ブラジリア(ブラジル)のおすすめ観光スポット

ブラジルと言えば、2016年のリオオリンピックや、サンバカーニバルで有名なリオ・デ・ジャネイロや、文化や経済の中心である大都市サン・パウロがよく知られていますが、首都であるブラジリアにも、魅力的な観光スポットがたくさんあります。

スポンサーリンク

ブラジルのブラジリアへの旅行におすすめのスポット

ブラジリアは政治の街というだけではなく、パイロットプランという都市計画案を基に整備された、飛行機型のデザインの街や、地元出身の巨匠であるオスカー・ニーマイヤーの建築物が各所に見られる魅力ある街です。

特におすすめの観光スポットとしては、まずオスカー・ニーマイヤーの傑作の一つである、国会議事堂をはじめ、最高裁判所、大統領府に囲まれた三権広場があげられます。

国会議事堂の後ろには、世界最大という説もある高い支柱に掲げられている、ブラジル国旗も見どころの一つです。

テレビ塔からは、飛行機の形をした街並みを一望することができます。テレビ塔の近くでは、週末限定で大規模な民芸品マーケットも開かれているので、お土産のショッピングにも最適です。

ブラジル建設の父とも呼ばれている、ジュセリーノ・クビチェック元大統領の記念館も訪れる価値があります。

2つのフロアで構成されている館内には、クビチェック本人の棺が安置されていたり、遷都構想関連の貴重な資料や、写真が展示されており、都市計画におけるルシオ・コスタによる鳥型、弓型を経て飛行機型となったスケッチは必見です。

観光と一緒に楽しみたいブラジルの絶品グルメ

ブラジルには、美味しい代表料理がたくさんあります。その中でも人気があるのがシュハスコです。

シュラスコと呼ばれることもあるこのブラジル料理は、牛肉や豚肉、鶏肉を串に刺して岩塩を振って炭火で焼く、南アメリカの肉料理で、食べ放題で提供しているお店も多く、店員が次々に焼けたお肉を持ってくるので、食べたいお肉を選んで食べるのが一般的で、部位や焼き加減の希望を伝えて、希望通り焼いてもらう事も可能です。

魚料理を食べたい場合は、魚介と野菜をココナッツミルクで煮込んで作る、バイーダ州の郷土料理であるムケッカがおすすめです。

また、観光をしながら食べ歩きを楽しむのもおすすめで、一口サイズに作られたチーズのパンである、ポン・デ・ケージョや、モチモチとした食感が楽しめるコロッケのようなサウガコーニョ、揚げ餃子に近いパステウなども人気があり、屋台や軽食屋で出来立てのアツアツを楽しむことが出来ます。

Coco Bambu Lago Sulは、ブラジリアに2店舗あるブラジル料理のお店で、値段は高めですが、近くに人工湖があり特に夜は、落ち着いた良い雰囲気となっています。

サービスも丁寧で、エビなどの海鮮料理も絶品ですが、英語を話せるスタッフがいない可能性もあるので、事前に注文の仕方などを確認していくと良いでしょう。

ブラジリア到着までにかかるフライト時間

残念ながら、日本からブラジルへの直行便はありません。そのため、ブラジルに旅行をする場合にはアメリカやヨーロッパ、中東といった第3国を経由して入国するのが一般的となっています。

経由地をアメリカにする場合には、いったんアメリカに入国する手続きを取らなければならないため、注意が必要です。

ブラジルの空の玄関口として利用客が多いのは、サン・パウロやリオ・デ・ジャネイロですが、ブラジリアにもブラジリア国際空港があるので、乗り換えは必要となりますが、飛行機でブラジリアに旅行することが出来ます。

仮に東京の成田・羽田からブラジリアに行く場合、どこを経由するかによってフライト時間は変わってきますが、2回の乗り継ぎが必要になるため、乗り継ぎにかかる時間も含めると30時間以上かかる事がほとんどです。

移動時間が最短となる、ロサンゼルスとマイアミを経由する便でも、26時間45分はかかってしまい、料金も680,540円と高額になります。

料金を重視すると、ドバイとグアルーリョスを経由する便で、46時間25分もかかりますが、料金は片道181,120円となります。

サン・パウロやリオ・デ・ジャネイロなら、乗り換え1回で行くことができるので、サン・パウロやリオ・デ・ジャネイロから、国内線の飛行機に乗り換えるか、鉄道や長距離バスを使用するというのも一つの選択肢となります。

ブラジルの物価は日本と比べてどうなのか

海外旅行をする際には、その国の物価は、予算や宿泊施設のグレードを左右する重要な部分となります。ブラジルの場合、日本と比べて物価の差はどれくらいなのか、参考までにいくつか紹介します。

ブラジルの通貨には、レアルが使用されており、2017年6月20日の時点で1BRLが34.0円となっています。この数年で経済発展が進み、特に都市部では物価は年々増加傾向にあり、都市部か地方かによっても物価が違う場合があります。

食事・宿泊・交通の物価について具体的に見てみると、軽食屋でジュースを購入すると5.8BRL、195円くらい、きちっとしたレストランでの食事が50BRL、1,685円くらいとなります。

宿泊費用は、中級のホテルで130$、14,482円くらい、ドミトリールームは比較的安く泊まることが出来ます。

しかし、ホテルの場合は、リオオリンピックでも問題になっていたように、部屋によっては不具合がある事もあるようで、当たり外れがあるので注意が必要です。

交通の物価としては、リオデジャネイロの地下鉄は、1回3.5BRL、120円ほどで、タクシーの初乗り料金は5.7BRL、194円ほどとなっており、日本に比べれば比較的安いため、観光のために移動する場合は便利と言えます。

しかし、近年では品質を重視する傾向も出てきており、ものによっては日本より高い場合もあるため、あまり物価の安い国とは感じられないかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

アメリカ・アラバマ州のおすすめ観光スポット

自然豊かな景色とアメリカが持つ歴史をしっかりと感じることができる街が多いことが大きな魅力です。

ベルリン(ドイツ)のおすすめ観光スポット

ノイシュヴァンシュタイン城は、ドイツ観光では外せない名スポットです。 ディズニー作品のモデルの一つになった城としても有名で、その造形の美しさは、数多くの城塞が残るこの国の中でも群を抜いています。

夏休みに家族で旅行したい岐阜県のおすすめスポット3選

岐阜県といえば合掌造りでおなじみの白川郷などがありますが、白川郷だけが岐阜県の観光地ではありません。 岐阜県に旅行する場合、特に夏休みに旅行する時こそ、ぜひとも行きたい場所がいくつもあり、知っておきた …

上越新幹線で行けるスキー場10選

スキーはウィンタースポーツとして昔からとても人気がありますね。 新幹線を使えば気軽にスキーを楽しむことができ、東京から上越新幹線を利用することで日帰りでスキーを楽しむこともできます。

大人の社会科見学!田村酒造場の蔵見学

今、大人向けの工場見学などを楽しめる社会科見学をメインとしたツアーが数多く企画されているといわれます。 工場見学というと小学生の社会の授業で遠足のような感じで行われるものをイメージしますが、大人になっ …

楽天モーションウィジェット