バーリントン(アメリカ・バーモント州)のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国東部の、ニューイングランド地方にバーモント州があり、州北西部にバーリントン市があります。

人口4万人弱でありながら、州最大の都市です。アメリカ合衆国バーモント州バーリントン市に、観光で訪れたときにおすすめのスポットを紹介します。

スポンサーリンク

バーリントンおすすめ観光スポット

バーモント州最大の都市バーリントン北西部に、アメリカで6番目に広いシャンプレーン湖があり、ニューヨーク州およびカナダのケベック州に跨る湖があります。

グリーン山脈(バーモント州)と、アディロンダック山地(ニューヨーク州)の間に位置するシャンプレーン湖ですが、最大深部122 m 、周囲長945kmと日本で最も大きい湖である琵琶湖の、およそ4倍もの大きさで、バーモント州とニューヨーク州を2つに分ける湖です。

湖内では、夏はヨットやウインドサーフィンを楽しむ観光客が、国内外から訪れます。湖畔のダウンタウンは、シャンプレーン湖を見下ろす傾斜地で、神戸ベイエリア外国人居留地のような雰囲気の漂う、レトロな感覚を残したストリートが広がり、お買い物やグルメを楽しむ観光客の姿を目にします。

緩やかな傾斜で、レンガ造りの建物が並ぶ、歴史と文化を感じさせる街並みで、お祭りやその他イベントも行われる楽しい街です。

外国人観光客の一番人気として、クルージングがあり、雄大な山と湖を船上から見ながら、グルメを楽しむのも良いでしょう。

グルメとビールを楽しむ観光

バーモント州には、クラフトビールをつくる醸造所が多く、醸造所巡りが人気が高いです。クラフトビールとは、大手メジャービール会社ではなく、小規模で伝統的手法でその地でしか生産されていない特別なビールであり、まさにバーモント州には、クラフトビール醸造所が多いのです。

15種類の、味も色も香りも異なるビールをテイスティング出来、ビール好きにはたまらないツアーとなります。ツアーの利用で、ツアーガイドによりクラフトビールの醸造法や味の特徴、製造の歴史など様々な説明がされ、食事が付いたツアーもあります。

ビール工場見学と共に、チョコレート工場の見学ツアーも人気で、甘味と香りが強い「レイク・シャンプレイン・チョコレート」の製造工程や、出来立てのチョコレートの試食は、女性の観光客に人気です。

バーリントンのシティーホールパークでは、毎週土曜の朝にファーマーズマーケットが開催され、新鮮なフルーツや野菜、チーズやパンと自然食品のマーケットに、地元の人が食材探しに集まります。

チベット料理やネパール料理、モロッコ料理、イタリア料理と世界の料理店が軒を並べ、地元の人は元より、その珍しさに観光客が足を止め、グルメを楽しむ姿を多く見ます。

バーリントンまでの所要時間

日本からバーリントンまでは、東京(成田、羽田)、名古屋(中部国際空港)、大阪(関西国際空港)から直行便および、トランジット便が就航しています。

トランジットは、日本からデトロイトおよびニューヨークを経由し、バーリントンへ行く乗り継ぎを利用する乗客が多いです。また、東南アジアのキャリアでは、香港経由の場合、東南アジアの観光客を含む乗客が多いです。

直行便でおよそ12時間から13時間、トランジットで経由地での給油や貨物の搭降載などのインターバルおよそ2時間を含め、3時間半程度の延長で15時間から16時間かかります。

日本からニューヨークまでの直行便で12時間から13時間で、ニューヨーク観光と宿泊を含んだツアーでは、鉄道での移動経路で9時間の電車の旅を楽しむツアーもあります。

国内線で、ニューヨークからバーリントンまで1時間半の移動時間が、電車での移動となると9時間もかかりますが、アメリカ大陸を横断する列車の旅は、様々な光景を楽しめるものとして人気が高いようです。

長距離での空の旅となるため、利用する旅客機は中型以上の旅客機が多く、航空会社ごとにバラエティーに富んだ機内食や、サービスのおもてなしが楽しめるでしょう。

バーリントンでの物価

アメリカ合衆国は、日本の国土の25倍ほどで言われ、50の州都と連邦区により構成された連邦政府であり、州により異なる物価です。

アメリカでもっとも物価が高いのが、ニューヨーク州です。 ニューヨークは、世界の金融や経済の中枢と言われる場所で、ワールドトレードセンターのあるマンハッタンの高層ビル群は、アメリカで最も地価が高い地域となります。

次に物価が高いのが、サンフランシスコです。 ニューヨークが東京都心とすると、サンフランシスコは大阪や神戸のような、首都とは異なる都市部に例えられるでしょう。

日本でも、東京と地方の物価は異なり、とくにサービスや飲食などの価格の違いが大きく、日用雑貨や一般食品などの価格はほぼ一緒と言えます。 アメリカでもその条件は同様で、地価が高い場所での飲食やサービスは、人件費や家賃などの固定費を考えて、高めの設定となっています。

バーモント州は、ニューヨーク州に比べるとやや物価が安いですが、サービス業で働くスタッフは、チップも収入として生活の糧としているため、日本との違いがあるでしょう。

アメリカは、全般的に日本よりも物価が高いですが、現地の人の収入も日本と比べて高いです。しかし、陸での移動手段であるタクシー代を比べると、日本が圧倒的に高いです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

新潟県のおすすめ旅行スポット

米どころとして有名な新潟県ですが、海や山など自然豊かな地域です。 花火大会も有名ですが、他にもたくさんの見どころポイントがあります。

一人旅にもオススメ「韓国」は魅力がいっぱい!

最近は、LCCなどが充実してきたこともあり、昔より気軽に旅行に出掛けることが出来るようになってきました。 そのこともあり、一人旅に人気が出てきましたが、行こうと思いながら、なかなか一人では怖くて、踏み …

ボイジー(アメリカ・アイダホ州)のおすすめ観光スポット

ボイジーは、1890年にアメリカ合衆国の43番目の州として加わったアイダホ州の州都であり、経済や工業の中心地でもあるこの州の中で最大の都市です。

花を愛でる!千葉県鋸南町のおすすめ観光スポット

スポンサーリンク 日本の三大水仙の産地 千葉県の鋸南町 千葉県の南房総にある鋸南町は水仙の群生地としてよく知られています。 越前、淡路と並んで水仙三大産地の1つとされ、毎年約1000万本もの水仙の花が …

付き合いたてのカップルにぴったり!岩盤浴デート

カップルがデートをする時、毎回行く先を決める事は悩みの種だったりします。 特に付き合いたての場合は慎重になるものですからどこへ行こうかと余計に悩むものです。 しかしそんな時におすすめのデートスポットが …

楽天モーションウィジェット