ボルダー(アメリカ・コロラド州)のおすすめ観光スポット

ロッキー山脈とグレートプレーンズの間の、ボルダーバレーに位置するボルダーは、標高5,430フィートの高地にあります。

観光地としても有名な、フラットアイアン山や、そのふもとに位置するシャトークアパークでは、ハイキングやトレイル、テニスなど自然の中で楽しむことができます。

スポンサーリンク

豊かな自然を満喫するなら

トレイルでは、年齢や体力に合わせたルートを選ぶことができるため、美しい景色を眺めながら、無理なく臨むことが可能です。またエルドラドキャニオン州立公園には、アメリカでも有数のロッククライミングのスポットがあり、そのルートも500以上あると言われていて、特に人気のあるアクティビティといえます。

ここではほかにも、ハイキングやフライフィッシング、クロスカントリースキーなどを楽しむことができ、一年を通してハイキングが可能な観光地としても、知られています。

ここで注意が必要なことは、入園が日照時間内に限られているため、長時間滞在するには、日の出とともに入園し、日没には退園することです。

コロラド州・ボルダーは、自然と公園がマッチした観光スポットが多く、景色が美しいことに加え、空気が美味しいことも人気の理由です。そのため、ジョギングやサイクリング、ハイキングやトレイルなどで訪れる観光客が少なくありません。

現地の料理を美味しく食べる

自然豊かなボルダーでは、オーガニックな素材を使ったものが多く、ベジタリアン・メニューは定評があります。ケールサラダやスープなども人気があります。

他にもバッファローのバーガーや、ミートローフは人気のメニューとなっていて、ボルダーを訪れる際には必ず食べるという人もいるほどです。

ランチやブランチには、美味しいパンケーキのほか、ポーチドエッグをトッピングした料理や、ベネディクト料理などが好まれています。またゴートチーズと呼ばれる山羊チーズも、アボカドなどと一緒に使われることが多く、パン食にもよく合います。

この土地の野菜をメインに、ランチを楽しむ観光客の姿がよく見受けられます。

魚介類の料理もたくさんあり、サーモンやムール貝、カニやエビなどを使った料理も人気が高く、肉料理とともに、各レストランではその店のおすすめ料理として、メニューに載せていることが多いのです。

またデザートも楽しみのひとつで、食後のひとときを盛り上げる逸品が数多くあります。ボルダーを訪れたなら、現地で取れたものをその土地ならではの料理として味わうことで、世界観が広がるものです。

おすすめ料理とされているメニューは、食材に苦手なものがない限り、試してみるに限ります。

日本からコロラド州・デンバーまでの直行便

空の旅は少々長めですが、成田からコロラド州デンバーまでの直行便があり、ユナイテッド航空で10時間30分ほどです。運行機材やフライトスケジュール、また空港の混雑状況によっても変わってきますので、あくまでも目安として考えると良いでしょう。

コロラド州デンバー国際空港からボルダーまでの移動手段は、タクシーなら片道定額$88.15ほどです。

空港シャトルでは、Super Shuttleなら片道$30~41、Green Rideでは片道$30~36で行くことができ、それぞれ料金にチップを加算する必要がありますが、時間的には50分位とされています。

また公共バスでの移動もあり、片道$9で乗車時間は1時間15分ほどです。公共バスを利用する際に注意することは、バスの運転手が釣銭を持たないことです。これは、現金を持っている運転手が強盗被害に遭う可能性を考え、それを未然に防ぐための防止策としています。

公共バスを利用する際には、小銭を用意しておくか、乗車前に自動券売機でチケットを購入しておくことが必須です。公共バスの運行は、だいたい1時間に一本の割合で運行されていますが、利用するのであれば、確実な時間を把握しておくことが大切です。

また、観光で市内を同じ日に何度も利用するのであれば、Day Passチケットを利用することでお得な観光ができます。

公共バスではチップ不要ですが、その他の乗り物や様々な場面でチップが必要となり、どのような時に必要なのか確認しておくことが大切なので、日本と違うところを調べておく必要もあります。

知っておきたいコロラド州・ボルダーの物価

広大なアメリカでは、その州や地区により、治安や物価が違ってきます。長期滞在や留学などでは、家賃光熱費など気になるものですが、観光などでの短期滞在なら、購入する商品の価格や宿泊代を気にするだけで済みます。

ボルダーは、アメリカのなかでもかなり治安が良いとされていますが、犯罪がないわけではなく、これまでにも様々な事件が確認されていますので、注意は必要です。

家賃や宿泊費の安い地域では、治安が悪いと言われていることから、少しでも費用を抑えたい気持ちで、治安の悪い地区へ足を踏み入れないように、気を付けることも大切です。

同じ市内でも、東西南北の地区によって治安の良し悪しが違うこともよくあります。観光で訪れるにしても事前に調べ、物価の安さだけに捉われないようにすることも大事です。

観光の宿泊にしても、多少割高であっても、治安の良いところに安心して泊まりたいものです。

食料品などは、品物にもよりますが、東京と比べると割安感があります。とくに地元の肉類や野菜類は安いようですが、日本の食材は割高のようです。現地では、その土地ならではの地元産を食すことによって、満足感と割安感を味わうことも良いものです。

たくさんの州が集まるアメリカでは、すべてにおいて州や地区ごとに違いがるあることを頭に入れて計画し、楽しい観光旅行の思い出を作りたいものです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

スーフォールズ(アメリカ・サウスダコタ州)のおすすめ観光スポット

スーフォールズは、アメリカの中北部サウスダコタ州南東端近くのに位置する、州内最大の都市です。 人口は約17万3300人、アメリカの典型的な地方都市だと言えるでしょう。

トレド(アメリカ・オハイオ州)のおすすめ観光スポット

トレドは、アメリカ合衆国オハイオ州北西部にある工業都市で、オハイオ州ではコロンバス・クリーブランド・シンシナティに次ぐ、第4の都市です。 スペインの古都トレドが由来の市名で、スペインのトレド市とは姉妹 …

オースティン(アメリカ・テキサス州)のおすすめ観光スポット

オースティンは、アメリカテキサス州の中でも自然雄大な雰囲気と、街中の洗練された空気の両方を感じられる場所です。 アメリカでは、とにかく山や川などの自然が溢れている場所か、ニューヨークなどの都会かのどち …

鹿児島のおすすめ温泉地3選

鹿児島に温泉旅行を考えているのなら、お勧めの場所があります。自然がいっぱいで、緑の中でくつろげる空間になっています。 居心地いい空間の中で、お風呂でのんびりとすることができます。 お勧めが3つあるので …

6月におすすめの国内旅行先3選

6月といえば梅雨の時期であり、毎日のようにあまり芳しくない天気が続くこともあります。 一方、そうした天気だからこそ、魅力的に感じる場所というのも多くあるため、国内旅行をする場合には、そうしたところに行 …

楽天モーションウィジェット