動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「獣医師」

獣医師とは、簡単に言ってしまえば動物を対象として診療業務を行なっている医師のことで、通常の医師や歯科医師と同様に、国家資格として活躍する事ができる職業です。

そのため、非常に専門職としての知識や技術が重要視されていますし、動物たちにとっては自分たちの健康管理をしてくれる大切なパートナーの1人です。

スポンサーリンク

獣医師とはどんなお仕事なのか?

主な仕事内容としては、動物たちの健康管理であり、動物病院に勤めている場合は、診療業務のほかにも手術や検査などを行うこともありますし、水族館や動物園に勤務、もしくは出張した場合は定期的に体調を管理して、必要に応じて指示を出したり薬を処方するなどの対応を行ないます。

ちなみに、獣医師と一言で言ってもその中には小さいものを専門にしている人や、大きいものを相手にしている人など、それぞれグループに分かれていますし、中には国家公務員もしくは地方公務員として勤務している人もいます。

これらのグループ分けに関しては、どのような職場で仕事をするのかによって別れており、基本的には動物全般を取り扱う事ができるようにはなっていますが、職場によって得手不得手などが分かれることもあるようです。

このようなことから、国家資格の中でも特に幅広い種類の患者を取り扱うようになっていますし、相手は言葉を話す事ができない相手なので、そこからどのように症状や病気を見極めるのかというところが重要な仕事だとされています。

また活躍の幅も、一般的に想像されているよりも幅広い分野があるため、自分がどのように働きたいのかビジョンを持って、仕事をする事ができるというところが魅力だと言われています。

獣医師の資格取得はどうすれば良い?

獣医師の資格は国家資格となっているので、取得するためには医師や歯科医師と同様に、専門の大学に入学して必要な科目を履修する必要があります。学科としては主に、「獣医学部」「獣医学科」などの獣医学関連のものに進む必要があるのですが、現在日本では、獣医学を学ぶ事ができる大学は16校と限定されているので、入学する時点で非常に狭き門だと言われています。

そして、入学してからは6年間を通じて必要とされる科目の単位を履修し、獣医師の国家試験を受験する必要があります。そのため、単に大学を卒業するだけでは取得する事が出来ないようになっていますし、試験は1年に1回しか受験する事ができないようになっているので、注意が必要です。

ちなみに、獣医師の国家試験の難易度に関しては、合格率がおよそ85パーセントとされており、医療系の国家資格の中でも比較的合格しやすくなっていると言う傾向があります。ただし、それはあくまでも試験対策をしっかり行っている場合であり、データとしては大学を卒業見込みの新卒のものだとされています。

すでに大学を卒業してから受験すると言う場合には、合格率は40パーセントから50パーセント程度と厳しい数字になっているので、しっかり対策をして卒業するまでに合格する事が望ましいと考えられています。

国家試験に合格した後は、資格証明が郵送される形になっているので、改めて手続きをする必要は特にありませんが、法律によって2年ごとに異動状況等の届出を行う事が義務付けられています。基本的に、この手続きは職場で一斉に行われる事が多いのですが、開業医などの場合は、自分たちで申請する必要があるので忘れずに行う必要があります。

獣医師はどのような分野で活躍できる?

では、獣医師の資格を取得することができた場合、その後はどのような分野で就職・活躍する事ができるのかというと、まず一番に連想されやすいのが動物病院です。

大学を卒業した人のおよそ50パーセントの人が、動物病院に勤務するとされていて、そこで基礎的な業務や技術・知識を勉強してから、独立したり転職をするという人が多いようです。

では他には、どのような職場で活躍できるのかと言うと、動物園の専属獣医師になって健康管理を行うということもありますし、農協に就職すると言う場合は、畜産牧場の牛や豚などの診療や管理を中心として活躍する事になります。

さらに意外な分野としては、食品会社や製薬会社で、薬や食品の研究開発を行う過程で必要な、モルモットなどの管理を行うと言う仕事もあります。あとは、保健所や食肉衛生検査所などの地方自治体で、公務員として勤務するということもありますし、検疫所で輸出入されるものの伝染病や感染症などの検査を行うと言う仕事もあります。

このように、動物に関連しているところであれば、意外とどこでも活躍する事ができるようになっていると言う特徴を持っています。しかも、資格を取得した人のほとんどが希望する業種や職場に就職する事ができるようになっており、獣医師の資格を持っている人が少なくないということから、需要と供給の関係で比較的安定して仕事をする事ができるというところもメリットになっています。

ある程度経験を積めば独立する事も可能なので、ペットブームも継続されていると言う点も含めて、幅広い分野で活躍する事ができる国家資格として、活躍する事が期待されている仕事のひとつです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

スクールカウンセラーとは?仕事内容や現在の待遇

スクールカウンセラーは、不登校やいじめなどの問題に対応することが主な仕事内容です。 現在、日本の15,000校以上の学校に配置されています。 いじめや不登校が学校で問題になっている昨今では非常に重要な …

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「樹木医」

日本の国土は、約7割を森林が占めています。この数字は世界的に見ても、トップレベルになっています。しかも南北に長くなっている日本列島は、気候的には、亜寒帯から亜熱帯までの広い範囲に属しています。 それだ …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:公認スポーツ指導者

子供たちにスポーツの楽しさを伝えるだけでなく、安全に、かつ正しく指導していく役割を担っているのが公認スポーツ指導者です。 この資格は細かく分類されており、指導される側の健康に関する意識を高めるほか、指 …

ニッチな外国語の資格:大学用スウェーデン語検定(TISUS)

日本で受験できる外国語の資格試験には、さまざまな国のものがあります。 毎年、最も多くの受験者が受験しているのは英語能力に関する試験ですが、こうした試験は受験者が多い分、資格を持っている人も多いという特 …

身近な国家資格:運転免許

今や誰もが持っている資格と言えるのが、運転免許です。 特に地方在住者にとっては必需品と言っても過言ではないものですが、首都圏などの交通インフラが整っている場所では使用頻度が少なくなる可能性もあります。

楽天モーションウィジェット