自由に飛ばせる!ラジコンヘリの魅力とは?


ラジコンといえば、地上では車とバイク、水場ではボートや潜水艦等、数多くの種類があることが特徴的です。

しかし、ラジコンヘリは空の代表的な遊びで、古くから魅力を知っている人が潜在的に存在します。

現在では、ドローンの登場や技術の発展によって、空を飛ぶ機械に注目が集まっています。

スポンサーリンク

ラジコンヘリの魅力

ラジコンヘリの魅力は、空で思いのままに飛ばすことが出来たり、指先の繊細な操作が、本体に反映される点にあります。

従来、空に飛ばす遊びはラジコンヘリが主流でしたが、近年ではドローンが台頭しつつあります。

ただ、ラジコンヘリとドローンは、根本的な部分において違いがありますし、用途や目的が異なるので、完全に競合するとは考えられません。

ラジコンヘリの優位点は、形状や仕組みが本物のヘリコプターに限りなく近く、それが指先で思いのままに操縦出来ることです。

空中での安定性や、正確性を重視して飛ばす場合は、ドローンの方に優位性や軍配は上がるでしょう。

ところが、風の影響を受けて不安定になったり、指先で繊細にバランスが取れる魅力は、ドローンになくてラジコンヘリにある利点です。

技術力や経験がラジコンヘリの飛行安定性に影響するので、まさに思いのままに飛ばせますし、技術を磨けば格好良く飛ばすことが可能となります。

ラジコンヘリが思いのままに飛ばせるまでには、数々の失敗や飛行時間が必要ですが、継続的に続ける程上達するので、努力に見合う結果が得られる点も魅力的です。

初心者は低価格のものから始めてみよう

本格的な趣味の世界では、数十万円以上の予算を必要としますが、初心者向けは数千円で始められるので、低予算でも思いのままに飛ばせる楽しみに触れられます。

ラジコンヘリに興味がある、でも経験がなく失敗が不安な場合は、カジュアルなラジコンヘリが有力な選択肢となります。

低価格帯の製品は5千円未満から用意されていますし、上昇と下降を始めとして、ホバリングや旋回が楽しめるので、価格以上の魅力が感じられる可能性があります。

もっとサイズが大きく、本格的な挙動のラジコンヘリを手にするのは、それからでも決して遅くないので、まずは初心者用から始めてみると良いでしょう。

初心者用の室内向け製品は、落下しても簡単には壊れませんし、人に当たっても怪我をする危険性が低いので、思いのままに飛ばせる、ラジコンヘリの魅力が知りたい人に最適です。

勿論、思いのままに飛ばす為には、繊細な操作テクニックを身につけたり、ヘリコプターの挙動や、本体の癖を理解する必要があります。

仮に、最初から本格的な製品に触れても、難し過ぎて全く思いのままに飛ばせなければ、魅力に気が付く前に挫折してしまうでしょう。

低価格帯のラジコンヘリは、本格度に関しては高価格帯に負けますが、操作に反応したり思いのままに飛ぶ楽しさと、魅力に気が付かせてくれる点においては劣りません。

思いのまま、この言葉の意味が知りたい場合は、ラジコンヘリを始めてみることがおすすめです。

小さくても本格的

大きさは非常にコンパクトで、手に持つと軽いのが特徴ですから、第一印象は玩具感が強く、子ども向けだと思われがちです。

小型のラジコンヘリの実際は、ラジコンヘリ愛好者の間口を広げる目的もあって、思った以上に本格化しているのが現状です。

例えば、風の影響を殆ど受けない室内でも、想像した飛行ルート通りに飛ばすのは、ラジコンヘリ経験者でも容易ではありません。

それでも、1時間も遊べば感覚が掴めますから、ラジコンヘリ初心者の練習に打って付けで、上級者でも感じられる面白さがあります。

手っ取り早く、ラジコンヘリの魅力が知りたい時は、操作の基本を学んで、後は自由に飛ばすのが一番です。

操作に慣れてきたらステップアップしてみよう

魅力に触れて更に、本格的に思いのままに飛ばしたくなったなら、その時にワンランク上を目指すことがポイントとなります。

予算が1万円前後になると、屋外でも楽しめる製品が選択肢に加わるので、本当の意味で思いのままに飛ばせるという、楽しさを知る切っ掛けが実現します。

価格帯が上がると、本体の大きさがサイズアップしますから、結果的にバッテリーの持ちが良くなって、長時間飛ばし続けられるようになります。

遊び始める当初は、直感的な操作方法のコツが分からないので、思いのままに飛ばず、イライラすることがあるでしょう。

逆に、そのイライラ感の裏には、上達したい気持ちが隠れていますし、続ければ少なからず上達することを意味します。

ある程度操縦技術が身につけば、思いのままに飛ばせる可能性が得られますから、最初は操作感覚を重視して練習することが大切です。

上下左右の、開けた場所で思いのままに飛ばす感覚は、実際にやったことがなければ分かりません。

重力に逆らうように上昇して、そこから飛ばしたい方向に対し思いのままに飛ばせる、これはラジコンヘリならではです。

しかも思いの外上手くない状態でも、簡単に楽しみが感じられる利点があります。

最後に

本物のヘリコプターは、技術の習得に膨大な時間を必要としますし、1時間飛ばすだけで約10万円の費用が発生します。

一方のラジコンは、操縦者が空を飛ぶことはありませんが、空中に浮遊している感覚と、思いのままに感じられる自由、この二つの本物に近い感覚を得ることが出来ます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-,

関連記事

steamでおすすめのシミュレーションゲーム3選

PCゲームの配信や管理をしてくれるサービスであるsteamは大変に便利で、利用している人も多いでしょう。 しかしsteamには、膨大なゲームがあるため、かえってゲーム選びに困るという人もいるかもしれま …

プラモデルやフィギュアの塗装に!エアテックスカラーの特徴と使い方

プラモデルは、塗装で質感が大きく左右されるので、表現者の技量が作品に現れます。 これはフィギュアにも共通する特徴で、誰もが行き詰まる、上達における壁というものがあります。 もし、表現力を上げたかったり …

人気ゲームの食玩!ファイナルファンタジー&ドラゴンクエストシリーズ

SQUARE ENIXは日本が誇るゲーム会社のビッグネーム2社が合併して出来た会社ですが、代表的なゲームといえば、やはりドラゴンクエストとファイナルファンタジーです。 様々なグッズが販売されていますが …

いつの時代も男の子はミニカー好き!ポケットトミカ

トミカといえば、男の子なら誰もが一度は小さいときに買ってもらったり遊んだことがある有名なおもちゃです。 そのトミカがカプセルトイになったシリーズの1つに、ポケットトミカがあります。

知らないと後悔する!パズル系のスマホゲームアプリおすすめ3選

スマホゲームアプリの定番ともいえるのがパズル系のゲームではないでしょうか。 手軽に出来ていつでもどこでも楽しめるので、時間つぶしにももってこいです。 ここではスマホゲームアプリでオススメしたいものを三 …

楽天モーションウィジェット