ブダペスト(ハンガリー)のおすすめ観光スポット

ハンガリーは、第一次世界大戦まで広大なオーストリア・ハンガリー帝国領でした。

この地を治めたハプスブルグ家の皇妃エリザベートは、陰鬱なウィーンの宮廷よりも自由で明るいハンガリーを好み、この地を頻繁に訪れました。

エリザベートが好んだブダペストゆかりの場所を、ご案内いたします。

スポンサーリンク

ハンガリーの皇后エリザベートを訪ねて

戴冠式を行なった「マーチャーシュ教会」

後日、ハンガリーの民族衣装風のドレスを着た肖像画で、一躍この教会は有名になりました。教会の聖遺物室には、ハンガリー王冠と笏杖のレプリカと、戴冠式の衣装が展示されています。

「エリザベート橋」

別名、自由橋とも言われています。ハンガリー語を話し、独立運動にも理解を示したかつての皇妃に対する、モニュメントでもあります。

「ハンガリー国立オペラ座劇場」

19世紀の壮麗な装飾を施した建物には、エリザベート専用のボックス席があります。ネオルネッサンス建築の歌劇場は、第2次世界大戦による戦災も受けず、19世紀の建築をそのまま残している貴重な建物です。

「ハンガリー国立博物館」

エリザベートが、ジュネーブで暗殺された時に着用していた衣装が、展示されています。

郊外には、長期滞在した「ゲデレー宮殿」があります。是非、日帰り観光でお楽しみください。

ハンガリーは、夫のフランツ・ヨーゼフ皇帝に、エリザベートが自治権を与えるように提言した事がきっかけで、独立国家になりました。現在、皇妃エリザベートにまつわる名所があるのは、そうした過去の歴史からきているのです。

びっくり!ピリっと辛い、スパイシー

ハンガリー料理の特徴は、

・数種類のパプリカを使う
・サワークリームをよく使う
・香りの良いハーブや香草を使う

です。ではご紹介します。

「ハンガリーグヤーシュ」
牛肉や豚バラ肉と、玉葱・にんじん・じゃがいもなど、根菜類をゆっくりと、赤ワインとパプリカをたっぷり使って煮込む、ハンガリーの定番料理です。

グヤーシュは、スープとして出される事もあります。韓国料理のような、猛烈に辛いパプリカを多量に使用している店もあり、少し注意が必要な料理です。

「ハラースレー」
川魚や鯉などの淡水魚を、辛いパプリカで香辛料を使って煮込んだ料理です。肉の使ったグラーシュよりも、さっぱりした味わいです。

「ホルトバージパラチンタ」
鶏や牛肉を、パプリカやサワークリームを使用したソースと一緒に、柔らかくなるまで煮込こんで、パラチンタ(クレープ)で包んで仕上げる一品です。前菜として出される事も、多い物です。

「パプリカチキン」
鶏肉を、玉葱や人参をニンニクのみじん切りとパプリカパウダー、トマトソースで煮込んだ料理です。スパイスの芳醇な香りが、口いっぱいに広がります。

ハンガリーは、スウィーツ帝国でもあります。パストールと呼ばれる牛乳のパイは、カスタードプリンを固めてタルトのようになったものです。素朴な味わいなので、いくらでも食べられそうです。

クレープ(パラチンタ)に、ジャムやクリームなどかけてデザートとして食べる事もあります。他にも、カフェに行けばたくさんのケーキがあります。

ハンガリー料理は、基本的に辛いパプリカや香辛料をたくさん使うので、最も辛い西洋料理になります。でも日本人の口に合う物が多く、ハンガリーでは食欲不振になる日本人は少ないです。

観光に便利な隣国で乗り換えましょう

日本から直行便はありませんので、周辺国の空港で乗り換えてハンガリーに向かうことになります。所要時間は、約13時間半~15時間ぐらいになります。一番便利なのは、お隣のオーストリア・ウィーンで乗り換えです。

短時間で便数が多く、一番乗り継ぎしやすいです。ブダペスト行きの便数が多く、お値段もリーズナブルなのが、ロシアポーランドの航空会社です。さらにリーズナブルで多少時間がかかっても良いのなら、中東のエミレーツ航空や東南アジアの航空会社になります。

レアな行き方としては、お隣のウィーンで降りて、陸路列車で行くか、ドナウ川の遊覧船を利用して、ブダペストに入るコースです。川船には、ドナウ川沿いの国を複数またいで遊覧する、クルーズ船もあります。

ご予算と時間に余裕があるのなら、ぜひとも乗船してください。こちらは全行程食事・観光付きの船が多いです。

列車に関しては、昼間の列車・夜行列車ともに、周辺諸国から発着しています。こちらも車窓から観光ができて、ブタペストに入るのは、旅の醍醐味だと思います。特にロシアからの長距離の列車は、座席がゆったりとしたコンパートメント方式で、食堂車はもちろん、1等車はシャワー・トイレ付、バーサロンまであります。

有名なオ、リエント急行ほどゴージャスではありませんが、海外旅行ならではの醍醐味を味わえます。

安い、お手頃、買い物三昧

西ヨーロッパ諸国よりは、確実に物価が安い国になります。他の国々でグルメや買い物を我慢していた人は、少し羽根を伸ばしましょう。ハンガリーでは現在「フォリント」という、オリジナル通貨を使用しています。少し注意が必要なのは、他の周辺国とちがって、1円が小数点以下になることです。

急に札束が増えますので、お金の計算やレートを勘違いないようにしましょう。

ハンガリーの物価の安さは、ヨーロッパで1位2位を争います。だいたいの物価の目安で、雑貨や食料のお値段を掲示します。

・コーヒー1杯=約40円
・食事昼食(安い食堂)約400円~
・高級レストラン夕食約2000円~
・ミネラルウォーター(500ml)約36円~
・ビール(350ml)約60円
・ハンバーガー約80円
・パン一斤 :約120円
・1L牛乳:約75円
・タクシー初乗り運賃:150円前後

など東南アジア並の物価です。ただし、都心部の有名な高級レストランや、外資系のホテルでのレストラン・カフェは高くなります。

どこへ行ってもそうなんですが、外国人の観光客相手の土産物屋や、ホテルではなんでも物価が高いのです。ついお金を使いすぎないように、気をつけましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

アイオワシティ(アメリカ・アイオワ州)のおすすめ観光スポット

アイオワ州のアイオワシティは、文化や芸術の根付いた都市として知られており、様々な人気スポットがあります。

一人旅にもオススメ「オーストラリア」は魅力がいっぱい!

オーストラリアは、比較的治安が良いので、女性の一人旅でも、安心して旅行できる国です。 東京から10時間ほどの長いフライト時間にも関わらず、時差が日本とはわずかなので、時差ボケになる心配がありません。 …

オクラホマシティ(アメリカ・オクラホマ州)のおすすめ観光スポット

オクラホマシティは、アメリカ合衆国オクラホマ州中央部に位置する同州内で最大の都市です。 森林や砂丘、広がる大草原などさまざまな自然の大地が続き、39ものアメリカ先住民部族の本拠地でもあります。

牛乳やヨーグルトの生産過程が見れる!雪印メグミルク野田工場の工場見学

雪印メグミルクでは全国の工場で見学をすることができます。 ここでは千葉県の野田工場での工場見学について紹介します。

夏休みに家族で旅行したい岐阜県のおすすめスポット3選

岐阜県といえば合掌造りでおなじみの白川郷などがありますが、白川郷だけが岐阜県の観光地ではありません。 岐阜県に旅行する場合、特に夏休みに旅行する時こそ、ぜひとも行きたい場所がいくつもあり、知っておきた …

楽天モーションウィジェット