旅行におすすめのキャリーバッグ

旅行に際して、長い期間宿泊するなら、大容量のものでなくてはいけないというわけではありません。

確かに大容量のキャリーバッグは多くの荷物が入る上に、転がしていくのでラクではありますが、大容量のものだとスタイリッシュさを欠いてしまう場合が多いです。

スマートさにこだわる人ならば、ここは譲れないポイントになってきます。

スポンサーリンク

スタイリッシュさと、大きすぎない容量

さらに実用性においても、大容量が絶対に良いとはいえないことがあります。それは、容量の大きさゆえに、ものを収納した場所がわからなくなってしまうことがあるということです。

大容量のキャリーバッグは、一見すると実用性においては非の打ち所がない様に思えますが、このようなリスクもはらんでいます。

このような理由を加味し、総合的に判断していくと、旅行の際には大きすぎない、ある程度の容量があるキャリーバッグを選ぶのがベストです。

見た目を重視する人は、スタイリッシュさにこだわるのも、選び方の基準としては良いといえます。そして、旅先の状況、宿泊する日数や期間に合わせて、手持ちのトートバッグや、バックパックで調整していけば大丈夫です。

確かに、トートバッグに多くの荷物を入れて持ち運ぶのは大変ですが、バックパックなら背中に背負うので重さを感じづらいところもありますし、ある程度重いものも入れやすいので、このように調整していくのが、ベストの選択肢といえます。

また、持っていくべきものと、そうでないものの取捨選択も重要です。例えば宿泊先のホテルで、タオルや歯ブラシが用意されている場合、無理に持っていく必要はありません。

このように工夫することで、旅行に際したキャリーバッグの選び方においても、自分自身の選択肢を広げることが可能になってきます。

サムソナイトのバッグについて

サムソナイトは、1910年にアメリカで創業されたバッグ類のブランドであり、長い歴史を誇るとともに、世界100か国以上に店舗を展開するなど、キャリーバッグにおいては世界シェアナンバーワンのブランドです。

そのため、熱烈なファンも数多くおり、キャリーバッグといえばサムソナイト、そういわれているブランドです。

サムソナイトの「コスモライト」という商品では、軍の装備に使用されている新素材を利用し、超軽量かつ超耐衝撃性を担保するなど、世界ナンバーワンシェアに恥じない実用性を持った、商品を数多く展開しています。

また、カラーラインナップの豊富さに加えて、すっきりしたフォルムなど、スタイリッシュなアイテムとしての美しさも兼ね備えており、非の打ちどころはほとんどありません。

また、市場で長く生き残ってきたブランドだけあって、ラインナップも多く揃えているなど、ユーザーのニーズに応え、期待を裏切らない商品展開、商品開発を行っています。

そのため、多くの選択肢から選ぶことができるのが、買い手としては喜ばしい点です。

加えて、同一モデルのものでも多様なサイズ展開があるのも注目すべき点であり、大きなセールスポイントとなっています。

商品を選ぶ中で、デザインは気に入ったがサイズがしっくりこない、あるいは逆にサイズはいいがデザインが気に入らない、ということはよくありますが、このようなことがないように、工夫して商品展開を行っているのは高く評価できるポイントです。

軽量かつ頑丈であるという確かな実用性、そして豊富なカラーバリエーションやラインナップ、サイズ展開を行っているサムソナイトのキャリーバッグは、旅行に最適だといえます。

日本の老舗メーカー、エース株式会社

エース株式会社は、1940年に創業された日本の老舗バッグメーカーで、安定したバッグの生産を続けています。現在ではプロテカなど、多くの自社ブランドを持っており、様々なキャリーバッグの展開を行っています。

業界で初めてナイロン、合成皮革のデラクール素材のバッグを開発し、一世を風靡したことでも有名です。エース株式会社は、サムソナイトの「コスモナイト」の製造を任されていたなど、その製造技術に関しては世界においても一目置かれており、高く評価されています。

その機能性の高さが日本、海外問わず様々な場所で認められており、世界に誇れるバッグメーカーです。

エース株式会社は、その実用性はもちろん、多数の自社ブランドを展開しているというのが、大きなセールスポイントとなっています。

女性向けの「ジュエルナローズ」、高品質な国産バッグに定評のある「プロテカ」、日本ブランドならではの美意識が感じられる「エース」、エース株式会社の中では安めの価格帯でコストパフォーマンスに優れた「ワールドトラベラー」など、多種多様なブランドを展開しているので、ユーザーの多様なニーズに応えることを可能にしています。

その他にも、多種多様なブランドを一企業で展開しているというのが、買い手の心をつかむ大きな理由になっています。

旅行の際には、キャリーバッグのサイズはもちろん、見た目にもこだわる人が多い中でこの特徴は大きな強みです。

バッグのフォルムや、デザインにおけるわずかな差異など、細部に大きなこだわりを持っている買い手のニーズにも期待以上に応えてくれる、それがエース株式会社の最大の魅力といえます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-

関連記事

バンコク(タイ)のおすすめ観光スポット

バンコク観光で最も多くの人が訪れるのは、王宮です。 タイはよくいえばおおらか、悪く言えばアバウトな気風が強く感じられる国ですが、王宮は例外であり、ドレスコードがあります。

3月におすすめの国内旅行先3選

冬に終わりを告げ、間もなく春が訪れる3月には、旅行に行ける場所がたくさんあります。寒い地方であればまだ雪が多く降っており、最後の雪景色を楽しむことができる月でもあります。 また、暖かい地方はすでに春真 …

トピカ(アメリカ・カンザス州)のおすすめ観光スポット

トピカは、アメリカのカンザス州にある州都です。 人口は約12万2千人であり、州にある主要都市では4番目の規模となっています。

アメリカ・ニューハンプシャー州のおすすめ観光スポット

アメリカのニューハンプシャー州は自然が豊かな土地です。 地図の上では小さな州ですが、北東部で一番高い山地があったり、短いながらも美しい海岸線があり多様な地形に富んでいます。 ですので、様々なアトラクシ …

石川県のおすすめ温泉地3選

石川県は、温泉がたくさんあるということで知られています。 新幹線が出来てからは旅行者も増えて、温泉に入るためにたくさんの人が訪れています。 石川県へ旅行に訪れる時は、いろいろな宿を訪れてみるという人も …

楽天モーションウィジェット