包まない時短レシピ:シュウマイ

シュウマイ
シュウマイは時短レシピにならないのではと考える方が多いです。

材料をみじん切りにするのに時間がかかり、丸めて包む工程も含まれるので、時間がかかると思われがちです。

スポンサーリンク

包まないシュウマイの時短レシピは具材や道具を工夫しよう

まず、包丁で丁寧に具材をみじん切りにするのではなく、フードプロセッサーやチョッパーなどの細かく切る道具を用いて使えば、時短レシピにつながります。

また、丁寧にシュウマイのタネを丸めて、1枚ずつ皮を使って包む作業をなくせば良いのです。
包まないようにすれば、形作る手間も省けますし、初心者の方が一番手こずる作業を省略することもできます。

スープ用のスプーンが2つ、もしくは、計量スプーンの大さじが2つあれば、片方のスプーンで好みの量をすくって、片方のスプーンでバットや大きめのお皿に落とせば、簡単に丸めることができます。

皮を使う代わりに、タネの全体に片栗粉や米粉をまぶせば、包まないで済みます。
粉をまぶす工程も、全体的に粉が回るだけでいいので、非常に気が楽にできるでしょう。

蒸す作業については、専用の蒸籠や蒸し器を使わなくても大丈夫です。
フライパンや大きめの平鍋などの底が平らで、浅い深さの調理器具を使えば、蒸し時間もかかりません。

白菜やキャベツなどの葉野菜があれば、野菜を粗めの千切りにし、フライパンの底に敷き詰めて、その上に包まないシュウマイを載せて、水や酒を入れて直蒸しすることも可能です。

簡易蒸し器として使えるすのこを利用する場合は、上にクッキングシートや野菜を載せた皿を置いて蒸すといいでしょう。

食べる際には、ポン酢しょう油やからしを添えると美味しいです。

タネの作り方と時短のコツ

包まないシュウマイのタネの材料としては、豚のひき肉、タマネギか長ネギ、ショウガが基本になります。

豚ひき肉に塩、こしょう少々を入れて味付けをし、風味を引き立てるために、しょう油と酒、ごま油を少々入れておくといいでしょう。

野菜の具材については、ショウガとネギ類は肉の臭みを消すのに役立ちます。

ショウガはみじん切りでもおろしてもどちらでも構いません。
市販のチューブ入りのおろしショウガを使うと便利です。

ネギについては、みじん切りにするのが難しい場合に、道具がないのであれば、長ネギを小口切りするといいでしょう。
根深ネギの場合は、白い部分だけでなく、傷んでなければ青い部分を使っても風味が良くなります。

野菜を切った後で水気が出ないように、片栗粉や米粉をまぶしておくとタネをまとめるのが楽になります。

その他に入れると美味しい具材は、あればホタテの缶詰を入れると、専門店のような味になり、深みが出ます。
安価なフレーク状のホタテの缶詰で構いません。
缶汁はスープや汁物に使えますので、シュウマイと一緒に作るといいでしょう。
ワカメと溶き卵のスープにも良く合います。

シイタケがあれば、いしづきをとった軸まで一緒にみじん切りにすると、シュウマイの良い出汁代わりにもなります。
特に干しシイタケがあるとうまみが増します。

健康に気を遣う方であれば、豚ひき肉の割合を少なめにして、水切りをした豆腐や、おからを入れるのもおすすめです。
豆腐の場合は水っぽくなる場合がありますので、片栗粉や米粉を足して固さを調整しましょう。
おからを入れる場合には、日持ちがしないので、早めに食べきってください。

道具別の蒸し方

白菜やキャベツ、レタスなどの葉物野菜がある場合は、直蒸しにすることを勧めます。

鍋底やフライパンに、粗く千切りにするか、面倒な場合は一口大にちぎって、鍋底に敷き詰めます。
大きめの葉なら2、3枚でいいですし、小さめでも4、5枚あれば十分です。
スプーンで落としたタネを小麦粉か米粉の上に落とし、全体的にまぶし付けた後に、野菜の上に載せます。
野菜の水分が出ますので、大さじ2杯程度の水と酒少々を入れれば十分です。酒はなければ入れなくて構いません。
入れた後に中火で加熱をし、沸騰したらとろ火に火力を弱め、ふたをして5分ほど加熱します。
表面がつやつやになっていたら出来上がりです。

心配であれば割って火の通り具合を確かめるといいでしょう。
程よく焦げた葉野菜の甘みがシュウマイのアクセントになります。

野菜がない場合や簡易蒸し器で作りたい場合は、鍋にカップ1杯~2杯程度のお湯を沸かし、沸騰した後に耐熱皿に入れたシュウマイをすのこの上に載せて、ふたをして弱火で6分ほど加熱するといいでしょう。

電子レンジによる蒸し方は、最も時短となりますが、加熱ムラが出ないように気をつけてください。
皿の上に放射線状にタネを配置して、均等に熱が行き渡るようにしてください。
ラップをゆるめにかけて、酒少々を振り、600Wで4、5分加熱するようにしましょう。
電子レンジによってクセがありますので、タネを置く位置を変えたり、皿の位置を逆方向にしたりして、加熱しすぎや生の部分がないようにしてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

身体を温める野菜【玉ねぎ】

スポンサーリンク 食事に玉葱を取り入れよう 玉ねぎは身体を温める野菜であり、寒い季節には積極的に食べたい食材です。 玉ねぎの効果 玉ねぎはさまざまな栄養成分を含んでいます。 玉ねぎの薬効は古くから知ら …

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【果実酒を作る】

中華料理などを食べに行った時に、薬膳料理やお粥に入っていたり、デザートの杏仁豆腐に乗っかっている、鮮やかな色をした小さい赤い実を目にした事はありませんか。

トマト鍋に入れると一層美味しくなる具材:ウィンナー

夏は食欲が落ちますし、連日の猛暑でどうも冷たいものを食べがちです。しかし、それではスタミナが付きませんし、体を冷やしてしまいがちです。冷たいものを食べる時には、体を温める食材を含めておくと良いでしょう …

花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「わさび」

冬の寒さが和らぎ、温かくなって過ごしやすい季節となると、今度は花粉症に悩まされるという方も多いでしょう。 常にマスクを付けておかないといけないし、目のかゆみや鼻のむずむずは、仕事や勉強の妨げになります …

質の良い睡眠をサポートする飲み物は【ココア】!

ココアは、コーヒーや紅茶などに比べると、存在感が少し薄いですが、近年話題になっているポリフェノールの効果があったり、身体に良い影響を与えてくれるさまざまな効能が溢れている飲み物です。 その魅力を知ると …

楽天モーションウィジェット