ラジコンヘリとドローンの違いは何?


IT技術が進んでいる現在では、いろいろな端末が出ています。

その中でも代表的なものが「ドローン」ですね。

これは「小型ラジコンヘリ」などとも呼ばれることがあります。

ただ、この2つは明確な違いがあります。

ラジコンヘリとドローンの違いは一体何でしょうか。

スポンサーリンク

ラジコンヘリとドローンの相違点と共通点

ラジコンヘリとは?

ラジコンヘリとは、平たく言えば、無線で操縦できるヘリコプターのことです。

これは小さい子供がヘリコプターの模型を操作して楽しむイメージを想像するといいでしょう。

この場合は無線で操作できるので、小さい子供が遊ぶために使ったり、大人がコレクションのために使うというパターンが多いものです。

小型なので簡単に使うことができますし、操作も比較的楽です。

また、こだわったものならば農業で農薬の散布用に使ったり、軍事用として使うパターンもあります。

気をつけたいのは、ここにプロペラの個数や速度、用途の制限などの意味合いは極端に薄いということです。

あくまでも小型のヘリで、人が乗れない、そして無線で操作できて、いろんなシーンで使うことができる、というくらいのものですね。

ドローンとは?

ドローンとは、実は最初から目的が軍事用として開発された小型の飛行端末のことです。

別名を「小型無人機」というように、ちょっと軍事的な色合いを持っていますし、IT技術やAI技術の影響を受けている場合もあります。

代表的なところとしては、プロペラの個数が複数あるということでしょう。

このような端末はマルチコプター型といって、複数のプロペラを持っています。

これは飛行を安定化させたり、物を持たせて移動させるのに良いための設計上の工夫です。

多いのは4つのモーターを持つ「クアッドコア型」というものでしょう。

また、技術的な進化も見られます。

AIの進歩により、自動で飛行速度や回転、位置などを調整したり、傾きや角度の付いた飛行を行ったり、安定した静止を行うことができます。

安定して空をとぶために、状況を知ってどう対処するかという細かいことはAIが考えて判断してくれます。

プログラミングに対応しているというのも一つの特徴ですね。

複雑に飛ぶための飛行方法などをプログラミングされており、またどういう経路で飛ぶかをプログラミングすることも可能です。

複数のドローン同士で飛ばせることもできるため、プログラミングができれば複雑に飛ばすことも可能になっています。

これは本体そのものの特徴ではありませんが、センサーやカメラを搭載している端末が多いことも特徴的でしょう。

このため、空から撮影したり、センサーを使って接触事故を防いだりすることもできます。

ラジコンヘリとドローンの共通点

ラジコンヘリとドローンの共通点は、やはり小型ということでしょう。

人が乗れるほどの大きさはなく、だいたい何も載せないことが多いものです。

仮に載せられたとしても量はそんなに多くはなく、極端に重いものは運べません。

また、離れたところで無線で操作するというのも一つの特徴です。

離れたところから無線で操作するので、高さや飛ばし方などもある程度自由があります。

空を飛ぶ端末ということも同じですね。

ある程度の空間は必要になります。

また、近くにいる人や建物と接触しないように注意し、飛ばすときには注意しなくてはなりません。

ラジコンヘリとドローンの違い

このラジコンヘリとドローンの違いはかなり大きいものです。

代表的なものは無線の種類ですね。

ドローンの場合はWi-FiやBluetooth、インターネット無線などを使うことが多いのですが、ラジコンヘリの場合はラジオ無線の電波を使います。

このため、操作の内容や難しい操作なども簡単にできるようになるのがドローンですし、また遠方でも操作が可能です。

ラジコンヘリは操作の指示を出すリモコンとヘリそのものに距離があるとうまく動かないことも多いので、注意しておきましょう。

自立して運転することができますから、ドローンについてはAIによる自己判断の運転も可能になります。

プロペラの個数が異なることも特徴的です。

プロペラの個数がいくつもあることが多いのがドローンで、だいたい1つか2つのことが多いのがラジコンヘリです。

ただしマルチコプター型のラジコンヘリもありますから、その点は極端に違うわけではありません。

また、中にはカメラ搭載やセンサー搭載をドローンの条件とする人がいますが、ラジコンヘリにもカメラやセンサーが搭載されている端末があります。

また、ラジコンヘリとドローンの違いとして大きいのは、ある程度人々に対する認知度が違うということです。

ラジコンヘリの場合は子供の遊び道具などとして知られているので、よくいろいろなところで使われていますし、制限も少ないでしょう。

一方、ドローンについてはまだ開発されたばかりで、知名度も少なく、公園などでも制限の対象となることが多いものです。

このため、人々がなれるまでに時間がかかり、また自由度もあまり高くないという現状があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-, ,

関連記事

ボードゲーム「ワンナイト人狼」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク そもそも「人狼ゲーム」って何? 今回ご紹介するゲームは「ワンナイト人狼」。 人気の「人狼ゲーム」のプレイ時間を短くし、少人数で遊べるようにしたボードゲームです。

2人用ボードゲーム「ガイスター」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ガイスターはどんなゲーム? ガイスター(Geister)はオバケをモチーフとした対戦ゲームです。

プラモデルやフィギュアの塗装に!タミヤカラースプレーの特徴と使い方

タミヤカラースプレーは、ラジコンや模型、プラモデルで知られるタミヤが販売しているラッカー系カラースプレーです。

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「OMOKAJI MIDORI STUDIO」

コスプレという言葉は、もともとはコスチューム・プレイを簡略化してつくられた和製英語ですが、今はひとつの単語として世界中で通じるようになっています。 基本は、アニメや漫画、ゲームなどのキャラクターになり …

デジタルTCG「ピリオドゼロ」の魅力とは?

昨今、デジタルゲーム業界は、様々なトレーディングカードゲームが登場して活気づいています。 ピリオドゼロは2010年頃に一度サービスを終了させていますが、新たにリメイクされてスマホでも遊ぶことが出来ます …

楽天モーションウィジェット