ミネアポリス(アメリカ・ミネソタ州)のおすすめ観光スポット

ミネソタ州のミネアポリスには、ミルシティ博物館やウォーカーアートセンター、及びモール・オブ・アメリカ、セントアンソニーフォールズ遺産巡り、レゴ・イマジネーション・センター、ストーン・アーチブリッジ、ライブハウスファーストアベニューなど、数多くの観光スポットがあります。

スポンサーリンク

ミネアポリスの観光スポット

セントアンソニーフォールズ遺産巡りは、ミシシッピ河にある唯一の、高さ6mほどの自然の滝セントアンソニー・フォールの水力を使って操業していた、ジェネラルミルズやピルズベリーなどの企業の製粉工場や、ストーン・アーチブリッジ、ミルシティ博物館などの遺産を巡ります。

ミルシティ博物館は、ミシシッピ川やセント・アンソニー・フォールズ、トーン・アーチブリッジを眺める事が出来る、GOLD MEDAL FLOURSの製粉工場跡地に焼け残った建物利用して建築され、製粉業や穀物農業、町の歴史などを知る事が出来、GOLD MEDAL FLOURSに原材料を運んだ貨物のレールは、縁石代わりに使用されている観光地です。

ライブハウスファーストアベニューは、プリンスがパープルレインのMTVを撮影したライブハウスとして知られ、多くの観光客が訪れています。

ミネアポリス彫刻庭園は、世界的な彫刻家の作品を展示した、全米最大規模の都市型彫刻庭園として知られ、スプーンブリッジとチェリーと呼ばれる作品は、世界的に有名な観光地となっています。

ミネソタ州の伝統料理と人気グルメ

ミネソタ州のミネアポリスは、ウォールアイやワイルドライスのスープ、チーズハンバーガー、地ビールなどが楽しめるだけで無く、41万人を超える人口の大都市である事から、格安レストランから高級レストランまで、2000にも及ぶ飲食店があり、日本食を提供する飲食店も多くあります。

ウォールアイは、体長50cmから大きな物では1mに達するスズキの一種であり、古代よりミネソタ州のネイティブ・アメリカンが、湖やミシシッピ川などで捕獲し食していた魚です。

ウォールアイは、スズキと同様に臭みの無い淡白な味わいの白身である事から、塩コショウで味付けしたソテーや、日本の唐揚げ粉の様な粉をまぶして揚げたフライとして、食されています。

ワイルドライスのスープは、一般的な稲作によって収穫されるお米では無く、日本でも馴染みのあるマコモからとれるワイルドライスと、ベーコンやキルバサソーセージ、鶏、豚、牛などの具材を、マッシュルームのコンソメスープに入れて煮込んだものです。

チーズハンバーガーは、日本国内でもお馴染みのパテの上に、とろけるチーズを乗せるのでは無く、チーズインハンバーグの様に、パテの中にチーズがとじ込まれており、大きな口で頬張るとパテからチーズがとろけ出すチーズハンバーガーが人気です。

直行便のフライト時間と経由地

東京国際空港は、2016年10月30日より昼間時間帯発着枠にニューヨークシカゴロサンゼルス、サンフランシスコなどの大都市への航空便が就航し、デルタ航空では同社のハブ空港とされるミネアポリス・セントポール国際空港への直行便を就航しています。

デルタ航空は、成田国際空港や東京国際空港から直行便で約11時間前後と、フライト時間が最も短く便利です。

関西国際空港や中部国際空港セントレア、福岡国際空港からは、ミネアポリス・セントポール国際空港への直行便が就航していないので、韓国の仁川国際空港や東京国際空港、成田国際空港で乗り換える必要があります。

関西国際空港から東京国際空港までは、フライト時間が約1時間10分前後とされ、韓国の仁川国際空港までのフライト時間は、約1時間50分前後です。

仁川国際空港を経由した場合には、シアトル・タコマ国際空港やサンフランシスコ国際空港、ロサンゼルス国際空港などで更に乗り換えて向かう必要があり、仁川国際空港までのフライト時間に加えて、最速でも約16時間の所要時間が必要となるので、経由地や乗り継ぎ時間によってトータルの所要時間が22時間を超える事もあります。

ミネアポリスと東京の物価の比較

ミネアポリスは、アメリカ国内でハワイ州ホノルルに次いで、家賃を抜いた消費者物価指数が高いとされるニューヨークの100に対して、80と約20%程度物価が安いとされています。

更に、家賃も含んだ消費者物価指数は、60と約40%近く低い事から、家賃相場もニューヨークよりも非常に安いとされ、外食費用や宿泊費用など旅行費用が、節約出来ます。

東京は、家賃を抜いた消費者物価指数が、ニューヨークの100に対して81とされ、家賃を含めた消費者物価指数は62と、類似した消費者物価指数を示しているので、物価はほぼ同じとされています。

ミネアポリスは、最低気温の月平均が氷点下を下回らない東京に対して、冬季の12月~翌年の2月の最低気温の月平均は、マイナス10℃を下回るので、ガス代や灯油代などの暖房費の負担が大きい都市と言えます。

ミネアポリスは、ソフトウェア産業やバイオテクノロジー産業、金融及び保険産業が発展しているウィスコンシン州の州都マディソンに比べて、数%程度物価が安いものの、ミネソタ州に隣接するアイオワ州の州都デモインや、ノースダコタ州の州都ビスマークサウスダコタ州の州都ピアなどの周辺都市よりも、物価が高い傾向が見られます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

地元民おすすめ!岡山県旅行の穴場スポット3選

岡山県へ旅行するときには有名な観光スポットに行く、という人も多いですが、地元の人のおすすめの穴場スポットなどに行ってみるのもいいです。 旅行だからこそ行くことができるところもあるので、岡山県で思い出を …

サンアントニオ(アメリカ・テキサス州)のおすすめ観光スポット

テキサス州のサンアントニオには、さまざまな観光スポットがあり、例えば地元テキサスの人に人気のある「アラモ砦」は有名な場所で、キリスト教の伝道所として建てられた歴史があります。

地元民おすすめ!岩手県旅行の穴場スポット3選

地元民おすすめの岩手県での旅行の穴場は、車を使っての観光がメインとなります。 岩手県は首都圏などのように、鉄道が発達しているわけではありません。 岩手県では、日常の買い物に行くにも車が必要となります。 …

パワースポットを巡って御朱印集めをしよう

「御朱印」という言葉を耳にしたことがあるという方が増えているのではないでしょうか? 御朱印とは、主に神社や寺院に参拝した際、それを証する記念として押印してもらえるものです。 日本人であれば、神社に参拝 …

アメリカ・ジョージア州のおすすめ観光スポット

ジョージア州はアメリカ南東部に位置する、のどかな南部州の一つです。

楽天モーションウィジェット