兵庫県のおすすめ旅行スポット

近畿地方に属する兵庫県は、 南北に長く、北は日本海、南は瀬戸内海の2つの海に、接しています。

そんな兵庫のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

スポンサーリンク

兵庫へ行くなら、ここがおススメ!

世界遺産姫路城は外せません

兵庫県の旅行で欠かすことができないのが、世界遺産となっている姫路城です。天守閣が現存する数少ないお城であり、白鷺城の名で知られています。

姫路城ができたのが14世紀の鎌倉時代のころで、後に大河ドラマとなった黒田勘兵衛が、城主となっていた時代もあります。

現在の姿になったのは、江戸時代に入ってからのことで、17世紀のはじめの大改築が行われました。

改築をした大名は池田氏ですが、その後国替えとなり、以降は将軍家とつながりの深い譜代大名が治めてきました。明治以降は、軍司施設として使用され、太平洋戦争では姫路の街は空襲にあったものの、奇跡的に姫路城は戦火を免れました。

1993年に日本で初めてユネスコの世界遺産に登録され、世界的に知られるようになりました。

アクセスは、姫路駅の北側から歩いて15分程度、駅から出た時点でその姿が視界に飛び込んできますので、迷うことはないでしょう。

駐車場もありますが、観光シーズンは混雑します。

城の中は一方通行となっており、混雑するシーズンには入場制限が行われることがあります。よって、早めに現地に到着することをおすすめします。

再建された城とは違って、エレベーターなどありません。よって、バリアフリーというものとは縁遠く、急な階段が続きます。小さい子供や足の不自由な人には、行きにくい場所です。

天守閣に登ると、姫路の街や近所の山が一望できます。

姫路城の周りには桜の木がたくさん植わっており、花見のシーズンには桜と名城の組み合わせを求めて、さらにたくさんの観光客が訪れます。

平成の大修理が終わったばかりで、綺麗になった姫路城を是非ご覧ください。

甲子園球場、カニ、温泉など

兵庫県は、日本海と瀬戸内海の両方に面している広大な県であることから、北と南では同じ県とは思えないほどの違いがあります。

但馬国に位置する地域では、冬は雪が降り続き、スキー場がある一方で、瀬戸内側の播磨国側では晴天が続きます。

夏はどこも暑いのですが、とりわけ日本海側ではフェーン現象が起こることがあり、その場合は瀬戸内側よりもはるかに暑くなります。

春は桜の咲く頃に、甲子園球場で選抜高校野球大会が開催されます。全国の野球ファンが、観戦に駆けつけます。

桜の名所も多く、姫路城だけでなく夙川・明石城・王子公園など県内各地に点在しています。

また、但馬地方ではチューリップ祭が開かれ、一面のチューリップ畑で春到来を実感できることでしょう。

夏は、日本海・瀬戸内海ともに海水浴シーズンとなります。兵庫県には海水浴場が数多くあり、夏休みの旅行にはぴったりです。

また、甲子園球場では、夏の高校野球選手権大会も行われます。非常に暑い会場ですが、外野席は無料なので、1日中お金をかけずに過ごすことができますので、1度足を運ぶことをおすすめします。

秋は、有馬温泉や六甲山の紅葉が見事です。また、篠山市などの丹波地方では、秋の味覚、栗や黒豆の収穫が行われます。

これを求めて遠方から、買いに行く旅行客で賑わいます。本場の味は、一味違いますのでおすすめです。

冬は、日本海側の各地にあるスキー場が、オープンします。

標高があまり高くないため、雪質としては信州には劣るものの、京阪神からのアクセスがよく、帰り道には城崎温泉でカニを食べる、というのも楽しい旅行となるのでおすすめです。

洋菓子王国神戸、神戸牛、穴子、南京町など

県都神戸は、古くから外国文化との接点があったため、西洋の食文化が早くから取り入れられていました。

そのため、街のあちこちに、昔からの老舗パン屋さん、ケーキ屋さんが多数営業しており、洋菓子の街神戸として知られています。

チェーン店でなく、個人経営のショップが多いので、個性豊かであり、撰ぶのに苦労するほどです。神戸市にとどまらず、東隣りの芦屋市、西宮市、宝塚市も同様の傾向にあります。

兵庫県は和牛の横綱、神戸牛の本場でもあります。牛の生産は、但馬地方で行われていることが多く、日本海側にもおいしい和牛のお店があります。

ステーキはなかなか手が出ないと言う人は、肉屋さんで細切れとか安い部位の肉を、買い求めるのもいいでしょう。神戸牛の牛丼を家で作ると、よそとは明らかに美味しさが違います。

瀬戸内側での海の幸としておすすめなのが、明石のタコと姫路の穴子です。

前者は、明石焼きと呼ばれるタコ焼きの一種としても有名で、大阪にもあまり見かけないので、兵庫県ならではの味です。

後者は、穴子めしとしてお弁当が売られています。ウナギが高嶺の花となったこともあり、よく似ている穴子に人気が集まっています。

南京町は、JR元町駅近くにある西日本最大級の中国人街です。本場の中国料理店が多数たち並び、味を競い合っています。

南京町以外にも、三宮駅周辺には中国人が経営している中国料理店が多く、いずれも観光客物価ではなく、味にうるさい地元の人をターゲットにした商売をしています。

兵庫県旅行のお土産として有名なのが、有馬温泉の炭酸煎餅です。薄く焼かれた煎餅で、淡泊な味が特徴です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-,

関連記事

地元民おすすめ!福井県旅行の穴場スポット3選

福井県の知名度はそれほど高くはありませんが、幸福度でにおいては全国1位! 福井育ちの人なら福井の良い所を沢山知っていますよね。 豊富な自然がある、素敵なスポットがある、旅行の醍醐味でもあるグルメも楽し …

知識が広がる!お札と切手の博物館の魅力とは?

各線王子駅から徒歩5分、明治通り沿いにあるお札と切手の博物館は、独立行政法人国立印刷局の運営によるお札や切手、印刷技術の歴史と現在を学べる資料館です。

世界遺産・白川郷のおすすめ観光方法

白川郷は日本を代表する世界文化遺産の一つで、外国人観光客にも人気がある観光地です。 岐阜県の飛騨高山、石川県金沢、富山県からも来ることができるので、それぞれの観光地を巡りながら来ることのできるため、旅 …

冬の名物!北海道の札幌雪まつり

北海道の冬はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツの他にも、札幌雪まつりを代表する冬のイベントも大変人気があります。 現在、道内では20を超える冬のイベントが例年開催されています。 一番人気の札 …

日帰りの国内旅行で持っていくべき持ち物リスト

日帰りの国内旅行ということもあり、そこまでたくさんの荷物、持ち物は必要ではありませんが、それでも忘れてはならないアイテムというのもしっかりと存在します。

楽天モーションウィジェット