マドリード(スペイン)のおすすめ観光スポット

スペインマドリードに行くなら「プラド美術館」がおすすめです。

緑に囲まれた美しい美術館で、ベラスケスやゴヤなどの作品が多く展示されており、スペイン派やフランドル派などの絵画を見ることができます。

スポンサーリンク

緑に囲まれた美しい「プラド美術館」

絵画は8,600点、彫刻は700点ほどあると言われており、世界有数の美術館です。すべて見て回るのにかなりの時間がかかるので、美術館にはカフェがあるので、休憩をとりながら1日かけて鑑賞するのも良いでしょう。

「マドリード王宮」は、スペイン王室の住まいで、歴代の王たちが暮らしました。床面積はヨーロッパ最大級の宮殿で、アルメニア広場から王宮の全景を見ることが可能です。内装はきらびやかで、非常に豪華なロココ調になっています。

部屋数は約3,400室あり、その一部が公開されているので、見ることができます。

「プエルタ・デル・ソル」は、マドリードの中心部にある広場です。マドリードの紋章であるクマとイチゴノキの像があり、ランドマークとして有名で西には王宮があります。15世紀、城壁の門の1つで太陽の門という意味があり、毎日多くの人で賑わっており、ショッピング街やカフェ、深夜から営業するクラブなどが多数あり、路上演奏などが行われているエリアです。

スペイン風炊き込みご飯「パエリア」

スペインでは、さまざまなグルメを楽しむことができます。例えば、日本でも有名なパエリアは魚介類や野菜、肉や米などをオリーブ油でまず炒め、その後サフランが入ったスープで煮込んだ名物料理です。大きなフライパンを使って、いろいろな食材を楽しむことができます。

地方によって、スープの味や食材が異なるので、いろいろと楽しむことができるでしょう。

スペインと言えば、生ハムです。生ハムは前菜として人気で、スペインのものは、白豚のモモ肉から作るハモン・セラーノや、イベリコ豚から作るハモン・イベリコがあり、特にイベリコ豚の生ハムは、高級品として扱われています。そのまま食べてもよし、サンドウィッチにしたり、カナッペにしても絶品です。

スペインに来たら、バルを体験すると良いでしょう。バルは立ち飲みができる居酒屋のようなお店で、ピンチョスというさまざまなの食材を爪楊枝にさしたり、パンの上にのせた一口サイズのおつまみのような料理を、楽しむことが可能です。

いろいろなピンチョスを味わうことができ、店によってはワインなどのアルコールを注文すると、ピンチョスが食べ放題というところもあり、地元の人にはもちろん観光客もよく利用しています。

バルを、はしごするのも良いでしょう。

乗り継ぎを利用してスペインに向かいます

日本からスペインまでは、乗り継ぎを利用すると、15時間から18時間かかります。ヨーロッパにある主要空港に乗り継ぎすることが多く、いろいろな航空会社を選択することが可能です。

スペインとの時差は、7時間から8時間ぐらいあり、サマータイムを導入しているので注意が必要でしょう。乗り継ぎするなら、一旦イタリアドイツに寄ってから、スペインに行く方法があります。ミラノやローマを観光してから、スペインに向かったり、列車を使って移動する方法もあるでしょう。

スペインにはマドリードはもちろん、バルセロナやマラガなどの主要都市には空港があり、マジョルカ島やイビサなどの観光地にも空港があるので、各都市の空港を利用してマドリードに向かう方法もあります。スペインに到着する時間帯は、太陽のある昼間が便利です。

治安は比較的安全ですが、スリや泥棒にあったという観光客もいるので、明るい間に観光すると安全でしょう。夏になると、夜22時頃に太陽が落ちるので、かなり観光することができます。

スペインに行くには、少し時間がかかりますが、時差を考えたり上手に乗り継ぎしたり、他の国も楽しむことで効率的に観光することができるでしょう。

ヨーロッパの他の国に比べると物価は低いです

スペインの物価は、ヨーロッパにある他の国に比べると比較的安い方で、日本とはあまり変わらないでしょう。

マドリードやバルセロナなどの大都市になると、物価は全体的に高くなり、食事はランチの場合、10ユーロから15ユーロぐらいで、やや高く設定されています。美術館や博物館などの入場料も、やや高めです。

ホテルは、都市部から離れたり、郊外になると日本と同じぐらいの料金で、利用することができますが、マドリードの中心部や観光地の近くになると、やや高めになり、観光シーズンになると高くなります。ユーロに両替することができる両替所は、空港やホテル・銀行などにあり、街には両替機があるので便利です。

両替所によっては、手数料が高い場合があるので事前にチェックしておきましょう。

食費を抑えたいなら、ボカディーヨというバゲットサンドやピンチョスが便利で、5ユーロから10ユーロ以内に抑えることができます。スペインに来たらパエリアを食べたいところですが、一人前が15ユーロから20ユーロぐらいと、少し割高で、量が多いので二人で注文すると良いでしょう。

前菜やアルコールも、注文すると50ユーロぐらいかかるので、その都度お財布と相談することをおすすすめします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

知識が広がる!国立科学博物館の魅力とは?

国立科学博物館は明治10年に創立された長い歴史をもつ都内でも有数の博物館です。 都内の博物館の中でも大規模な展示を行なっていることが魅力です。

初心者も気軽に行ける!「みうら海王」で釣りの魅力に触れよう!

和歌山県などでは、筏を利用した釣りに注目が集まっています。筏は海上に浮かんでいて、筏まで渡船で移動をして、筏の上で青物などの魚を狙う手法です。 但し、筏は海上に設置が行われているケースと、生け簀の設置 …

コロンバス(アメリカ・オハイオ州)のおすすめ観光スポット

イーストタウンセンターはオハイオ州コロンバスに新しくできたショッピングモールで、今オハイオ州で最も注目を浴びている観光スポットのひとつです。

茨城県のおすすめ温泉地3選

茨城県を旅行する場合には、温泉地を選ぶ方法もあります。温泉は少ないように見えますが、意外と多く、その割には混み合っているところはあまりありません。 ひっそりとしたところで、ゆっくりつかりたい場合は茨城 …

一生に一度は見ておきたい!兼六園のおすすめ絶景スポット

日本の三大名園に数えられる兼六園は、兼ねることのできない6つの美しい景観から、その名がつけられたといわれています。

楽天モーションウィジェット