マドリード(スペイン)のおすすめ観光スポット

スペインマドリードに行くなら「プラド美術館」がおすすめです。

緑に囲まれた美しい美術館で、ベラスケスやゴヤなどの作品が多く展示されており、スペイン派やフランドル派などの絵画を見ることができます。

スポンサーリンク

緑に囲まれた美しい「プラド美術館」

絵画は8,600点、彫刻は700点ほどあると言われており、世界有数の美術館です。すべて見て回るのにかなりの時間がかかるので、美術館にはカフェがあるので、休憩をとりながら1日かけて鑑賞するのも良いでしょう。

「マドリード王宮」は、スペイン王室の住まいで、歴代の王たちが暮らしました。床面積はヨーロッパ最大級の宮殿で、アルメニア広場から王宮の全景を見ることが可能です。内装はきらびやかで、非常に豪華なロココ調になっています。

部屋数は約3,400室あり、その一部が公開されているので、見ることができます。

「プエルタ・デル・ソル」は、マドリードの中心部にある広場です。マドリードの紋章であるクマとイチゴノキの像があり、ランドマークとして有名で西には王宮があります。15世紀、城壁の門の1つで太陽の門という意味があり、毎日多くの人で賑わっており、ショッピング街やカフェ、深夜から営業するクラブなどが多数あり、路上演奏などが行われているエリアです。

スペイン風炊き込みご飯「パエリア」

スペインでは、さまざまなグルメを楽しむことができます。例えば、日本でも有名なパエリアは魚介類や野菜、肉や米などをオリーブ油でまず炒め、その後サフランが入ったスープで煮込んだ名物料理です。大きなフライパンを使って、いろいろな食材を楽しむことができます。

地方によって、スープの味や食材が異なるので、いろいろと楽しむことができるでしょう。

スペインと言えば、生ハムです。生ハムは前菜として人気で、スペインのものは、白豚のモモ肉から作るハモン・セラーノや、イベリコ豚から作るハモン・イベリコがあり、特にイベリコ豚の生ハムは、高級品として扱われています。そのまま食べてもよし、サンドウィッチにしたり、カナッペにしても絶品です。

スペインに来たら、バルを体験すると良いでしょう。バルは立ち飲みができる居酒屋のようなお店で、ピンチョスというさまざまなの食材を爪楊枝にさしたり、パンの上にのせた一口サイズのおつまみのような料理を、楽しむことが可能です。

いろいろなピンチョスを味わうことができ、店によってはワインなどのアルコールを注文すると、ピンチョスが食べ放題というところもあり、地元の人にはもちろん観光客もよく利用しています。

バルを、はしごするのも良いでしょう。

乗り継ぎを利用してスペインに向かいます

日本からスペインまでは、乗り継ぎを利用すると、15時間から18時間かかります。ヨーロッパにある主要空港に乗り継ぎすることが多く、いろいろな航空会社を選択することが可能です。

スペインとの時差は、7時間から8時間ぐらいあり、サマータイムを導入しているので注意が必要でしょう。乗り継ぎするなら、一旦イタリアドイツに寄ってから、スペインに行く方法があります。ミラノやローマを観光してから、スペインに向かったり、列車を使って移動する方法もあるでしょう。

スペインにはマドリードはもちろん、バルセロナやマラガなどの主要都市には空港があり、マジョルカ島やイビサなどの観光地にも空港があるので、各都市の空港を利用してマドリードに向かう方法もあります。スペインに到着する時間帯は、太陽のある昼間が便利です。

治安は比較的安全ですが、スリや泥棒にあったという観光客もいるので、明るい間に観光すると安全でしょう。夏になると、夜22時頃に太陽が落ちるので、かなり観光することができます。

スペインに行くには、少し時間がかかりますが、時差を考えたり上手に乗り継ぎしたり、他の国も楽しむことで効率的に観光することができるでしょう。

ヨーロッパの他の国に比べると物価は低いです

スペインの物価は、ヨーロッパにある他の国に比べると比較的安い方で、日本とはあまり変わらないでしょう。

マドリードやバルセロナなどの大都市になると、物価は全体的に高くなり、食事はランチの場合、10ユーロから15ユーロぐらいで、やや高く設定されています。美術館や博物館などの入場料も、やや高めです。

ホテルは、都市部から離れたり、郊外になると日本と同じぐらいの料金で、利用することができますが、マドリードの中心部や観光地の近くになると、やや高めになり、観光シーズンになると高くなります。ユーロに両替することができる両替所は、空港やホテル・銀行などにあり、街には両替機があるので便利です。

両替所によっては、手数料が高い場合があるので事前にチェックしておきましょう。

食費を抑えたいなら、ボカディーヨというバゲットサンドやピンチョスが便利で、5ユーロから10ユーロ以内に抑えることができます。スペインに来たらパエリアを食べたいところですが、一人前が15ユーロから20ユーロぐらいと、少し割高で、量が多いので二人で注文すると良いでしょう。

前菜やアルコールも、注文すると50ユーロぐらいかかるので、その都度お財布と相談することをおすすすめします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

アメリカ・ユタ州のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国西部にあるユタ州は、とても自然が豊かな場所です。そのため、昨今、日本人の観光客が急増している場所でもあります。

秋田県のおすすめ旅行スポット

秋田県は、東北地方にあり、日本海に面する地域で、あきたこまちの名産地でのあります。 そんな秋田県のおすすめスポットをいくつかご紹介致します。

夏の風物詩「天神祭奉納花火」を楽しむポイント

天神祭は、大阪市にある大阪天満宮が行う祭で、1000年以上の歴史を持ち、京都の祇園祭、東京の神田祭と共に、日本三大祭の1つとなっています。 さらに、これは愛染祭、住吉祭と共に、大阪三大祭の1つでもあり …

地元民おすすめ!大阪府旅行の穴場スポット3選

夏休みやゴールデンウィークなどの長期休暇には、家族や恋人、友達とどこか旅行に行きたいと考える人は多いです。 実は、大阪府にはあまり知られていない隠れた穴場スポットが満載です。 みんなで楽しく過ごす事が …

初詣にもおすすめな「生田神社」の歴史

兵庫県にある生田神社は、神戸市の中央区にあり、三宮駅から北西に位置し、徒歩3分ほどのところにあります。 神社のある神戸の地名は、この神社の神封戸(じんふこ)の集落であったことことから、のちに神戸(じん …

楽天モーションウィジェット