仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ユニバーサルマナー検定」

ユニバーサルマナー検定について知る前に、まずは用語であるユニバーサルマナーという言葉について考えてみましょう。

ユニバーサルという言葉を直訳してみると、全体の・全てに属する・全てにかかわる・一般的な・共通の・広範な・万能の・万人のなど非常に多くの意味がありますが、それらに共通する事は、多くのものを合わせて、捉えているといえるでしょう。

次にマナーという言葉の意味ですが、これは態度・礼儀・礼儀作法というように訳す事が出来ます。

この2つの意味からとらえると、ユニバーサルマナーとは、この世界に生きる人すべてに対する礼儀や心づかいといったものではないでしょうか。

スポンサーリンク

ビジネスを根幹から学ぶ!

ユニバーサルマナーとはどのような物か?

今世界には、多くの高齢者・障がい者・外国人など、立場の違う人が大勢暮らしています。

そのすべての人たちが、気持ちよく生活する事が出来る社会であり、常に自分とは違う誰かの事を思いやり、正しい理解のもとに行動できる事こそが、ユニバーサルマナーではないでしょうか。

とても難しい事を言っているように聞こえるかもしれませんが、かみ砕いて考えてみると、ユニバーサルマナーとは、そもそも人として当たり前の事を当たり前に出来る事だといえます。

目の前に困っている人がいたら手を差し伸べる、ケガをして立てない人がいたらすぐに救急車を呼んだり応急処置をする、道に迷って困っている人がいたら正しい道を案内してあげるなど、これらは、人としてとても自然な行動ではないでしょうか。

しかし現代の世の中というのは、つい見て見ぬふりをしたり、自分には関係ないというように知らん顔をしてしまったりする人が大勢います。

だからこそ、これからの時代は、共存共栄であるように、このユニバーサルマナーを知る事が、新しい社会を作っていくといえるのです。

ユニバーサルマナー検定とはどのような資格か?

言葉の意味を理解したところで、改めてこのユニバーサル検定という資格がどのようなものであるのか見ていきましょう。

この検定は、一般社団法人である、日本ユニバーサルマナー協会が主催した民間の検定試験で、高齢者や障がい者などに対する、サポートの方法やコミュニケーションについて学ぶ為の検定です。

受験資格は準3級・3級を受験する場合には特に制限はなく、2級を受験する場合に限って3級を合格している者に限られます。

内容についての概要は、実際にユニバーサルマナーを実践する為に必要となる、「マインド=心」と「アクション=行動」について、体系的に学び身につける事を目的としています。

まず基本となるのが、声掛けや適切なコミュニケーションになりますが、これら行う為には、まず多様な人々の特徴や、それぞれにおける心理状況を正確に捉える事から始まります。

それが出来て、初めて次へ進む事ができ、その人にあったケースバイケースの適切なサポート方法がどのような物であるのかを学んでいくのです。

これらを正しく学ぶ上で、ユニバーサルマナー検定の資格を取得する為に行う研修では、実際に障がいを抱えた当事者である講師が、カリキュラムを監修しています。

ユニバーサルマナーを正しい理解のもとに位置付ける為には、どうしたら喜ばれる対応であるか、どのような配慮を必要としているのか、その本質を学ぶ必要があります。

そしてそれらを正しく理解する為には、当事者ならではの視点に立った発想を学ぶ必要があるのです。

こうしてユニバーサルマナー検定の資格を身につける事は、これからのビジネスや経営を行っていく上で、必要不可欠であるといえるでしょう。

ユニバーサルマナー検定の資格を取得し、ビジネスや経営に活かす!

今私たちの世の中は、少子高齢化社会を迎えています。

長生き時代となり、全人口に対する高齢者の割合が圧倒的に高くなり、それとは反するように働く女性が増える中、子供の数は年々減少傾向にあります。

このように、数少ない若者で高齢者を支える時代となり、どんどん現実的に厳しくなる世の中、様々な障がいを持つ人が社会に居場所を見つけ、しっかりと地に足の着いた生活をおくる事が必要だといえます。

また、高齢者一人一人がイキイキと暮らし、新たな社会を築いていく為にも、ユニバーサルマナーを社会全体に広げていく事はとても重要なのです。

このように、高齢者や障がい者を支え、新たな社会の枠組みとしてビジネスに活かしていく事こそ、今最も必要な経営理念であるといえるでしょう。

その為には、社員一人一人がこの検定をしっかりと学び、その本質を理解をし、社会に生きるすべての人々が、バリアフリーで心地よく生活する事が、これからの社会を支えていく資本となるのです。

ユニバーサルマナー検定は、決して知識や答えを詰め込むようなものではなく、時と場合における視点や発想の力を身につける事に重要性をおいた、時代に合った資格といえるのではないでしょうか。

この検定は比較的新しい資格ですが、今多くの企業がその必要性を説き、実際に研修として取り入れています。

特に、高齢者や障がい者を対象とする機会の多い仕事においては、これを取得する事が新たな一歩を踏み出す為の要であり、これからの難しい時代を生き抜いていく為に必要とされているのです。

理解し触れ合う事から得られる喜び、多くの人に与えられる安心感、それらをこの検定から広げていけるといいですね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車整備士

現在の車は電子制御化が進み、不具合が起こればコンピューター診断機を取り付けて故障個所を探ります。 自動車整備士はこれまでの経験とスキルを生かして、さらに電気の知識を駆使して修理を行い解決していきます。

公務員になるための試験:公立学校教員

教員の資格は比較的簡単に取得可能ですが、公立学校で教師として働くためには、県や市町村が行う教員採用試験に合格する必要があります。

簡単にとれる資格「神社検定」

神社検定は名前の通り、神社についての正しい知識を身に付けるための試験と、その知識を持っている事を証明する事ができる資格です。 神道文化検定とも呼ばれることがあって、民間の検定となっているので、神社好き …

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「樹木医」

日本の国土は、約7割を森林が占めています。この数字は世界的に見ても、トップレベルになっています。しかも南北に長くなっている日本列島は、気候的には、亜寒帯から亜熱帯までの広い範囲に属しています。 それだ …

仕事に役立つ英語の資格:JTA公認翻訳専門職資格試験

近年、留学や旅行で海外に行く機会が増えており、英語を活かした仕事に興味を持っている方も多いかと思います。 そこで仕事に役立つ英語の資格として挙げられるのが「JTA公認翻訳専門職資格試験」です。

楽天モーションウィジェット