのが適切であるかもしれません。

独立・開業するには

調理師は、ノウハウさえあれば独立開業することは可能です。
実際に自分の飲食店を持ちたいと言う夢を持って活動している人は多く、若者の中にもそのような夢を持つ人が少なくありません。

飲食店を始めるためには、食品衛生責任者の資格と言うものが必要になるのですが、この資格は各都道府県が行う食品衛生責任者養成講習会を受講することで取得することができる資格ですので、ハードルは決して高いものではありません。

しかしながら、調理師の免許を持っていれば、この資格を新たに取得する必要は無いのです。

そのため国家資格である調理師免許を取れば、いつでも独立開業することができる制度上の準備は整っていると言えるでしょう。

しかしながら、調理師の国家資格を取得することにより、独立開業すると言う事が狙い目かどうかと言えば、決してそうではありません。

どのような世界にも競争は存在していますが、飲食業の競争社会は極めて熾烈なものであり、調理師免許を持っているかどうかと言う事はほとんど関係がないのです。

むしろ取得しているのが当たり前であり、アドバンテージとなる事はありません。
国家資格の取得が仕事を有利にすることがないというのも、調理師国家資格の特徴であると言えるでしょう。

そのような意味では、調理師免許を持っていると言う事は、飲食店を経営する上で必要な準備の1つであると考えるのが妥当であるといえます。

競争の激しい世界

競争の激しさを物語る調査報告としては、飲食店を開業しても3年以内に廃業してしまうケースが全体の65パーセントであると言われています。

さらには初めての開業の場合には、その割合が90%を超えると言われているのです。

飲食店を始める場合には、様々な方法がありますが、店舗や駐車場等を確保しなければならない場合も多く、お店を始めるための資金を用意するのも大変なことです。

それだけの苦労をしても、成功する確率は半分以下であると言うのが実情なのです。

このような状況の数字的に見た場合には、必ずしも狙い目の仕事であるとは言えないでしょう。

仕事としての成功の確率として考えた場合には、非常に難関な世界であるということを感じられるのが一般的な感想です。

成功のための綿密な準備や計画がなければ、決して勝ち抜くことができる世界であるとは言えないのです。

競争社会を勝ち抜くためには

しかしながら、独立開業を目指す場合に、成功する確率を上げる方法はたくさん存在しています。

どんなに調理の腕が高かったとしても、お店の経営に必要なノウハウは全く別の種類のものです。
調理人としての技術を身に付けるのとは別に、マーケティングや経営についてもしっかりと学んでいくことが大切であるといえます。

このような下準備をどれだけしたかということが成功率に直結するのです。
非常に厳しい世界であるが故に、しっかりと準備をしたい種類の仕事であると言えるでしょう。

学ばなければならない事は非常に幅広く存在しており、単に料理の腕があればそれだけで良いと言うことにはならないということを知っておくべきです。

成功率の高い方法としては、資格を取ってすぐに独立開業するのではなく、しっかりとした下積みを行うという方法があります。
既に成功している飲食店に勤めることで、独立開業のために必要なノウハウを直接身に付けることができるのです。

このような師弟制度のような仕組みを活用する方法が成功への近道であると言えるでしょう。

このような特徴を考えると、まるで職人のような道こそ成功への近道であるといえます。

国家資格はそのための条件の1つでしかなく、ある意味では職人の世界であると考えることもできます。

十分な知識や経験を身につけずに独立開業しても、成功する可能性は極めて低いということを自覚しなければなりません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「点字技能検定」

近年ユニバーサルデザインが広く注目されています。 ユニバーサルデザインのテーマは、すべての人にとって使いやすいことです。もちろん障害がある人にとっても、使用しやすいものでなければなりません。 一般的に …

学生の時にとっておきたい資格:公認会計士

公認会計士は、学生が就職する時などにも利用することができます。 国家資格であり、会計の上位資格であるため、採用する企業からの評価も高い資格です。

レジャー好きを仕事に!旅行・観光に関する資格「旅行地理検定」

株式会社JTB総合研究所が主宰する「旅行地理検定」は、国内地理と海外地理の2種類があります。 1995(平成7)年にスタートし、「チリケン」の名前で知られ、6月と12月の一年2回、東京・大阪・名古屋・ …

主婦にオススメの資格「介護福祉士」

夫の収入だけでは足りなくて、自分も働きたいと感じている主婦は多いと思います。 しかし長い間働いていないと、自分にできる仕事があるのか不安に感じてしまう人もいるのではないでしょうか。 その場合は、介護福 …

学生の時にとっておきたい資格:調剤事務管理士

誰でも受験できますし、比較的取得しやすい資格なので、将来に対して具体的になりたい職業を決めていなければ、この資格を取得しておくのもいいでしょう。 薬局での仕事だけでなく、社会のしくみの一つを知るきっか …

楽天モーションウィジェット