ヒューストン(アメリカ・テキサス州)のおすすめ観光スポット

テキサス州のヒューストンにある、世界的な観光スポットとして知られているのが、ヒューストン動物園です。

海外の動物園には行ったことがないという方も多いかもしれませんが、そのエリアの性質がよく現れており、特にここの動物園では、テキサス州の広大な自然が凝縮されています。

スポンサーリンク

自然を強く感じられる動物園

爬虫類センターや、4Dシアターなどの施設の充実はもとより、動物が生き生きとしているのも魅力です。もう1つの人気スポットが、ガレリアです。ガレリアにはショッピングモール、レストラン、コンサートホールなどが集まっています。お土産を買うのはもちろん、自分へのご褒美などを買うにも、うってつけのエリアです。

メニルコレクションや、ヒューストン美術館といった芸術に関する施設もたくさんあります。アメリカ国内の中でも特に珍しい施設としては、国立葬儀史博物館があります。ここでは、アメリカの歴史における葬儀にまつわる資料が、たくさん展示されています。葬儀というと暗いイメージがあるかもしれませんが、ここではあくまで歴史的な資料として取り扱っているため、陰気な雰囲気はありません。

アメリカの歴史を学ぶことにも繋がるので、興味のある方は是非訪れてみることをお勧めします。

ボリューム感のある料理の数々

テキサス州を代表するグルメと言えば、やはりステーキが有名です。ヒューストンには、ボリューム感のあるステーキを提供するお店がたくさんあります。栄養のバランスが気になる方は、サラダバーなどを同時に注文することをお勧めします。

見た目も印象的なハンバーガーも、ヒューストンのグルメの1つであり、大きなハンバーガーが挟んであるので、インパクトがあります。ステーキやハンバーガーといった、ボリューム感のある料理が苦手な方向けとして、ヘルシーなメニューを用意しているお店もあります。

アメリカ国内でも、最近ではヘルシー志向が進んでおり、決してハイカロリーなお店ばかりではありません。ハンバーガーショップの中でも、天然素材にこだわったお店もあります。日本人観光客から、テックスメックス料理も人気を呼んでいます。

テックスメックス料理とは、メキシコ風のアメリカ料理を示す言葉であり、これはメキシコとの距離が近いテキサス州ならではの料理です。そもそも、メキシコ料理は日本人との相性がよく、それがアメリカンに仕上がっているので、現地の空気感も味わえます。

トウモロコシをよく使用していることから、カロリーが控えめなのも大きな特徴と言えます。

直行便が非常に便利です

テキサス州のヒューストンまでは、直行便が出ています。ユナイテッド航空を利用すれば、約12時間ほどで訪れることができるので、アメリカの中では訪れやすい地域と言えます。

他にも、メキシコシティを経由するルートがあり、その場合はメキシコシティまでが12時間程度、メキシコシティからヒューストンまでは2時間程度かかります。トータルでは14時間程度かかるので、メキシコシティに訪れる理由がなければ、経由するメリットはこれといってありませんが、メキシコ観光を兼ねる場合もあります。

ヒューストンからはアメリカの他の都市を訪れやすく、例えばジョージタウンまでは2時間程度で到着します。ブラジルのリオデジャネイロまでは、10時間程度で訪れることが可能です。北米と南米の両方を観光したい方には、お勧めです。

他にも3時間足らずでグアテマラシティ、1時間半程度でモンテレイなどに行くこともでき、観光の拠点としても機能しています。テキサス州のみを観光するのはもちろん、他の都市も合わせて訪れやすいのも魅力です。

せっかくの機会なので、国や地域を問わず幅広いエリアを旅行してみるのも、素晴らしい経験になります。文化の違いも、見えてきます。

低めの物価が大きな魅力

テキサス州は、アメリカの他の州と比べても物価が低いことで知られ、日本人が移民先に選ぶ地域としても人気があります。具体的には、宿泊費や食費が安めになっており、特にニューヨークやロサンゼルスなどの大都市と比べると、その差は歴然です。

テキサス州では、農業が盛んに行われているので食料品の絶対数が多く、結果的に価格も安くなっています。それらを仕入れているレストランでも、料金が低めになっている傾向があります。テキサス州内には、ヒューストンを始めとして他にも、サンアントニオやフォースワースなどの大都市があるため、物価が低いからといって不便なわけでもありません。

唯一の問題は、テキサス州があまりにも広大であることです。テキサス州は、日本の2倍程度の面積があり、移動に費用がかかりがちです。そのため、旅行を計画する段階から、ある程度訪れるエリアを絞っておくことをお勧めします。

ヒューストンだけでも相当な広さがあるので、どのスポットを訪れるかは明確にしておきましょう。交通費だけに気をつけていれば、あとは食料費や宿泊費はそれほどかからないので、お得な観光都市と言えます。

アメリカ観光における、穴場の都市として挙げられることもあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

「SeaWorld」でマリンスポーツを楽しむ!

沖縄に行くなら、マリンスポーツを楽しみたいという方も多いことでしょう。そんな方におすすめなのが、海で遊べるさまざまなアクティビティが、揃っているSeaWorldです。 沖縄の海は透明度が高く、ダイバー …

イルミネーションがオススメ!「西武園遊園地」のみどころ

どこか旅行に出かけようと思った時に、行き先に迷ったら、気軽に遊びに行くことができる、西武園遊園地を選んでみてはいかがでしょうか。 遊園地は、子供から大人まで楽しむことができるテーマパークであり、誰もが …

一度は利用したい!露天風呂付客室の楽しみ方

冬になると旅行で温泉地にでかけるという人が多く、旅館等にとっても繁盛期とも言えます。 そんな温泉地では、露天風呂付き客室というものがあり、いわば特別室のようなもので、優雅でのんびりとした時間や至福の時 …

ニューデリー(インド)のおすすめ観光スポット

ニューデリーは、広大な国土に12億の人口を持つ世界最大の民主国家であるインド共和国の首都で、インド共和国の北部に位置しています。 イギリスが1600年に東インド会社を設立し、1911年に古都デリーを押 …

国内旅行用バッグの選び方

国内旅行と一口に言っても、いろいろなタイプがあります。行き先や目的に応じて、必要なバッグを選びましょう。

楽天モーションウィジェット