おもてなしの心が身につく!ホテル・ブライダルの資格「ウェディングプランナー」

ブライダル業界の中でもひときわ華やかなのが、ウェディングプランナーです。結婚式を控えているカップルの結婚式の相談を受けて、企画して作り上げていくのが仕事です。

スポンサーリンク

結婚式相談のプロ資格ウェディングプランナー

結婚式で決めることは、たくさんあります。予算、日取り、新郎新婦の衣装、ゲストに関することなど、カップルだけでは準備が大変なことが多いです。カップルによっては時間に余裕がなくなって、憧れの挙式スタイルを断念してしまうケースもあります。

そういう残念な結果にならないように、カップルの意見や要望をヒアリングし、最適なアドバイスを提案してトータルサポートするのが、ウェディングプランナーです。

就職先は色々あり、ホテルや専門式場、レストランやプロデュース会社など選択肢が豊富です。これらの職場に就職するための公的資格はないので、どの職場でも同じような業務内容になっています。

ウェディングプランナーの資格取得に向けて勉強するメリットは、おもてなしの心が身につくことです。ウェディング業界では、マナーやルールが厳しいですが、そういうことも含めて学び、お客様に喜んでもらえるような力を身につけることができます。

ルールやマナーについて自信がない人でも、ブライダルの専門学校に通ってしっかり勉強すれば、おもてなしの心と実行力を育てることが可能です。

ただし、人気がある資格なので、就職する際にはブライダルの知識を持っている人が優先されます。結婚式をプロデュースするには、様々な人の助けが必要ですし、カップルの希望や要望を取り入れてまとめていく必要があるので、実行力がある人に適しています。

どうすればウェディングプランナーになれるのか

ウェディングプランナーとして働くには、学歴や資格は特に必要ありません。しかし、人気がある職業なので、就職先の競争が厳しいため、ブライダル系の大学や専門学校、スクールで専門知識を習得して資格を取っておいたほうが、いいでしょう。

大学で学ぶ場合は、ブライダルの基礎を学べる学科のある学校を選ぶといいです。ブライダルのことだけではなく、一般教養も学べるので、広く勉強しておきたい人に適しています。

専門学校は、ブライダル業界で働くことを前提としています。大学よりも学ぶ期間が短いので、勉強はハードになりますが、実践向きの勉強をすることができるのがメリットです。

卒業後のことまで面倒をみてくれることも多く、ホテルやブライダル系の会社に就職してから、ウェディングプランナーを目指す人が多いです。

養成スクールは、学生ではなく既に社会人になった人向けの、カリキュラムが組まれています。即戦力を身につけられるように、短期間に知識を詰め込みます。スクールや専門学校への求人の方が、公募よりも多いので、確実にウェディングプランナーを目指したいのであれば、スクールや専門学校に通うのが適しているでしょう。

ウェディングプランナーの資格がなくても働くことは可能ですが、採用試験を受ける際には、ブライダル関連団体による民間資格をとっておいたほうが有利です。

日本オフィス主催の認定資格では、ブライダルプランナー検定1級、2級があります。ブライダル業界での実務経験がない人や、実務担当者として2年以上働いていない人が、対象の初心者向け資格です。

誰でも試験を受けることが、可能です。

試験を受けて採用を有利にしよう

ブライダルプランナー検定1級に合格すると、ABC協会認定のアシスタントブライダルプランナーの試験が受けられます。その上にさらに、プロフェッショナルブライダルコンサルタント資格があり、3年以上の実務経験があり、プロとしてのサービスと対応、実務能力が必要な試験です。

他にも専門学校の生徒が受験する、アシスタントブライダルコーディネーター検定、BIA(日本ブライダル事業振興会)ブライダルコーディネーターなどの資格試験もあります。

ブライダル業界へ就職を目指している学生や社会人向けの検定試験には、BIAブライダルコーディネーター検定があります。実務知識や接客技術が問われ、ペーパーテストの他に論文や面接試験があります。

他にも、外国人の新郎新婦にサービスができるように、英語の能力を身につけておくと有利です。海外挙式などを手がけている職場で働く場合は、そこの支社や会場とのやりとりに英語を使うこともあるので、英語の資格を取っておくのもいいでしょう。

ブライダルプランナー検定は、ABC協会の公式テキストを使うので、この認定校の講座や専門学校のコースを選んでおけば、テキストに則した授業が受けられます。

手っ取り早く資格を取りたいのであれば、これが一番近道です。学校のテキストや問題集は市販されていないので、コースを受講しないと手に入れることができません。

おもてなしの心で結婚式を企画したいという人は、ウェディングプランナーに最適です。人を喜ばせたい、喜ぶ顔が見たいという人にもピッタリです。

自分が企画したことが形になって見える仕事なので、やりがいを感じられます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-,

関連記事

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(通信・電子通信)

船舶の運航に関わる海技士の資格は様々な種類がありますが、その中でも外部との通信を通して船の安全を守るのが海技士(通信・電子通信)という仕事です。 船舶の情報に関するスペシャリストとも言える存在で、万一 …

レジャー好きを仕事に!旅行・観光に関する資格「旅行地理検定」

株式会社JTB総合研究所が主宰する「旅行地理検定」は、国内地理と海外地理の2種類があります。 1995(平成7)年にスタートし、「チリケン」の名前で知られ、6月と12月の一年2回、東京・大阪・名古屋・ …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「話しことば検定」

たくさんの知識を持っていることや、難しい言葉を知っていることは、もちろん素晴らしいことですが、それを生かすためには、話し方が重要となります。 日本語は、世界の言語の中でも、特に話し方が多彩であると言わ …

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「森林インストラクター」

都会の喧騒な世界から離れて、自然の世界に触れる事が出来ると、本当に心も体ものびのびできることは、皆さん感じていますよね。 森林浴とも言われていますように、森林の中で空気を吸うことは、心も体もリフレッシ …

事務職に向いている人、向いていない人の特徴は?

「事務職」というと、女性に人気な職種な印象があります。 ただ、事務職と言っても、誰にだってできる仕事なわけではありません。 どんな人が、事務職に向いている人なのか、逆にどういった人は向いていないのか。 …

楽天モーションウィジェット