バロー(アメリカ・アラスカ州)のおすすめ観光スポット

アメリカの最北端にあるアラスカ州の街・バローは、北極海に面しており、5月初頭から8月初頭まで太陽が沈まない「白夜」で知られています。

スポンサーリンク

最北端の街、アラスカ州・バロー

このシーズン中は、北極グマ観察やマッキンリー山のシロフクロウの撮影などの、パッケージ観光ツアーが、さまざまな旅行会社よりリリースされています。

また、エスキモーの最大規模の定住地であり、4月~5月の間は彼らがホエールキャンプに行くさまも見ることができます。オーロラ観測は2月~3月が適期です。

このように、雄大なる自然と北の最果ての地で見られる超常現象が人気の観光ポイントである他、エスキモーの文化・歴史を学ぶことができるイヌピアット・ヘリテージ・センターも、人気観光スポットとして知られています。

彼らの文化や生活の歴史、クジラ漁などを学ぶことができます。

クジラのひげでできた船や、象牙の彫刻、革の手袋などの工芸品もここで購入することができます。そして、街の北側15km先には、北米最北端である岬・バロー岬があります。

1525年に、この岬を発見したイギリスの探検家ジョン・バローに由来しており、数少ない観光地でもあります。ボーンアーチといって、アーチ状のモニュメント(クジラの骨)があります。記念に訪れる観光客が多いポイントです。

アラスカ州・バローのおすすめグルメは

Lストリート沿いの4番街と5番街には、いくつかのレストランがあります。ビル内にあり、窓際の席からは海の見晴らしが心地よいレストラン「サイモン&シーフォーツ」は、飲み物・食べ物ともにリーズナブルです。

また、ハッピーアワーがあるのも、うれしいところです。

5番街には、地元民に人気のステーキ店「サリバンズ・ステーキハウス」がおすすめで、ビジネスランチがコストパフォーマンスが高いです。
現代的でおしゃれな内装、そして本格的な窯を備えた「ファットターミガン」は、ピザが名物です。5番街の、中央付近にあります。

5番街のブリューハウスの右隣には、アラスカ内では珍しい本格的なイタリアンのお店「O・R・S・O」があります。ワインの種類も豊富で、寒いシーズンは特に染み渡ります。

カフェも多いです。高級モール・ノードストローム内の2Fにあるカフェ「ノードストロームカフェ」は、外観の高級さとは裏腹にリーズナブルです。しかも、味も満点で、お得なお店です。サンドイッチがおすすめです。

おしゃれなカフェといえば、アンカレジミュージアム内にある「ミューズ」もおすすめです。内装がおしゃれで、料理もおいしいです。ワインも楽しめます。

4番街の西のはずれには、地元民に大人気のカフェ「スノーシティ・カフェ」があります。朝食と昼食のみで、ディナーはありませんが、アルコールメニューがあります。

アラスカ州・バローへの目安は18~19時間

アラスカ州・バローへのフライト時間の目安は、18~19時間です。乗り入れに最も便利な路線は、デルタ航空による成田(東京)・シアトル便と、関西空港(大阪)・シアトル便です。

ロサンゼルスシカゴ、バンクーバーやサンフランシスコを経由するのが一般的で、直通便はありません。2~3ヶ所以上の経由地を経て向かうのが、一般的です。

成田から、ユナイテッド航空など他の航空会社を用いて、シアトルやサンフランシスコ、バンクーバー経由で、アラスカ航空などに乗り継いでフライトすることも可能です。

全日空の場合は、シアトルやサンフランシスコ、ロサンゼルスを経由してフライトするのが一般的です。ハワイ経由の場合は、ホノルルにて宿泊する必要があります。また、サンフランシスコにて、19~20時間の乗り継ぎ待ちの時間が発生する場合もあり、この場合も宿を用意しておかなければなりません。

成田以外からフライトする場合は、わざわざ成田からシアトルへ経由するよりも、インチョンからシアトル経由の方が便利な場合もあるので、シーズンや状況を見計らってチョイスしましょう。

これらの便は、シーズンや航空会社、乗り継ぎ状況や時間帯、空港の混雑状況によって変わるので、スケジュールと予算とを見合わせつつチョイスしましょう。

運輸・物資が困難であるため、物価は高め

バローに限らず、アラスカ州の物価は比較的高めです。アラスカ州は石油資源が豊富であるため、経済的な恩恵もあってアラスカには州の物品税がありません。

その代わり、アメリカ本土から離れている立地環境であり、陸路経由ではなく、空輸の必要があるため物資の運搬に費用がかかり、他の州よりも物価が割高になってしまいます。

アラスカ州へ留学する場合などでも、滞在する際は賃貸住宅かつ自炊を基本としていても、月に15万程度が最低限必要ということからも、他の州よりも割高ということがうかがえます。

ただ、さまざまな価格が高めではあるものの、都市部においては、大型スーパーマーケット・ホームセンターなどが複数出店されはじめ、ある程度は物価が下がり落ち着きを見せています。

しかし、やはり月あたりの食費は少なくとも3~4万円ほどは、見積もっておかなければならない実情を見ると、物価が高いと言わざるを得ません。

一般家庭では、冷蔵庫とは別に巨大な貯蔵用冷凍庫を用意しており、冷凍食品が安い時に大量に買いだめしておくという風習があります。冬の寒さが厳しいため、季節によって食料品の価格に差が生まれることも、物価が高めである実情と関係しています。

観光で訪れるときは、宿や飲食店の相場料金をあらかじめ調べて、計画を立てておくようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

ドライブデートにオススメ!「DHC赤沢温泉郷」を満喫

都心からも近く、温暖で風光明媚な景色を楽しめる伊豆は、ドライブデートでちょっと遠出したい時にもおすすめのスポットです。 豊かな温泉を楽しめる場所としても人気の高い東伊豆エリアにあって、ドライブデートで …

アメリカ・ニュージャージー州のおすすめ観光スポット

アメリカのニュージャージー州へ観光旅行に行った際、ぜひ立ち寄りたいおすすめスポットは「Cape May(ケープ・メイ)」です。

地元民おすすめ!山形県旅行の穴場スポット3選

山形県へ旅行と言えば大正レトロな銀山温泉や松尾芭蕉のゆかりの地山寺などが有名ですが、自然あふれる山形県ならではの穴場がたくさんあります。 地元民おすすめ、または地元民でも知らなかった穴場情報です。

ブリッジポート(アメリカ・コネチカット州)のおすすめ観光スポット

ブリッジポートは、アメリカ合衆国コネチカット州南西部に位置し、この州で最大の都市です。

旅行におすすめのショルダーバッグ

旅行が趣味という人の多くは、旅行用のバッグをもっています。 使い勝手がよく、見た目的にもファッションに馴染むものがいいですが、多くの人はショルダーバッグを好んで使っています。

楽天モーションウィジェット