ボードゲーム「ラー」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

ラーはどんなゲーム?

ラー(Ra)は古代エジプトをテーマにした競りゲームです。

タイルやメインボードに描かれたエジプトのデザインが素晴らしく、古代文化に興味のある方は小物の雰囲気だけでハマってしまいそうな完成度です。

様々な「役」がある「タイル」を、競りに勝つことで集めていき、最後にタイルの役を集計して高得点を獲得した人が勝ちとなります。

競りゲームに馴染みのない方も多いでしょうが、ラーはシンプルなルールながら、競りに勝つために頭を使うポイントをキチンと押さえた傑作ゲームです。

1999年ミープルチョイス賞受賞、1999年ドイツゲーム大賞2位、2000年国際ゲーマーズ賞戦略ゲーム部門ノミネートと、華々しい実績も収めており、世界中の人に愛され続けています。

ラーのルール

プレイ人数は2~5人、プレイ時間は60分ほどです。

パッケージに入っているものは、1~16の数字が書かれたお金の代わりとなる太陽トークン16枚、オークションの場となるメインボード1枚、エジプトにちなんだイラストが描かれたたくさんのタイルです。
その他、競りを宣言した人を示すラー・マーカーや得点の記録版などが入っています。

プレイヤーはゲームの初めに太陽トークンを貰います。

プレイヤーが2〜3人なら4枚ずつ、4〜5人なら3枚ずつ配ります。

太陽トークンの数字の組み合わせは、不平等にならないように予め決まっています。

例えば4人でプレイする場合、太陽トークンは3枚ずつ配られますが、2-6-13、3-7-12、4-8-11、5-9-10と組み合わせることが決まっています。

競り落とすのは様々な絵柄の描かれたタイルで、集め方によって役が出来て得点となります。

ファラオ、葬送、ナイル川、氾濫、日照り、文明、暴動、モニュメント、地震、神、金のタイルがあります。

特別な役割があるタイルとして「ラー」タイルというものもあります。

タイルはすべてまとめて袋に入れて置きます。

3ラウンド行われ、合計点の多い人が優勝です。

ラーの遊び方

まず、メインボードの中央に太陽トークンの1をセットします。

プレイヤーは順番に袋から1枚のタイルを取り出して、オークションの場となるメインボードの所定の位置に並べます。

メインボードには、ゲームの進行を管理するラータイルの設置場所と、競りの対象となる一般タイルを置く場所があります。

それぞれ該当する場所にタイルを置いていきます。

途中、次の3つの条件のいずれかが起きたら、ボードに並んだタイルを廻ってオークションが開始されます。

1.誰かがラータイルを引いてボードに置いた場合、2.タイルが8枚すべて埋まってもう置けない場合、3.誰かが「ラー」を宣言した場合です。

オークションはラータイルを引いた人か、ラーを宣言した人の左の人から順に太陽トークンを提示することで入札を行います。

ラーを宣言した場合でなければパスすることも可能です。

入札は出ている数より大きな数を出さなくてはならず、一番大きな数を出した人が落札します。

ボード上のタイルと出ている太陽トークンをすべて自分のところに並べ、入札に使った太陽トークンを中央に置きます。

場から取ってきたトークンは裏返して置き、次のラウンドになるまで使うことが出来ません。

タイルが8枚埋まってしまった時に強制的に競りが開始される場合には、誰も入札しないことも起こります。

その場合、場のタイルはすべて取り払われ、最初からスタートすることになります。

自分が宣言して競りを開始した場合は、パスをすることが出来ませんので注意しましょう。

こうしてゲームを進行し、ラー・カードがすべて埋まるか、すべての太陽トークンが裏返しになった時、清算が行われます。

タイルによってはマイナスポイントとなったり、清算後は捨て札にするものもあるので、ルールに従って清算を行い、得点を記録します。

これを3ラウンド行います。

ラーを楽しむために

タイルには持っていても揃わないとマイナスになるものもあるため、少しのマイナスを我慢するか、人に取られるくらいなら勝負に出て自分で競り落とすか、など様々な戦略を練らなくてはなりません。

一緒に太陽トークンも落札するため、タイルのことだけではなく、お金のことも考える必要があります。

すべてのプレイヤーの懐事情や取得したタイルがオープンになっているため、他のプレイヤーの役作りの進行具合も丸見えで、自分の欲しいタイルがあってもラーを宣言するタイミングが難しかったり、誰も欲しがらないタイルを安く入手出来たりと様々な思惑が絡み合います。

競りゲームなので、2人でオークションをやってもあまり盛り上がりませんので、3~4人でプレイするのが良いでしょう。

袋からタイルを引くシンプルな作業がメインなので、ゲームの所要時間もあまりかからず気軽に始められます。

運と戦略のバランスがよく、中毒性の高いゲームと言えるでしょう。

競りに全精力を注ぐもよし、エジプトをモチーフとした美しいタイルで雰囲気を味わうもよし。

クオリティの高いタイルに囲まれて異国情緒に浸りながら、お酒片手にのんびり楽しみたい傑作ゲームです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

2人用ボードゲーム「ローゼンケーニッヒ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ローゼンケーニッヒはどんなゲーム? ローゼンケーニッヒ(Rosenkönig)は1455年にイングランドで起きた薔薇戦争をモチーフにした2人用の対戦陣取りゲームです。

プラモデルやフィギュアの塗装に!タミヤカラースプレーの特徴と使い方

タミヤカラースプレーは、ラジコンや模型、プラモデルで知られるタミヤが販売しているラッカー系カラースプレーです。

トレーディングカードゲーム「WIXOSS-ウィクロス-」の魅力とは?

トレーディングカードゲームには様々な種類がありますが、イラストにこだわったゲームがお好みの方も多いのではないでしょうか。 今回はメディアミックスでも話題になった人気のトレーディングカードゲーム「WIX …

富山の薬売りが発祥?日本が誇る食玩文化の歴史

以前はどこの家庭にも置き薬というものがありました。 年に一度か二度回ってくる薬屋さんがいて、使った分だけ料金を払うというシステムでした。 現在のように、どこにでも薬局やドラッグストアーのある時代とは違 …

デジタルTCG「ピリオドゼロ」の魅力とは?

昨今、デジタルゲーム業界は、様々なトレーディングカードゲームが登場して活気づいています。 ピリオドゼロは2010年頃に一度サービスを終了させていますが、新たにリメイクされてスマホでも遊ぶことが出来ます …

楽天モーションウィジェット