ハノイ(ベトナム)のおすすめ観光スポット

ハノイは、ベトナムの首都であり、ホーチミンに比べて目立っていませんでしたが、近頃では著しい発展に伴って、多くの外国人観光客も訪れている観光地です。

スポンサーリンク

小さな街にもある観光スポット

ハノイの街は、こじんまりとした小さな街ですが、歴史のある寺院や建造物などの観光スポットも、点在しています。観光スポットによっては、服装や手荷物などに厳しい制約があるところもあるので、それに従って観光しましょう。

ハノイでおすすめの観光スポットをいくつか紹介します。

1070年に建立された文廟は、ベトナム最古の大学が設置された場所でもあります。それだけに、今でも学問にご利益があるということで、多くのベトナム人が参拝に訪れている場所ですので、参拝してご利益を授かってはいかがでしょうか。

フランス統治時代を物語るハノイ大教会は、フランスの植民地支配が始まった1988年に建てられた、市内で最大の教会です。パリのノートルダム寺院のミニチュア版にふさわしい外観で、施されたステンドガラスや、正面入り口の上に設けられたバラ窓が、大変に素晴らしい教会です。

観光地の出発点とも言われているホアンキエム湖は、神から授かった宝剣を、巨大な亀が湖面に出て王から取り戻し、それを咥えて湖の中に去って行ったという伝説があります。この湖は、漢字で還剣湖と書かれるのは、それが由来と言われています。

湖畔には、ジョギングやエアロビクス、読書などを楽しむ地元の憩いの場でもありますので、地元の人と混じって、ゆったりとしたひと時を過ごせるおすすめのスポットです。

ベトナム料理ならぬハノイ料理を堪能

海外旅行の楽しみは、観光スポット巡りはもちろんですが、はやり何といっても、その国の料理を味わうことと言えるでしょう。

ベトナム名物の料理と言ったら、真っ先に思い浮かべるのは生春巻きやフォーですが、ベトナム料理はひと言では言い尽くせないほど、多岐にわたっており、地域によっても味付けが異なったりし、それぞれの地域には郷土料理があります。

ハノイの美味しい郷土料理は、市内の屋台や食堂、レストランなどどこでも食べられますので、食べ比べや食べ歩きにおすすめです。中でも、代表的な料理を紹介します。

ベトナム料理で最も代表的なフォーは、実はベトナム北部が発祥で、誰しもが美味しいと評価されています。南部のホーチミンのフォーと比べて、さっぱりとした味付けが特徴です。

フォーの綴りのあとに、Boとなっていたら牛肉、Gaとなっていたら鶏肉ですので、お好みに合わせて注文してみてください。

専門店で食べられるチャーカーラーヴォンは、一般的には雷魚などの川魚を使いぶつ切りにして、鍋にいれていくつかの香草と一緒に油で混ぜて炒めたものです。お椀に米粉麺のブンを敷いて、そのうえに炒めた魚と香草をのせて、マントムというタレをかけて食べます。

香草の香りが、川魚独特の臭みを消していますので、美味しくいただけるおすすめの一品です。

ベトナムが近く感じる快適な直行便

日本からハノイには、成田や羽田、関空など国内の主要国際空港から直行便が運航していますので、一本で楽にノイバイ国際空港まで行かれます。いずれの空港からも、ベトナム国営航空会社のベトナム航空が利用できます。

ベトナム航空以外でも、成田国際空港からは日本航空、羽田空港からは全日空の直行便が運航しています。

フライト時間は、成田から約6時間30分、羽田から5時間30分、中部から5時間55分、福岡から4時間55分となっています。このほかにも、タイ国際航空でバンコク経由、マレーシア航空でクアラルンプール経由、チャイナエアラインで台北経由で、乗り継ぎ便でもいくことができます。

格安航空のエアアジアXでも、クアラルンプール経由で行く事もできますが、航空運賃のほかに、受託荷物料金や機内飲食料金がかかりますので、プロモーションで激安な場合のほかは、割高になる可能性もあります。

出発する時からベトナム気分を味わうには、ベトナム航空を利用するのがおすすめです。エコノミークラスであっても、離陸後すぐにはソフトドリンクなどの飲み物サービスがあり、ソフトドリンクだけでなく、ワインやビール、カクテルなどのアルコールのサービスもあります。

機内食も2種類からお好みで、和食や洋食も選べるほか、映画や音楽などモニターでエンターテイメントも楽しめます。充実したサービスで快適に過ごせば、あっと言う間にベトナムに到着です。

日本に比べたらまだまだ安い物価

東南アジアへの海外旅行は、ハワイオーストラリアに比べて、旅費も安いことから人気です。とはいえ、どこでもすごく安いわけでななく、行き先の国によっても物価状況はさまざまですので、事前に相場などをチェックしておくことは大切です。

ベトナムは、東南アジアの中でも物価が安い国として評判でしたが、現在ではその物価も急上昇しているのが現状です。それでもまだまだ日本に比べると、物にもよりますが3分の1から4分の1の物価です。

ベトナムでは、自国通貨にドンを使っており、1ドンが日本円換算すると約0.0057円ほどです。

具体的にみると、タバコの高い日本では、マルボロがベトナムでは約130円から180円ほど、庶民的な食堂でフォーは1杯約150円ほど、缶コーラが約50円ほどなのが相場ですが、経済状況によっては変動することを知っておきましょう。

ベトナムでは、定価はいったい幾らなのかと思うことも多くあります。ショッピングモールなどの店舗を除き、一般的な商店街にある商店では、いい値を言われ交渉で値引きにより、そこで買った値段がGood Priceとなります。

そのため、ベトナムでもおおよその値段などは、事前に空港などで確認しておきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

アムステルダム(オランダ)のおすすめ観光スポット

オランダのアムステルダムは、外国からのアクセスもよく、空港や鉄道駅などがある都市になります。 特に中央駅は日本の東京駅のモデルになった駅であり、似た雰囲気を持つことから、日本人にはなじみのあるおしゃれ …

地元民おすすめ!愛知県旅行の穴場スポット3選

愛知県には、多くの人が旅行の際に訪れる定番のスポットが、中部地方を代表する大都市である名古屋を始めとして、それ以外の地域にもいくつもあります。 しかしそういったスポットではなく、地元民がおすすめする穴 …

フィラデルフィア(アメリカ・ペンシルベニア州)のおすすめ観光スポット

フィラデルフィアは、アメリカ合衆国ペンシルベニア州南東部にあり、この州最大都市で北米有数の世界都市です。 かつては、アメリカの首都でありアメリカの独立宣言を行われ、アメリカの歴史では外せない街です。

メキシコ旅行のおすすめ観光スポット

メキシコというと、国としてはよく聞きますが、日本人の海外旅行先としてはそれほど認知されていません。しかし今、カンクンという高級リゾート地が注目を集めています。

夏休みに家族で旅行したい栃木県のおすすめスポット3選

自然がいっぱいの栃木県は、夏休みの旅行で家族が楽しめるスポットがたくさんあります。 好奇心いっぱいの子供を飽きさせない場所や、幅広い世代が満足できる旅行先を選んで、家族の絆が深められる旅行プランを立て …

楽天モーションウィジェット