ボストン(アメリカ・マサチューセッツ州)のおすすめ観光スポット

アメリカ・マサチューセッツ州にあるこのエリアには、数多くの観光スポットがあります。

スポンサーリンク

ボストンで観光をするのなら

まずは、フリーダムトレイルを巡ってみましょう。こちらは建国に向けて活躍した先人の、ゆかりの場所になります。

ボストンコモンから、バンカーヒル記念塔までのおよそ4kmのトレイルで、マサチューセッツ州議事堂、パーク・ストリート教会、オールドノースチャーチ、USSコンスティテューション号などの史跡をまわるコースになっています。

次に、名品が揃っているアメリカを代表するボストン美術館は必見です。さまざまなジャンルの、展示品があります。

ビーコンヒルは高台のエリアであり、街路樹とレンガ造りの家が続く閑静な地域になります。

観光の際に買い物をするなら、このあたりで最も賑やかなクインシーマーケットに行くといいでしょう。レストランやファーストフード店などがあり、広場にはワゴンのお店も立ち並んでいます。

両側には雑貨やアパレル、インテリアなどが揃うノース&サウスマーケットもあります。

クインシーマーケットから港へ向かっていくと、海が見えるウォーターフロントになります。

こちらは観光客でにぎわっているエリアですが、観光の定番としては、水族館と子ども博物館があったり、時期によってはホエールウォッチングのにも行くことができます。

ボストンでシーフードを食べよう

このエリアは、独立戦争の後から国際貿易港としての歴史のある港町です。海岸に沿った地域ということもあって、魚介類が豊富に獲れます。

ですから、美味しいシーフードを食べることができる街になります。こちらで食べることができるシーフードとしてはロブスターや牡蠣、クラムやエビ、白身魚などになります。

ロブスターはボイル、グリル、詰め物をした調理法などがあります。またボイルしたものを、マヨネーズなどで和えたものをパンにはさんで食べる、ロブスターロールも有名です。

クラムとは、ハマグリのような貝で、クラムチャウダーなどにして食べます。また新鮮な牡蠣が手に入るので、オイスターバーなどの専門店で、生で食べることもできます。

またエビは甘みが感じられるくらい美味しく、白身魚はフライなどにして食べます。

スイーツなら、ボストンクリームパイがおすすめです。カスタードクリームをはさんだスポンジに、チョコレートをコーティングしたボストン発のお菓子になります。

そしてカクテルなら「ケープコッダー」が有名です。

マサチューセッツ州は、クランベリーの生産が盛んであり、そのクランベリーを絞ったジュースを、ウォッカで割って作ったカクテルになります。

日本からアメリカマサチューセッツ州ボストンへ

日本からアメリカに行く場合には、東海岸と西海岸では所要時間が異なります。

西海岸はわりと近いのですが、東海岸になると、さらに時間がかかります。

ボストンは東海岸にあり、直行便でも成田や羽田から、現地のジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港まで、13時間程度の時間がかかります。

往路は13時間くらいですが、復路は13時間半くらいになります。航空会社としては、日系の日本航空や全日空のほかにも、アメリカ系の航空会社、カナダの航空会社、そしてヨーロッパ系の航空会社や、アジア系の航空会社なども参入しています。

ですから、直行便でも手配はしやすいですし、乗継便もかなりたくさんあります。乗継便では、トランジットの都市にもよるのですが、現地までは18時間くらいかかるのが普通です。

時差としては、3月中旬から11月上旬まではサマータイムを採用しているために、13時間の時差になります。これが冬時間になると、14時間の時差になるので、日本よりも遅れる形になります。

ですから、日付変更線をまたいで帰国するときには、翌日に到着をする形になります。時差がかなりあるので、飛行機でもそれに合わせた工夫を、する必要があります。

ボストンの物価の水準

マサチューセッツ州のボストンは港町であり、学園都市としても知られています。アメリカでも大都市の一つではありますが、落ち着いた雰囲気の都市になります。

物価については、アメリカの中でも大きな都市になるので、地方都市よりは高い水準にあるといえますが、最も大きな都市であるニューヨークよりは、2割ほど低い水準にあり、暮らしやすいといえます。

日本と比べてみても、それほど大きく変わるわけではありません。

こちらで食品を購入するのなら、生鮮品は日本とはあまり変わらないのですが、ただ量が多いために、牛乳などでも1ガロンで3~4ユーロ程度になっています。

野菜や肉などでも同様ですが、魚は少し高めになります。

このエリアに住むということになった場合には、家賃などが他の都市に比べて高いという特徴もあります。同じ家賃で比べると、狭くなってしまうということです。

また、ガソリンはロスよりも安くなっています。

ただ、アメリカというのは外食産業などでは、チップがかかることになり、そのサービス料というのが2割程度と考えると、やはり高くなってしまうことを、覚悟したほうがいいでしょう。

ですので、それを踏まえて行動をするようにします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

夏休みに家族で旅行したい宮崎県のおすすめスポット3選

実際に行ってみた宮崎県のおすすめスポットをご紹介します。 家族旅行で宮崎は初めてという方や九州のどこに行こうか迷ってる方はこの機会に行ってみるのはどうでしょうか。 子供から大人まで楽しめるスポットをい …

初詣にもおすすめな「平安神社」の歴史

平安神社は、神社本庁の別表神社にあたり、平安神宮神社のことで、主祭神は桓武天皇・孝明天皇です。 1895年(明治28年)に、平安遷都1,100年を記念し京都では、平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画 …

「ダイブロック」でマリンスポーツを楽しむ!

沖縄でマリンスポーツを楽しみたい、海に潜ってみたいと考えている方におすすめなのが、沖縄本島の北谷町にある「ダイブロック」です。 アメリカンの住宅が店舗の小さなショップではありますが、少人数制でツアーを …

薬の仕組みや歴史を学べる!くすりミュージアムの見学

頭が痛くなったときは頭痛薬を飲み、お腹がゆるくなったときは下痢止めを服用し、風を引いたときには風邪薬を飲む、この日常生活にすっかりとけこんだ医薬品に関心を持ったことがありませんか? なぜ医薬品が体に効 …

9月におすすめの国内旅行先3選

9月は、8月の暑さが一段落する時期、学生さんなどの場合は新学期を迎える時期でもあり、学生さんや社会人などの中でも、国内旅行に出掛ける機会は少ない時期ではないでしょうか。 国内旅行をする人が少ない分、料 …

楽天モーションウィジェット