ボードゲーム「クイズいいセン行きまSHOW!」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

クイズいいセン行きまSHOW!はどんなゲーム?

クイズいいセン行きまSHOW!は非常にシンプルなルールで、みんなで楽しめるパーティーゲームです。

名前に入っているとおりクイズのゲームではありますが、このゲームの答えには正しい正解がないのです。

親がクイズを出題して、他のプレイヤーは答えの数値を書きます。

全員の答えを数値順に並べて、真ん中になったプレイヤーがポイントを獲得できます。

一般的なクイズゲームと違って、誰もが遊べるものになっています。

クイズいいセン行きまSHOW!の遊び方・ルール

プレイ人数は3~10人、プレイ時間は10~30分ほどです。

まずは、クイズを出題する親を決めます。どんな方法でもいいです。

プレイヤー全員に回答で使用するボードとペンを渡しましょう。

次に、親は問題カードを1枚選び、そのカードに書かれている問題から、好きなものを1問選んで読み上げます。

問題が出題されたら、親も含めたプレイヤー全員が、問題の答えだと思う数値をボードに記入します。

全員が回答を記入し終わったら、それぞれボードを皆へ公開します。

回答された数値を大きい順に並べて、ちょうど真ん中になる数値を書いたプレイヤーがポイントを獲得できます。

そして、一番大きな数値と一番小さな数値で回答したプレイヤーは不正解の扱いとなり、逆にマイナスのポイントカードを獲得します。

ここまでが一通りの流れです。

1問終わったら、次のプレイヤーが親になり、また問題を出して回答を行っていきます。

全員が親を2回行ったらゲームは終了です。

ゲーム終了時に最も多くのポイントを獲得しているプレイヤーが勝利となります。

さらに楽しむポイント

最小3人から遊べますが、やはり大人数の方が楽しめます。

人数が多ければ、ただ遊ぶだけではなく、更にそこから会話も盛り上がるでしょう。

また、問題を出題する時に、どの問題がいいかを考えるといいでしょう。

笑ってしまうような問題やツッコまれるような問題を選べると、さらに楽しい雰囲気と会話に包まれます。

あらかじめ用意されている問題も十分ユニークで面白いですが、自分たちでオリジナルの問題を出し合うのも面白いです。

また、オリジナルのローカルルールを作ってみるのもいいでしょう。

もともとのルールはとてもシンプルなので、少し難しいルールを追加してみると楽しめるかもしれません。

例えば、回答する際の内容に上限や下限等の制限を設けるなどの工夫もいいでしょう。

負けたプレイヤーが罰ゲームを受けるなどの工夫もできます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

steamでおすすめのパズルゲーム3選

多岐にわたるゲームのジャンルの中でも、パズルゲームがお好きな方も多いのではないでしょうか。 ロジック系や組立系など、色々な要素が盛り込まれていて魅力的ですが、今回はsteamでおすすめのパズルゲームを …

デジタルTCG「マビノギデュエル」の魅力とは?

マビノギデュエルはスマホのアプリで遊べるトレーディングカードゲームとなります。 2015年あたりから配信を開始した、ビジュアル面が特化した世界観が特徴ですが、ルールは単純ながらも奥が深いです。 ハマる …

Charles Creature Cabinetのドールの魅力!お迎え方法は?

オランダのドールメーカー、Charles Creature Cabinetのドールについて紹介します。

今プレイしても楽しめる!ニンテンドウ64の名作ゲームソフト3選

1996年に発売されたNINTENDO64は、それまでのスーパーファミコンなどと比べれば大成功を収めたというハードではありませんが、それでも数多くの名作を世に送り出しました。

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:プレイステーション

プレイステーションは1994年に日本で発売されて以降、世界各国で発売されるようになりました。 据え置き型の家庭用ゲーム機としては、初めて販売台数が1億台を突破したという伝説のゲーム機なのです。

楽天モーションウィジェット