キングストン(ジャマイカ)のおすすめ観光スポット

ジャマイカのキングストンへの観光旅行を計画する方の多くは、映画の影響を大きく受けている事が多く、中でもキングストンのジェームズボンドビーチは、人気観光スポットになっています。

スポンサーリンク

映画の有名スポット、ジェームズボンドビーチとは

人気の要因は、映画の登場シーンであるという点が大きいのですが、人工的に整備されたビーチに併設された、熱帯林の存在は自然と人工の調和を見事に再現しており、訪れるだけで心が洗われるスポットとして有名です。

熱帯林の存在は、映画007の有名シーンの場所になっていて、映画ファンの多くは海よりも熱帯林の写真を撮影するといった、変わった現象が起きている程に、ファンの熱量が高い場所でもあります。

ジェームズボンドビーチという名称からか、映画007ファンの視点から景色を楽しむ事もできますが、現地ではジャマイカの有名なミュージシャン達のコンサート会場でもある場所なので、映画や音楽といった複数の芸術コンテンツが作られた場所として、その歴史を肌で感じるのもお勧めの楽しみ方です。

有名な観光スポットであるため、入場料がかかりますが、それ以上に文化の発現地として貴重な場所でもあるので、ジャマイカのキングストンの旅行を計画する際には、必ず訪れる事をお勧めします。

ジャマイカで外せないおすすめグルメ

ジャマイカのキングストンでは、海に隣接している影響もあり、シーフードの絶品料理が、胃袋を満たしてくれる事で有名です。

例えば、観光旅行で多くの方が食べているカリブ海料理のグルーパーフィンガーズは、手軽に食べられる上に、販売しているお店によって、巨大な白身魚を丸ごと揚げているお店もあるので、食べ応えという点でも非常に人気のあるメニューです。

お店によって、タルタルソースやバーベキューソースをつけて食べるのですが、キングストンのお店の中にはオリジナルソースで提供している所もあるので、同じグルーパーフィンガーズでも、お店によって味が違うといった面白い体験を、する事ができる料理でもあります。

さらに、もっと量の多い料理が欲しいという方には、ジャークチキンがお勧めです。現地の脂身の乗ったチキンに、スパイシーな風味のきいたソースは、日頃の生活で発生したストレスを吹き飛ばす程の味わい深さなので、辛い食べ物が苦手な人にもおすすめできる一品です。

反対に、海外でしか食べられない素材という視点で、料理を楽しみたいのであれば、ゴートシチューがおすすめです。名前の通り、ヤギの肉を使ったシチューで、他の肉にはない引き締まりと、さっぱりとした食べ心地がするので、一度体験してみる事をお勧めします。

ジャマイカのキングストンに行くまでの所要時間

ジャマイカのキングストンに行くには、直行便が存在していないため、いくつかの航路を経由していく必要があります。そのため所要時間も、他の観光スポットとして比較して長くなる傾向が強く、日本航空が設定している航路を選択するならば、成田か羽田からトロントに行くまでに12時間から13時間程、トロントから目的地に行くまでに4時間から5時間に加えて、その他待ち時間も含めると一日では到達できない所要時間になります。

一番早く目的地に行くには、アメリカのニューヨークJFKからキングストンの直行便が出ており、所要時間も4時間程とアメリカへの渡航時間も含めれば、一日以内に行くことができます。

ジャマイカに存在している国際空港は合計二箇所で、このうちメインゲートに設定されているのは、モンテゴベイのサングスター国際空港ですが、キングストンにあるノーマンマンレー国際空港でも、所要時間はそんなに変わらないので、行きたい観光スポットに応じて、入国ルートを選ぶようにしましょう。

ただしカリブ島経由でキングストンに行く場合、フライト便が少なく、特にグランドケイマンからの目的地へのフライトは、週に3便しかないので、念入りなスケジュール調整を行うようにしましょう。

ジャマイカの物価を理解した上で買い物を楽しもう

ジャマイカの物価は、2017年現在では水500ミリリットルあたり、1米ドルに設定されているので、日本国内の感覚でいうならば、そんなに違和感のない物価に推移しています。旅行の際に注意したのは、ジャマイカ国内で日本円を両替できる場所はほとんど存在せず、航路によっては両替できる場所さえないので、旅行前に米ドルをジャマイカドルへ両替しておくようにしましょう。

現地で米ドルをジャマイカドルに両替する事もできますが、ホテルや空港等一部両替レートが良くない場所が存在しているので、低料金で旅行を楽しむためにも、事前準備を怠らないようにしておく事を強くおすすめします。

通貨の両替に関して煩わしさを感じるのであれば、クレジットカードが現地の多くで仕様できるため、観光スポットで対応しているクレジットカードを準備するのも一つの方法です。ただし現地では、サービスを受けるためにチップが必要になる事も多く、ベッドメイクやルームサービス等、日本国内で提供されているようなサービスを希望する場合は、現地通貨の所持を欠かすことはできません。

特にタクシーに関しては、長距離移動やチャーターした場合に、料金の10パーセント程のチップが必要なので、旅行の利便性を高めるためにも、クレジットカードと同時に、ある程度の現地通貨を所持しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

地元民おすすめ!富山県旅行の穴場スポット3選

北陸新幹線が開通になったことで、富山県は観光地として人気が上昇しているといわれています。 そんな富山県には、美しい自然、世界遺産などたくさんの観光スポットがあります。 ただ地元民しか知らない穴場スポッ …

初詣にもおすすめな「平安神社」の歴史

平安神社は、神社本庁の別表神社にあたり、平安神宮神社のことで、主祭神は桓武天皇・孝明天皇です。 1895年(明治28年)に、平安遷都1,100年を記念し京都では、平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画 …

花見をするならここがオススメ!大岡川プロムナードのみどころ

大岡川は、横浜市の南部から上大岡を通って、みなとみらいあたりで海に注ぐ小さな川ですが、大岡川プロムナードのおかげで、横浜以外の人にもよく知られている川です。

長崎県のおすすめ旅行スポット

長崎県は、九州地方の都道府県の一つで、五島列島、壱岐島なども含みます。 そんな長崎県のおススメスポットを、いくつかご紹介いたします。 スポンサーリンク 外国と地元の風習が混じり合う街 ちゃんぽん文化の …

日帰りの国内旅行で持っていくべき持ち物リスト

日帰りの国内旅行ということもあり、そこまでたくさんの荷物、持ち物は必要ではありませんが、それでも忘れてはならないアイテムというのもしっかりと存在します。

楽天モーションウィジェット