軽くて暖かい!キルティングコートの冬コーデ


冬場に大事なのが防寒ですよね。

アウターは冬の楽しみでもありますし、とても大事なファッションアイテムとなります。

その中でも気負わず着ることができるのが、キルティングコートです。

スポンサーリンク

カジュアルに着れるキルティングコート

キルティングコートとは?

キルティングコートとは、布地がキルティング生地でできたコートのことです。

ロング丈もあればショート丈もあり、色々なサイズやカラーがあります。

キルティング生地は中綿の入った布地のことで、布地は少々厚めです。

中綿がよれないようにステッチが施されており、そのステッチによってラインをきれいに出すというタイプもあるのです。

最も代表的なステッチはひし形のダイヤモンドステッチと呼ばれる形です。

着てみると、少々カジュアルで着こなしのバリエーションが多く、マルチに着こなすことができるでしょう。

スカートでもパンツでもよく、ニットやコーデュロイなどのいろいろな素材にも合います。

キルティングコートのおすすめポイント

キルティングコートは特に冬の寒い時期に向いています。
その代表的なポイントは、やはり布地が厚いことでしょう。

中綿が入っているので、外気をシャットアウトし、ふんわりと暖かさを演出することができます。
手軽に暖かくなるので、とても着こなしやすく、普段から着るのによいのです。

また、布地の種類が多いことも特徴的ですね。
布地はポリエステルが多いのですが、コーデュロイや裏起毛素材など、いろいろな素材があります。
中綿が多い厚手のタイプもありますね。

このため、素材によっても与える印象が変わったり、色々なアイテムから選ぶ楽しみがあります。
暖かみが欲しい場合は、特に裏起毛や中綿が多く入っているタイプを選ぶといいでしょう。

ステッチでスタイルアップができるタイプもあります。
ステッチはダイヤモンドステッチでカジュアル感を出したものもあれば、冬場の着ぶくれを防止するような工夫されたラインのタイプも有り、また、Xラインを演出してくれるようなステッチもあります。
単純に横ステッチだけで、かなりカジュアル感を出しているものもあるのです。

軽いことも大きなポイントですね。
布地がしっかりしているアウターの場合、どうしても布地の重さが出てくるタイプが多いのですが、キルティングコートについてはこのルールが当てはまりにくいのです。
軽いポリエステル素材の中に軽い中綿が入っているので、冬場でも軽いアウターがほしいというときにはかなり向いています。
荷物が多い人、子供を抱っこするようなママなどにも向いています。

最後に価格が安いアイテムも多いということもポイントですね。
長さや防寒の工夫などによって価格は違いますが、どれも高額なアイテムというわけではありません。
暖かく軽く安いので、家計を気にするママにも向いています。

キルティングコートのおすすめコーデ

キルティングコートの場合、アイテムそのものがとにかくカジュアルになっています。

このため、あまりフォーマルなコーディネートよりも、カジュアルなアイテムのほうが向いている傾向があります。

代表的なのはインナーをシャツにしたりニットにしたりするということですね。
色が暗いものが多いので、インナーを少々明るくすると比較的軽く、軽快な印象を与えます。
あまり暗すぎるものばかりでコーディネートすると重くなりがちなので、冬場にはありがちな色合いでも明るい色を選び、あまり重くなりすぎないように注意しましょう。

ボトムスもカジュアルなアイテム、ジーンズやワークパンツなどのあまり華やかではないカジュアルで気取らないアイテムの方がいいでしょう。
できるだけキルティングコートとは違う色を選ぶと、同化してしまうのを防げます。

全体的に辛さは足りないものの、リラックスタイムや日常生活などに向いている傾向があります。
このため、カジュアルシーンや普段着などに手軽に羽織ったようなコーディネートがおすすめです。

ワンピースなどもカジュアルダウンさせることができますから合うでしょう。
ただ、こちらもあまりフォーマルもしくは高級感のあるアイテムなどとは合いにくい傾向がありますので、注意してくださいね。

防寒効果も高いので寒い時期に着ることが多いでしょう。
ならば、ニット帽も合う傾向があります。

キルティングコートの場合は全体的に重めになりますし、あまり上に印象を持ってくることが難しいので、ニット帽を選ぶのも方法です。
ニット帽についてもあまりキルティングコートと同じ色はおすすめできませんので、注意しておいてくださいね。

足元もスニーカーがおすすめです。
歩き回りたい日や活発に動く日、郊外へ遊びに行くときなどに向いていますので、スニーカーが最もマッチするアイテムですね。
あまり気合の入ったシューズやハイヒールと合わせると難しいのですが、ローヒールやヒールなしのパンプスなどもいいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

今年は夏もサマーコーデュロイを着こなそう!

サマーコーデュロイを知っていますか。 秋冬に着るものと言うイメージが強いでしょう。確かに、これまでは夏に着ることはほとんどありませんでした。見た目が暖かそうに見えますし、自然と秋冬にだけ着るようになっ …

小顔に見せる!着痩せして見えるには?「パステル系の淡い色は太って見えやすい」

まずパステルカラーが、何故太って見えるかというと、パステルカラーのような淡くて明るい白っぽい色は、『膨張色』と呼ばれ膨らんで見える効果のある色だからです。 逆に暗い黒っぽい色というのは、『収縮色』と呼 …

お呼ばれに着ていくとい上品な印象になるドレスカラー【キャメル】

結婚式やパーティなど、女性はドレスを着る機会はとても多いです。着ている人が多い色としては、ブラック、ネイビー、ベージュなどのベーシックなカラーです。これらの色は、結婚式などで周りとかぶることが多く、素 …

2017年トレンドになりそうなバッグは?『マイクロサイズバッグ』

2017年春夏になり、トレンドアイテムもある程度そろってきました。その中でも注目したいのが、マイクロサイズバッグというバッグです。 このバッグの特徴は、とにかくサイズが小さいこと。名前に「マイクロサイ …

オシャレ度がぐっと上がる冬のコーデ法:同色系のアイテムをいくつか使う

寒い冬は苦手な人が多い季節です。体は冷え込むし、手足も寒さでかじかむので、とにかくたくさん着るという人が多く、どうしても厚着傾向になってしまうでしょう。 しかし、このように寒い冬でもオシャレを楽しむ方 …

楽天モーションウィジェット