包丁いらずの時短レシピ:手軽にもう一品編

ハンバーグ
料理を作るときには包丁とまな板を使っていることは多いです。

ですが、包丁いらずの料理を作ることで、気軽にもう一品をテーブルにのせることができます。

スポンサーリンク

包丁いらずのおいしい一品

大根のオイマヨ和え

材料:2人前
大根を4分の1本、マヨネーズを大さじ3、オイスターソースは大さじ1、すりごまは大さじ2、ラー油、黒胡椒、いりごまはお好みで用意します。

作り方は、まず、大根はピーラーで薄切りにし、ぎゅっと両手で水分を絞ります。
調味料を混ぜ、大根と和えます。
お好みで、ラー油、黒胡椒、すりごまをかけて出来上がりです。

大根はよく水分をしぼって、食べる直前に和えるようにしておくといいです。

水菜とちくわの煮びたし

材料:2人前
水菜を2束、大体140グラムくらい、ちくわの小さめのものを2本、調味料は粉末だしを小さじ2分の1、お湯を200ミリリットル、醤油は小さじ2、本みりんを小さじ1、塩はひとつまみ用意します。

作り方は、ちくわは調理用バサミで薄切りに斜め切りにします。
水菜は4センチ位の長さに2束まとめて調理用バサミで切り分けておき、ヘタをカットしたらザルに入れて洗い水気をきっておきます。
鍋に調味料を入れて強火にかけ、煮立ったらちくわを加え軽く煮ます。
次に水菜を加えて混ぜながら、くたくたにしないように気をつけながらしんなりとしてきたら、火を止めて出来上がりです。

別茹でなしの和風パスタ

材料:2人前
ペンネを200グラム、鶏ささみ肉を60グラム、酒を小さじ1、乾燥芽ひじき10グラム、たまねぎは50グラム、粒コーンを50グラム、水を700ミリリットル、塩を小さじ4分の1、コンソメスープの素を150ミリリットルに対しての量、ガーリックパウダーは少し、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1、マヨネーズ大さじ2、黒すりごまを大さじ1、好みで豆苗を少し用意しておきます。

作り方は、まず、鶏ささみ肉は耐熱の器に入れて酒を振りかけラップをしておき、芽ひじきはさっと洗ったら耐熱の器に入れてたっぷりの水を加えてラップをします。
それらを500ワットのレンジで2分加熱します。芽ひじきはザルにあげて再び水でさっと洗って指の甲で抑えて水気を切っておきます。
それから、鶏ささみ肉は冷めたら手でほぐして筋を取り除いておきます。
次に、フライパンに水、塩、コンソメスープの素を入れてフタをして火にかけ沸騰させたら、ペンネを加えて、よくかき混ぜます。
中火で時々かき混ぜながら表示時間の短い時間のほうでゆでておきます。
ゆでている間にスライサーでたまねぎをスライスしておき、時間になったら、たまねぎのスライスしたものと粒コーン、ひじき、鶏ささみ肉、ガーリックパウダー、みりん、しょうゆを加えて混ぜて2分ほど火を通して、マヨネーズと黒すりごまを加えて混ぜてひと煮立ちしたらフタをして1分ほどしたら出来上がりです。

包丁いらずのお弁当おかず

お豆とひじきのヘルシーハンバーグ

材料:保存容器1個分
豚ひき肉300グラム、お豆の水煮1袋、ひじき5グラム、白だし大さじ2分の1、醤油大さじ2分の1を用意します。

まず、お豆の水煮は袋のまま手で潰しておきます。
ひじきは水で戻しておき、ボウルに潰した豆を全量、ひき肉を入れてよく混ぜ合わせたら、水気を切ったひじきを入れてよく混ぜ合わせておきます。
出来上がったたねを10個分の分けて、それを成形します。
フライパンに成形したたねを並べて片面を強火で約2分焼きます。
肉だねの表面に焼き色が付いたら裏返し、フタをして中火から弱火で6分ほど蒸し焼きにして完成です。

お弁当のおかずにしても、お好みのソースをつけて食べることができます。
女性にもおすすめのダイエットと健康によいおかずです。

ズッキーニとツナのベジタブルヌードル

材料:2人前
ズッキーニを1本、ツナ缶を1缶、オリーブ油を大さじ1、塩と粗びき黒胡椒を各適量を用意しておきます。

ズッキーニはピーラーで縦にスライスして、ボウルにツナ缶と塩、黒胡椒を入れて和えます。お皿に盛って、オリーブ油をかけて出来上がりです。

お弁当にもおかずの一品として、目ためもおいしそうなものを作ることができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによるがん予防

昔は鍋といえば、ちゃんこ鍋や寄せ鍋などが一般的でしたが、数年前にトマト鍋が流行して以来、今では家庭でも広く親しまれる味になりました。 トマトは、生で食べても調理して食べても美味しい食材ですが、ただ単に …

今スグ取り入れたい!世界のヘルシー食習慣【台湾編】

日本からも近く物価も安い、食の宝庫でもある台湾ですが、頻繁に足を運ぶという方も多いと思います。 食事に関してはどんなイメージがあるでしょうか。

お米をおいしく炊く裏技:沸騰して冷ましたお湯を使う

お米をおいしく炊く方法として、一度沸騰させて冷ましたお湯で炊いてみましょう。

炊飯器で作れる時短レシピ「ピラフ」

ピラフを家庭で作るとしたら、具材を炒めてから加熱して、火加減を調節して作らなくてはいけないので、大変なことがあります。 炊飯器を使って調理すれば時短にも繋がりますし、熱源のそばにいて目を離すことなく作 …

超美味!納豆に「わさび」をちょい足し!

朝食に、納豆は欠かせないという方も多いでしょう。ご飯に直接のせて食べるのも美味しいですし、梅干しを混ぜたり、わさびを入れたりと人それぞれに味わい方は異なります。 また単に美味しいだけでなく、栄養面も優 …

楽天モーションウィジェット