オースティン(アメリカ・テキサス州)のおすすめ観光スポット

オースティンは、アメリカテキサス州の中でも自然雄大な雰囲気と、街中の洗練された空気の両方を感じられる場所です。

アメリカでは、とにかく山や川などの自然が溢れている場所か、ニューヨークなどの都会かのどちらかが多いので、その両方を感じられるオースティンは珍しい街です。

スポンサーリンク

素朴さと洗練された雰囲気を楽しんで

オースティンに行ったらまず観光しておきたいのが、州庁舎です。州庁舎ではアメリカの自治政治について興味がある人はもちろんのこと、建造物が好きなら楽しめるスポットです。

州庁舎は、アメリカの州の中で一番高い建造物で、とても迫力があります。
中に入るには、ちょっと厳しいセキュリティがされているのですが、ぜひ中にも入ってみましょう。テキサス州の、歴史のある雰囲気を感じ取ることができます。無料のガイドもあるので、それを聞きながら回ると、さらに理解が深まります。

オースティンの観光スポットといえば、州庁舎は絶対に外せません。また、街中の雰囲気を楽しみたいなら、シックススポットがおすすめです。お昼も夜も賑やかな雰囲気で、やる気は街全体にラテンミュージックがかかるので、それを聞きながらダンスしたり、おしゃべりしたり、飲食を楽しむことができます。

まずはタコスからデビューしよう

オースティンは、いわゆるアメリカの下町ならではのグルメがたくさんあり、物価も安めなのでグルメを楽しむにはぴったりの街です。中でも誰もがよく食べているのがタコスで、これは普通のメキシカンタコスではありません。

朝ごはんによく食べるような、スクランブルエッグ、ソーセージ、トマトなどがトルティーヤに巻かれたもので、オースティンの人々は、朝ごはんに街中でよく食べています。かなりボリューム満点なので、日本人にはちょっと多いかもしれませんが、ブレックファーストにはちょうどいいかもしれません。

また、オースティンのシックススポットを代表とする街中には、たくさんの地元の人がやっているカフェやレストランがあります。リーズナブルに、テキサス州のグルメをお腹いっぱい楽しむことが出来、特に朝ごはんが充実しています。

ホテルの朝ごはんもいいですが、ぜひ朝ごはんから街のカフェで食べるのがおすすめです。

数ヶ月に1回は、日本でもやっているようなフードフェスタも行われています。そこではいろんな料理を食べ比べできるので、旅行期間に開催されていたら、とてもラッキーなイベントです。
グルメのレベルは、高い街だと思ってオッケーです。

直通か乗り継ぎかで変わる

基本的にオースティンへのフライトは、成田空港からであれば直通便があるので、それが一番便利です。フライト時間は、13時間から15時間とちょっと長めです。長めのフライトに備えた準備をしてから、乗るのがおすすめです。

しかし、成田空港以外からは、現在直通便は出ていません。そのため、他の空港からの場合は成田空港を経由するか、ロサンゼルス空港を経由しましょう。もし旅行期間に余裕をもっている人は、ロサンゼルス空港で時間をとって、いろいろ探索するのもおすすめです。

ロサンゼルスとオースティンでは、街の雰囲気がかなり違うので、アメリカをぐるぐる回る人も、そうでない人もきっと楽しめると思います。

ロサンゼルス空港から国内便に乗り継ぐ場合は、小さめのジェットに乗ることが大半です。国外便と違って、シートの列が半分ぐらいしかないことに驚きますし、機体も小さめですが、飛行機好きならそれも楽しめること間違いなしです。

なかなかアメリカの国内便に乗る機会は少ないので、せっかくなら成田空港経由ではなくロサンゼルス空港経由で行くのがおすすめです。ただし、フライトそのものがあまり得意ではない人は、成田空港からの方が楽に行けます。

物価は都会より安めです

テキサス州の物価は、都会に比べると全般的に安めです。例えば、土地柄食材はリーズナブルに手に入り、お肉類はかなり安めに買うことができます。野菜などについては、とても安いわけではありませんが、こだわっている人が多いので、良いものがスーパーマーケットに並んでいます。

オースティンには、最近オーガニック食材を取り扱うスーパーマーケットも増えていて、そういったところは都会並みの値段がします。しかし、日本のスーパーマーケットとは、かなり違った雰囲気が楽しめるので、観光にもおすすめです。

ホテルの宿泊料金についても、やはり都会よりも安いです。住民たちが住んでいる家も家賃は安めなので、アメリカの中でもテキサス州は住みやすいと言われています。

しかし最近はその影響もあり、住民が増えて、ちょっとずつ物価も上がってきています。まだまだ観光にお金がかけられるぐらい安めではありますが、これからはどんどん上がっていくかもしれません。

グルメ、観光をリーズナブルに楽しめる街としては、かなり良いバランスといえます。お土産や自分へのプレゼントを購入するにしても、少しリーズナブルに手に入るので、学生の旅行先としてもおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

知識が広がる!江戸東京博物館の魅力とは?

江戸東京博物館は江戸の歴史や文化がわかるだけでなく、文明開化の時代の東京、関東大震災の様子、戦時中の東京、高度成長期時代の東京など時代ごとに詳しく東京のことが解説されています。

ホットスプリングス(アメリカ・アーカンソー州)のおすすめ観光スポット

海外で温泉を楽しむことが出来るスポットは、そう多くはありません。 特にアメリカで温泉を楽しむことが出来る観光地は、貴重な体験が出来ると言えます。

ジャマイカ旅行のおすすめ観光スポット

ジャマイカは、中央アメリカとカリブ海の大アンティル諸島に位置する立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国のひとつです。青い海と白い砂浜を求めて世界各地から、多くの海外旅行者が訪れる場所でもあります。

ハバナ(キューバ)のおすすめ観光スポット

カリブ海に面したキューバのハバナは、共和制国家のため配給制度がきちんとされていて、強盗などが少なく治安が良いと言えます。 昼間もダンスを踊る地元住民が見られたり、クラシカルカーが走っていたりと、街を歩 …

レイキャビク(アイスランド)のおすすめ観光スポット

アイスランドの観光で「ゴールデンサークルツアー」は外せません。 ゴールデンサークルとは間欠泉ゲイシール、黄金の滝グトルフォス、そしてユネスコ世界遺産のシンクヴェトリル国立公園の、地溝帯ギャウの三カ所を …

楽天モーションウィジェット