カンザスシティ(アメリカ・ミズーリ州)のおすすめ観光スポット

ミズーリ州のカンザスシティの中でも、特に人気のスポットとなっているのがカントリークラブプラザです。

スポンサーリンク

何でも揃うカントリークラブ

ここには、ブランドショップやレストランが軒を連ねており、代表的なお洒落スポットと言えます。定期的にイベントが開催されており、そちらも人気のポイントとなっています。

ネルソン美術館も多くの観光客が訪れている場所で、東洋美術や中国美術などに関する、豊富な作品が収蔵されています。巨大なバドミントンのシャトルが、この美術館を象徴的に表していて、是非とも見ておきたいところです。

家族連れを中心に、多くの観光客から人気なのがカンザスシティ動物園です。

ここには、コアラやシロクマといった動物が飼育されています。園内には周回するバスが運行しており、小さなお子さん連れのご家庭でも安心です。その規模は、流石アメリカという広大さを誇っており、日本にいる時とはまた違った楽しさがあります。

他にもTWA美術館、エアラインヒストリー美術館など、一風変わった博物館もあるのが大きな特徴です。劇場に関しても、ストレートシアターを始めとして様々な場所にあり、コンサートや観劇などを楽しむことができます。

ショーの日程は、インターネットを調べておくと便利です。

高級ステーキも人気のグルメ

ミズーリ州のカンザスシティには、カントリークラブを中心にたくさんのレストラン街があります。

特に人気なのがステーキであり、高級なものから一般的なものまで、様々なステーキを味わうことができます。カントリークラブ内にあるレストランでは、主に高級なステーキを取り扱ったお店が多く、ソースまで徹底的にこだわっています。

一方で、カンザスシティの街中にあるステーキハウスは、いわゆるアメリカらしい迫力のあるステーキを味わうことができて、ボリューム満点です。他にもハンバーガーやフライドチキンといった、アメリカン料理を味わうことができます。

一方で、ヨーロッパ各国の料理を扱ったお店もたくさんあります。最もよく見かけるのが、イタリアンの専門店です。ピザやパスタの味付けは、日本で親しまれているものとやや異なっており、同じようなメニューを食べても、新鮮な気分を感じられます。

中には、日本料理を提供しているお店もあります。

高級店は、一般的な量で提供されていますが、大衆向けのお店では、一人前の量が多めとなっていることに注意が必要です。小さな子供に注文する際には、大人と分けるなどしておくと、残す心配がなく量に困る可能性も低いです。

シカゴかサンフランシスコを経由

ミズーリ州には、日本からの直行便が出ていないので、アメリカの別の都市を経由するのが一般的となっています。

最も経由地として利用されることの多いシカゴへは、成田空港から約12時間で到達します。その後、シカゴからカンザスシティへと移動すると、1時間半ほどかかります。

つまり、トータルのフライト時間は、13時間半程度となります。

他にも、サンフランシスコを経由するルートがあります。成田空港や羽田空港からは、サンフランシスコまで10時間くらいで行くことができます。しかし、サンフランシスコからカンザスシティまでは、3時間半程度かかり、フライト時間は合計で13時間半程度となります。

そのため、シカゴ経由でも、サンフランシスコ経由でも、所要時間に差はほとんどありません。

カンザスシティへの便と、時間が噛み合わない場合には、ミズーリ州のセントルイスへとフライトし、そこから鉄道でカンザスシティに向かうこともできます。ミズーリ州内の他の都市を活用することで、効率的な観光が可能となります。

シカゴからは、鉄道を活用しても移動することが出来ますが、7時間程度かかるので、早く移動したい場合にはあまりお勧めできる方法とは言えません。

物価は低めですがブランドショップは別格

ミズーリ州は、それほど物価の高い地域ではなく、出費を抑えつつ観光するにはうってつけです。

カンザスシティはもちろん、セントルイスなども物価は低めであり、ニューヨークなどと比べると、大きな差があります。特に安いのが食料品です。

旅行において、スーパーなどで食料品を購入する機会は少ないかもしれませんが、レストランでもその安さを実感することができます。肉類やジャガイモなどが安いので、特にお勧めです。

一方で、日用品に関しては平均的な水準で、それほど安くはありません。ただし、観光中に日用品を購入する機会は多くないはずなので、別段気にならない可能性が高いです。

衣類などを買い足すと、少し出費がかさんでしまうので、お土産でない限りは、日本で買い揃えておくと安心です。

カントリークラブ内にあるブランドショップでは高級品が売られており、ここでの価格は他のお店とは別格になっています。ブランドに関しては、地域の物価よりもお店の種類によって変わるという性質があります。

それゆえにミズーリ州だからと言って、高級ブランドが安く買えるとは限りません。海外でブランド品を買うときは、相場が分かりにくいので、よく調べてから買うようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

夏休みに家族で旅行したい岩手県のおすすめスポット3選

岩手県は都道府県の中で、北海道に次いで面積の広いところです。 東は太平洋に面し、西は奥羽山脈へと続く広大な地域です。 夏休みの旅行では、岩手県の全域を一度で廻るのは無理があります。 ポイントを定めて、 …

弘前公園の桜をお花見バスツアーで楽しもう!

日本全国に桜の名所と言われる場所は無数にありますが、東北人の私としては、やはり青森県の弘前公園の桜が日本一と言い切ります。 敷地の規模や何種類もの桜、何と言っても手入れが行き届いてる樹齢何百年と言う木 …

雨が降っても大丈夫!東京ワンピースタワーの楽しみ方

東京旅行に来たけれど、雨が降ってしまい、楽しみにしていた街歩きができないというときは、家族みんなで楽しむことができる施設を訪れてみてはいかがでしょうか。 東京では雨でも楽しめる屋内の施設が多数あります …

秋田県のおすすめ温泉地3選

秘湯と呼ばれる温泉が多い秋田県は、自然が豊かで落ち着いた環境で滞在できるので、湯治を目的とした旅行にも最適です。 以前は、宿に長期間滞在して体調を整えていた湯治ですが、ストレス社会で体調を崩しやすい現 …

アメリカ・ノースカロライナ州のおすすめ観光スポット

ノースカロライナ州には、アメリカに訪れた際には寄りたい観光スポットが多数あります。体を動かしながら楽しむことができる、施設や地域がたくさんあるのでアクティビティ好きな方には、たまらない州となっています …

楽天モーションウィジェット