千葉県のおすすめ旅行スポット

関東地方に属する千葉県は、房総半島と関東平野の南部にまたがる地域で、日本で唯一、海抜500m以上の山地がない県でもあります。

そんな千葉県のおすすめスポットを、いくつかご紹介致します。

スポンサーリンク

ここだけは行っておきたいおすすめスポット

様々な魅力を持つ県

千葉県は、全体的に海に面しており、東京湾や相模湾、太平洋など様々な場所に接しており、それぞれで魅力が異なります。

また、川に面している地域では江戸時代からの貿易で発展し、独自に作られてきた文化に接することができることから、同じ千葉県でも別の顔を持つ地域が存在します。

まず行っておきたいおすすめスポットは、館山です。館山までは、高速道路で都内から1時間半~2時間程度で行くことができ、東京湾アクアラインを使えば、横浜周辺に住む人も、同じだけの時間で行くことができるエリアとなっています。

マリンスポーツ、ダイビングなどができるだけでなく、鋸山があり、そこで体験できる地獄のぞきは、せり出した崖の上から下をのぞくことができ、スリリングさを味わうことが可能です。

食べ物もおいしく、どの季節に行っても楽しむことができる場所となっています。

次に、銚子です。銚子は、車でも電車でも行くことができる場所であり、最近はテレビでも頻繁に取り上げられ、映画の舞台にもなる有名なエリアです。

特に銚子電鉄は、全国的に有名で、銚子電鉄に乗るためだけにやってくる人、銚子電鉄の車両を撮影するために来る人などで、休みの日は観光客も多くいます。

館山同様、海の幸にも恵まれ、マリンスポーツもたくさん行われており、サーフィンで楽しむ若者が1年中いるほどです。

山の緑などに囲まれたい場合は、マザー牧場がおすすめです。マザー牧場では、牛と触れ合うことができるのはもちろん、バンジージャンプが楽しめたり、園内で売られているソフトクリームが格段にうまく、子供連れでもカップルでも楽しめる場所になっています。

季節ごとのおすすめスポット

春のおすすめスポットは、富津海岸です。千葉県富津市では、この時期から潮干狩りが解禁され、朝早くから大勢のお客さんが集まり、潮干狩りを行います。

実際に日帰り旅行として、数十台以上のバスが駐車場に集結することもあり、春から初夏までの過ごしやすい時期に、潮干狩りを楽しむ人が大勢集まるため、旅行の際には潮干狩りを体験し、その後で近くのお店であさりの味噌汁を堪能するというのが、おススメです。

夏はやはり、九十九里海岸が最適です。高速道路で近くまで行くことができ、何十キロにわたって海岸があるため、どこかの海岸で必ず泳ぐことができます。神奈川方面だと、帰りに大混雑をする光景を見ますが、そうした心配もないため、多少遅くまで遊んで帰ることも大丈夫です。

秋になると、ふなばしアンデルセン公園の花の豊富さに驚かされます。

アスレチックもあるなど、公園としての要素が強く、他の人気テーマパークを抑えて上位にランクインするなど、注目を集めており、ここに足を運んだあと、近くにあるショッピング施設などに足を運ぶなどして、1日中船橋周辺で遊ぶことも可能になります。

千葉県における冬のおすすめスポットは、東京ドイツ村です。こちらは冬になると、大規模なイルミネーションを見ることができます。また、車で行く場合、イルミネーションの期間中は、駐車場代さえ払えば入園料は無料になります。

旅行のついでに訪れ、イルミネーションに感動することができるため、カップルはもちろんのこと、旅行帰りの家族連れにも好評です。

千葉県には、季節を問わず魅力を発揮する場所が多く、飽きることはありません。

千葉県で食べられるご当地グルメと名産品

千葉県の名産といえば、落花生を思い浮かべる人がいますが、それだけが名産品、お土産品ではありません。

例えば、房総半島ではビワが名産であり、ビワに関する商品がたくさん存在します。特に、道の駅で食べることのできる「びわカレー」は、一度食べると病みつきになるほど、びわの甘さがカレーとうまくマッチして、とてもおいしいと評判です。

海の幸は、鮮度がいい状態で食べることで、よりおいしくなりますが、特になめろうは、鮮度がよくなければすぐに味が落ちてしまうため、現地で食べることが大切です。

実は、なめろうというのは、千葉県の郷土料理であり、房総半島で古くから食されてきました。

このため、館山や勝浦などで水揚げされたあじなどをなめろうにし、それでご飯を食べれば、何杯でもおかわりをすることができるほど、鮮度のいいものを食べることができます。

その勝浦で食べることのできるご当地グルメに、勝浦タンタンメンがあります。本来のタンタンメンとは一線を画し、店によっては味噌ベース、醤油ベースのタンタンメンを食べることができるため、食べ比べをするのもおすすめです。

また、勝浦ではカツオの水揚げ量が多いため、カツオ料理が多いのも特徴です。勝浦は館山や銚子などに隠れ、あまり目立たない存在ではありますが、ご当地グルメに限れば、千葉県随一の場所であることは明らかです。

千葉県でしか食べられないものとしては、クジラ料理があります。関東唯一の捕鯨基地があり、決まった量のクジラが水揚げされます。

そこではクジラの刺身や竜田揚げなど、40代以上の人には懐かしいものが揃っており、給食で食べたことがない子供と一緒に訪れ、クジラを食べて懐かしむのも旅行先での思い出となります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-

関連記事

シャイアン(アメリカ・ワイオミング州)のおすすめ観光スポット

ワイオミング州・シャイアンは、アメリカの西部を横断するロッキー山脈がある州で、都会からはかなり距離がありますが、自然が溢れていてとても魅力的な街です。 アメリカで9番目に大きい州で、日本の本島と同じぐ …

お米から煎餅になる工程が見れる!草加煎餅丸草一福の工場見学

おいしいと長年人気の草加煎餅の丸草一福ですが、こちらでは生産工程の見学をすることができます。 埼玉県へ旅行することがあれば、せっかくなので足をのばしてみてはいかがでしょうか。 せんべいの手焼き体験をす …

愛媛県のおすすめ旅行スポット

みかんで有名な愛媛県は、瀬戸内科に面した、四国地方にある県です。 そんな愛媛のおすすめおすすめスポットをいくつかご紹介致します。

ポーランド旅行のおすすめ観光スポット

ポーランドというと、聞いたことはあるけど、どこにあるのかいまいちわからないという人が多いですが、ヨーロッパでも有名諸外国に比べて、広い国土を持つ国です。 位置は、ドイツの東側に位置しています。その広い …

夏休みに家族で旅行したい富山県のおすすめスポット3選

日本海側にある富山県には、見ごたえのある世界遺産や幻想的な景色が広がるスポットがあり、親子揃って楽しめます。 夏休みの旅行でどこに行こうか迷っている時は、魚介類やごはんが美味しい富山県に足を運んでみて …

楽天モーションウィジェット