高知県のおすすめ旅行スポット

四国4県のうちのひとつ高知県は、日本最後の清流とのいわれる四万十川で有名です。

そんな高知県の、おすすめスポットをご紹介致します。

スポンサーリンク

高知に行くなら絶対外せないスポットと、その見どころ

日本最大級の眺め、足摺岬

四国の南に位置する高知県は自然が豊かで、絶対行くべきと言えるスポットがたくさんあります。その一つが、足摺岬です。運が良ければ灯台の下で、アオウミガメが泳ぐ姿が見られます。

高知県の天然記念物にも登録されている、白山洞門という花崗岩でできた海蝕洞は、足摺岬の西方にあり、高さ16m、幅17mという大きさは日本でも最大級規模で、見ごたえがあります。

足摺岬の近くには、日本で初めて海域公園に指定された竜串海域公園もあり、奇岩群やサンゴの群落を眺める事もできるため、足摺岬周辺は高知旅行にオススメのコースです。

日本最後の清流とも呼ばれている四万十川は、大規模なダムが建設されておらず、雄大で開放感があり、ドラマや映画で有名な、佐田の沈下橋の上を歩いたりドライブしたりして、清流と山々の自然を満喫するのもオススメです。

浦戸湾口、龍頭岬、龍王岬に弓状に広がる海岸の背後に、松の緑色が茂り景勝地として有名な桂浜も、ぜひ行っておきたい場所の一つです。

松の碧と白い砂浜、透明度が高い碧い海は散歩をするにも最適です。

安芸市の伊尾木洞は、約300万年前に海中で堆積した地層が隆起し、波による浸食によってできた伊尾木洞という天然の洞窟では、貝の化石が見られるところもあったり、壁面には群生することは珍しいとされている、天然記念物であるシダが約40種類も生えており、こうした風景や差し込む日差しは、とても神秘的で何とも言えない雰囲気があります。

また、がっかりスポットとも言われている、はりまや橋ですが、確かに大きなものではありませんが、風情はありますし近くには土産物店もあるため、話のネタに訪れてみるのもおすすめです。

シーズンごとのおすすめスポットもたくさんあります

高知県には、一年を通して季節に関わらず楽しめるスポットもたくさんありますが、中には特におすすめしたい季節があるスポットもあります。

ヴィラ・サントリーニというリゾートホテルは、ギリシャのサントリーニ島を模した造りとなっており、外観はもちろん、室内の内装や家具、置物なども正確に再現されており、レストランの料理も本格的で、エーゲ海でリゾートを楽しんでいるかのような気分が味わえるため、春から夏にかけてのシーズンに宿泊するのが特にオススメです。

高地市の南東部にある五台山は、桜やツツジの名所として知られているため、日中訪れるのももちろん良いのですが、特にオススメな時間帯は夜間です。

展望台もあり、高知市街を見渡すことができるので、夜景がとても美しく、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。市街からの距離も、ドライブするのにちょうど良い距離なので、デートでディナーの後に、ドライブがてら夜景を眺めに訪れるというのもオススメです。

高知県と愛媛県の県境に位置する四国カルストも、ぜひ訪れてほしい場所の一つです。見渡す限りに続く高原には、牛などが放牧されており、ごつごつとした石灰岩と風車と青々とした大地が広がる風景は、まるで日本とは思えません。

コテージなどの宿泊施設も充実しており、標高1,000mを超える高地なのでとても涼しく、夏に訪れるのがおすすめです。

また、あまり知られていない場所ですが、半島と2つの端によって繋がっている柏島は、車やバイクで渡る事もできる島で、海水の透明度も高いため、春から夏の暖かい季節には自転車でサイクリングをしたり、歩いて散歩をするだけでも気持ちがいい、オススメのスポットです。

旅行には欠かせないご当地グルメと、人気のお土産

旅行には、その土地ならではのご当地グルメや、人気のお土産が欠かせません。高知県にも美味しい物や、喜ばれること間違いなしの人気があるお土産がたくさんあります。

高知のグルメとお土産を語る上で外せないのが、平成浪漫商店街「ひろめ市場」です。

ひろめ市場は和洋中と様々な飲食店が約40軒と、土産屋さんや洋服屋さん、雑貨屋さんなどの物産展が約20軒混在している、大きな屋台村のような雰囲気を楽しむことができます。

旅行が日曜日であれば、高知城下町の追手筋で毎週日曜日に開催されている、日曜市もおすすめです。路上で開かれている市場は、フリーマーケットのような雰囲気で、新鮮な高知の野菜や果物だけでなく、金物や植木などを売っているお店もあり、市民と観光客合わせて、1日におよそ17,000人が訪れており、地元の人と話すいい機会にもなります。

高知名物と言えば、まずはカツオのタタキですが、他にもたくさん美味しい物があります。

例えば、名産としてよく知られているゆずや、文旦のシャーベットやジュースから、焼きナスのアイスといった、意表をつく商品もありますし、フルーツトマト、しょうが、仁淀川の天然鮎、四万十川の青のりなどの定番まで、様々なものがあります。

カツオやゆず、しょうが、青のりなどはご飯のお供やおつまみにできるものから、ジュースやジャム、ドレッシングなど様々な加工品があり、日持ちするものも多いので旅行のお土産に最適です。

土佐鶴をはじめとした地酒も、お土産として人気がありますし、土佐銘菓として有名な「龍馬が行く」や「土佐日記」という和菓子、いもけんぴなども、昔から有名で人気があるお土産の一つです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-

関連記事

和歌山県のおすすめ旅行スポット

近畿地方に属する和歌山県は、日本最大の半島である紀伊半島の西側にあります。 そんな和歌山のおすすめスポットを、ご紹介いたします。

11月におすすめの国内旅行先3選

11月は1年で最も紅葉が美しい季節です。この季節は、紅葉目当てに多くの人々が国内旅行に出かけます。紅葉はもちろん、それ以外も楽しめるおすすめの旅先3か所をご紹介します。 この秋旅に出かけたくなること間 …

香川県のおすすめ温泉地3選

うどん県として注目を浴びている香川県内には、いくつかの温泉地があります。旅館やホテルの入浴施設では、日帰り入浴客にも開放されている所があります。 海が眺められる小豆島や、船乗りの神様として有名な金刀比 …

初心者も気軽に行ける!「早川港」で釣りの魅力に触れよう!

早川港は、神奈川県小田原市にある漁港で、JR東海道線の早川駅より徒歩約3分、距離にして約220メートルの場所に位置しています。

紅葉の名所「白駒池」の景色を満喫!

長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳の湖沼の中でも、白駒池は最も大きく、日本で最高所のところにあります。 標高2115メートルに位置する白駒池は、高知にある湖の中では最大の大きさで、周辺には大自然そのままの …

楽天モーションウィジェット