ボリューム満点!ラクーンファーの特徴について

毛皮には、動物ごとに種類の違いがありますが、その中でもラクーンファーについては、詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

ラクーンとは、どんな動物なのか、毛皮の特徴はどんなものなのかを知り、毛皮選びに役立てていきましょう。

スポンサーリンク

ラクーンファーって何のこと?

毛皮と言えば、ミンクやラビットなどがポピュラーですが、ラクーンファーという種類もあります。

これは、アライグマの毛皮のことで、ひと昔前まではタヌキの毛皮と合わせて、このように表記されていました。

実際には、アライグマとタヌキは別の動物であり、毛皮の質も価値も異なります。このため、消費者に正しく素材を伝えるために、平成19年にタヌキとアライグマの毛皮を、はっきり区別して表記するように定められました。

それ以降、タヌキの毛皮に関しては、タヌキと表記されることになったので、混同されることは少なくなっています。

ファッションアイテムの場合、法律によって、素材などの表示義務が課せられていることが多いのですが、タヌキの毛皮に関しては、この法律による表示義務が無いため、単純に毛皮とだけ表記されることも多いです。

タヌキとアライグマどちらの毛皮であるかは、いまだに勘違いしてしまう人も多いので、購入する際には注意してチェックするようにしましょう。

ちなみに、アライグマは繁殖能力が非常に強く、毛皮も量産しやすいという特徴があります。このため、購入する際にも他の毛皮に比べると、比較的安価に購入することができ、多くの人に親しまれています。

このため、毛皮とはいっても、中古買取店などに買い取ってもらう場合は、あまり高額は付かないでしょう。

毛質やボリュームなどによっては、高額が付くこともありますが、あくまでもアライグマの毛皮の中でという話になります。

ラクーンファーの魅力

毛皮として使用されるアライグマは、主にアメリカで養殖されたものです。他にも、カナダや中国、ロシアなどでも盛んに養殖されており、アイテムも数多く流通しています。

ラクーンの魅力は、何と言ってもリーズナブルなのに、保温性が非常に高く、耐久性も抜群という点です。

毛質もしっかりしているので、同じ量でもかなりのボリュームがあり、身に着けているとゴージャスさを醸し出すことができます。

長く愛用することができるので、安くて実用性の高いアイテムを求めている場合には、最適です。

アライグマの毛は、しなやかで染色しやすいので、様々な個性的なデザインに使用することができます。

他の毛皮では、見ることもできないようなアイテムも見つけることができるので、普通の毛皮に飽きてしまった人にもお勧めです。

実際に、多彩なアイテムに利用されていますが、その中でもクロケット帽などは、特に人気があります。ただ、購入する場合は、いつ作られたアイテムかを必ず確認してから、購入するようにしましょう。

平成19年に、タヌキとアライグマの表記を明確に分けるように指導されるまでは、2種類の毛皮は同じように、ラクーンと表示されていました。

素人では、この2種類の毛皮の違いを見分けるのは非常に難しく、アライグマだと思い込んで購入したものが、実際にはタヌキの毛皮だったということもあり得ます。

平成19年以降に作られたアイテムであれば、アライグマとタヌキを区別して評してあるはずなので、間違えて購入してしまう心配は低いでしょう。

ラクーンファーのお手入れ

毛皮を愛用していると、外出時に思わぬ汚れを付けてしまうこともあります。

毛皮はデリケートなので、基本的には汚れたら、専門業者にクリーニングに出した方が良いのですが、アライグマであれば、耐久性も高いので軽い汚れなら、自宅でケアできるケースもあります。

自宅で綺麗にしたい場合は、まず洗面器に中性洗剤などを溶かして、洗浄液を準備しましょう。洗剤の量は非常に少なくて良いので、約1000倍程度に薄めると良いでしょう。

汚れた部分を、洗浄液で優しく撫でるように拭き取るのですが、水気はかなりきつく絞ってから行いましょう。

毛並みに沿って、力を入れずに拭くのがポイントで、あまり力を入れてしまうと、せっかくの毛並みがペチャンコになってしまいます。

次に、リンスを1000倍に薄めたものを、仕上げとして拭き取った部分に着けていきましょう。こちらも、汚れを落とすときと同様に、固く水気を絞り、優しく拭くようにします。

これによって、髪の毛をコーティングするように、毛を保護することができ、傷むのを防ぐことができます。

その後は、陰干しで自然乾燥させ、完全に乾いてからブラシなどで毛並みを整えるようにしましょう。

毛皮専用のブラシなども販売されているので、それを使った方が、より綺麗に毛並みを仕上げることができます。

もちろん手で整えてもかまいませんが、その場合は皮脂や余計な力が加わらないように、手の甲を使うのがポイントです。

このようにお手入れすれば、より長く愛用することができるでしょう。

最後に

タヌキと混同しがちですが、ラクーンファーは、あくまでもアライグマの毛皮を使ったものになります。

ボリューム満点で、豪華な印象にすることができるので、華やかな場には最適です。

正しいお手入れ方法も覚えておいて、長く大切にしてあげましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

トートバッグを使う時に合わせやすい服・アイテムは?

バッグはファッションアイテムのひとつとはわかっていても、服に合わせて毎日中身を入れ替えるのは面倒、そんな男性は多いでしょう。 それならばいっそのこと、いろいろなファッションに似合う、そして荷物もガンガ …

着やせ効果バツグン!白を引き締めて着こなすなら:ターコイズブルー

春はすぐそこ! 寒い冬が過ぎ、少しずつ暖かくなると身につけたくなるのが「白」ですね。 濃い色や、暗めの色のものばかりで飽きてくるということもありますが、春の日差しによって白が反射し、さわやかさを演出す …

行楽シーズンにピッタリ!大人のリュックコーデ

行楽シーズンが到来すると、様々なイベントが各地で開催されます。気候も気持ちいいので、ついアクティブに出掛けたくなってくるものです。 そんな時に非常に便利なのが、リュックです。

女性らしさをUPするキレイめカジュアルを作る方法:モノトーンより明るめの色を選ぶ

女性らしさといっても人によってイメージは違いますが、一般的には柔らかで落ち着いていて、それでいてほんの少し温かみもあり、控え目な華やかさを含む雰囲気を指すことが多いですね。 代表的な色はピンクやベージ …

肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「カーディガン」

春と秋は涼しく、夏は暑い、冬は寒いという概念は、空調によって曖昧になってきています。季節とは裏腹に肌寒い場所はありますし、暖かい季節でも朝晩は肌寒い日があります。 そんな時に役立つのが、カーディガンで …

楽天モーションウィジェット