ロサンゼルス(アメリカ・カリフォルニア州)のおすすめ観光スポット

カリフォルニア州・ロサンゼルスは、世界中でも知られている観光スポットがたくさんあり、数日いても飽きずにまわることができます。

特にビバリーヒルズには、ハリウッドやディズニーランド、ユニバーサルスタジオ、サンタモニカなどがあります。

スポンサーリンク

カリフォルニア州ロサンゼルスで観光をするなら

テーマパークに行くのなら、まずはカリフォルニア州アナハイムにある、ディズニーランド・リゾートのディズニーランド・パークと、カリフォルニア・アドベンチャー・パークの2つがおすすめです。

日本にもあるディズニーランドの、元祖になります。人気のアトラクションも数多く、広い敷地のこのテーマパークは、一日でまわることはできないくらいです。

ユニバーサルスタジオハリウッドは、映画会社であるユニバーサルスタジオの敷地に併設されている遊園地になります。こちらは、アッパーロットとローアーロットに分かれています。アトラクションも数多く、また映画の実際のセット内を見て回ることができる、スタジオツアーも体験することができます。

チャイニーズシアターは、普通の映画館であり、こちらで映画を見ることができるようになっています。観光名所にもなっているのが、こちらにある、ハリウッドの有名人の手形足形がある場所になります。

通りに、手形や足形があるので、好きな有名人のものを探してみるのも面白いものです。

ロサンゼルスで食べたいグルメ

カリフォルニア州のロサンゼルスに行ったら外せないのが、熟成肉のステーキです。日本でも熟成肉はブームですが、現地でアメリカの赤身肉を味わうのもいいでしょう。

カリフォルニア州にも、人気のステーキハウスが点在しています。ロスは、アメリカでも西海岸にあり、海に近いことからもシーフードが有名です。新鮮なエビやマグロ、たこや白身魚、サーモン、テラピアなどを調理するレストランもたくさんあります。

揚げる、焼く、蒸すなどの、いろいろな方法で調理されたシーフードは絶品です。サンドイッチや、タコスにしても美味です。

観光をしてから、気軽にファーストフードを楽しみたいのなら、本場でハンバーガーを食べるのもいいですし、ホットドッグの専門店もたくさんありますし、LAで誕生したフレンチ・ディップサンドもあるので、おすすめです。

フレンチディップサンドは、フランスパンに肉を挟んだサンドイッチですが、肉の煮汁で作ったソースに浸して食べます。具材も好みでポークやビーフ、チキンなど、選ぶことができます。

食事と一緒に飲みたいのが、ビールやワインになります。アメリカはクラフトビールで有名ですが、カリフォルニアのクラフトビールや、世界に誇るカリフォルニアのワインもいただくことができます。

日本からロサンゼルスへ

ロサンゼルスは、日本からもアメリカ本土に行くのに、最も近い方の距離の都市になります。複数の航空会社が就航しているのですが、成田や羽田、そして関空などからでも、10時間前後の所要時間で行くことができます。

成田はデルタ航空やアメリカン航空、ユナイテッド航空、羽田はそういったアメリカ系の航空会社のほかにも、全日空が就航しており、関空では日本航空の便があります。

往路に関しては、10時間前後になるのですが、復路はそれよりも2時間ほど時間がかかります。航空会社によっても若干の違いはあるのですが、12時間程度で戻ることができます。日付変更線をまたぐ形になるので、帰国する際には日にちが一日進むようになります。

時差は、通常の冬時間では17時間になるのですが、3月から11月あたりでは、サマータイムが採用されているので、16時間の時差になります。

日本からのフライトは夕方便か、夜便になるので、現地の到着がその日の午前か、午後に戻る形になります。現地からのフライトは、深夜や午前の便で、翌日の昼間になったりすることになります。

これは、フライトの時間帯によっても違いますが、時差があるので、体に負担がかかりやすくなります。

ロサンゼルスの物価の水準

ロサンゼルスは、アメリカでも大都市として人口が集中しているエリアになります。物価に関しても、全米でニューヨークに続く高い水準になっています。

しかしながら、世界的に見てみると、日本の東京よりは安いと感じるものが多いため、観光などで行った時には、リーズナブルだと思うこともあるかもしれません。

ロサンゼルスはアメリカなので、米ドルを使うことになります。旅行などに行ったときの為替レートにもよるのですが、交通などでは日本よりも安いといえます。タクシーの初乗りでも日本の半分程度になりますし、地下鉄やバスなども1~2ドル程度になります。

気になる食事などに関しては、日本と同じくらいを想定しているといいでしょう。ファーストフードで5ドル程度、カフェで食事をすると10ドル程度、カジュアルレストランでは50ドル程度になります。

ただ、アメリカンサイズになるので、かなり量が多く、ボリュームがあると感じることになりますので、注意が必要です。

ただ、アメリカはチップをレストランで渡す習慣があるので、20%程度はアップすることを忘れてはいけません。スーパーで食品を見てみると、若干日本より割高な気がします。

量が多いということもあるので、量に対しての価格で見ていくようにします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

冬の名物!北海道の札幌雪まつり

北海道の冬はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツの他にも、札幌雪まつりを代表する冬のイベントも大変人気があります。 現在、道内では20を超える冬のイベントが例年開催されています。 一番人気の札 …

備えて安心!海外旅行保険の選び方

日本では救急車を呼んでもお金をとられるということはありませんが、アメリカなどでは救急車を呼ぶだけで10万円以上かかるケースもあります。 そこまではかからないにしても、ある程度の出費は覚悟せねばならず、 …

コンコード(アメリカ・ニューハンプシャー州)のおすすめ観光スポット

コンコードは、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州の州都でもありますが、大変に小さな都市です。 ニューイングランド地方にあるほかの都市と同様に、長い歴史と伝統を誇る都市でもあります。

世界遺産・白神山地のおすすめ観光方法

人工的な人の手の入らない原生的なブナ林が広く分布していることが高い評価を受け、世界自然遺産に登録された白神山地は、青森県と秋田県にまたがる白神山地の中心部にあり、約17,000ヘクタールの広さを誇りま …

地元民おすすめ!栃木県旅行の穴場スポット3選

栃木県に旅行に行くならいろいろな観光スポットに行きたい、という人も多いです。 観光スポットはたくさんあって行ってみたいと思うところもあると思いますが、地元の人がおすすめする穴場スポットも旅行で観光する …

楽天モーションウィジェット