モントピリア(アメリカ・バーモント州)のおすすめ観光スポット

モントピリアは、アメリカ北東部・バーモント州の州都です。バーモント州の大きさは、岩手県と宮城県を合わせた程度と、小さく2番目に人口の少ない州です。

高層の建物がない唯一の州であり、アメリカの50の州都の中でも、唯一マクドナルドの店舗がない都市です。空港もないため、バーモント州でも最大の都市であるバーリントン国際空港を利用しなければなりません。

スポンサーリンク

モントピリアのおすすめ観光スポット

時の流れを止めたような、モントピリアの町並みこそが魅力なのです。そんなところですから、自然も豊かでこれもまた観光のポイントとなるのです。魚釣りやスキー・キャンプなどを楽しむために、ボストンやニューヨークからの観光客は多いです。

特に秋の紅葉の時期には、観光客が増えます。夏は暑いものの気候は割りと穏やかなので、過ごしやすいです。昔ながらのアメリカが楽しみたい、夏休みは自然の中で過ごしたい、アメリカでも紅葉狩りが楽しみたい、という方はぜひ、バーモント州モントピリアまで観光にお越しください。

飛行機だとバーリントン国際空港から1時間、約58kmありますが、鉄道が通っているためこちらを利用しても良いでしょう。ただし、長距離列車のヴァーモンター号は、1日1往復停車するのみです。

バーモント州とおすすめグルメ

バーモントというと、日本人なら思い浮かべるのがバーモントカレー。ただし、これはこの地方に伝わる、りんごとはちみつによる健康法にちなんで付けられた名前であり、カレーが有名というわけではないのです。

この地方の特産物は、りんご・メープルシロップ、そしてワインです。カレーには入れないものの、紅葉の絶景スポットに行く途中のメイプルシロップソフトクリームは人気です。りんごを使った、アップルサイダーが有名なお店もあります。

りんごの搾りカスは豚のえさにしており、その豚を使ったベーコンも絶品です。チーズ作りも有名な地域で、アルティザンチーズの品揃えも豊富です。 自然豊かな地域だけに、地元で採れるお野菜も豊富です。あらゆるお野菜が新鮮でおいしく、おすすめです。

新鮮な材料がたっぷり使われているため、地元のお料理もどれもおいしいです。アメリカ人らしくなく、あまり笑わず純朴な人柄のこの地域の方々は、けれども話しかけてみるととても親切に対応してくれます。

素敵な景色とおいしいお料理の数々、そして出会う人々のすばらしさに、一度行くとリピーターになる方も多いです。都会ではないアメリカの良さを感じられる、そんな地域です。

モントピリアに行くには

日本からバーリントン国際空港までの直行便というのはありません。そのため経由地、乗り継ぎ時間によってフライト時間は大幅に違ってきます。

鉄道で行くなら、セントオールバンズからワシントンD.C間を走る、ヴァーモンター号がモントピリア駅に1日1往復停車します。グレイハウンドと提携のバーモント交通の、バスディーポもあります。車で行くとなれば、市の南西部に州間高速道路のI-89が走っています。

ボストン・ニューハンプシャー州・バーモント州から、カナダ国境を越えてモントリオールまで通じる道路です。ボストンから3時間半、約288kmくらいでモントピリアまで行くことができます。自然豊かで都市の発展から取り残されたような町だけに、たどり着くのは大変なことです。

こんなところだからこそ、自然が色濃く残っているとも言えるのです。とはいえ、紅葉を求めて、自然を求めて、多くのアメリカ人たちが訪れているところです。ぜひ日本からも頑張って行ってみてください。

日本の紅葉スポットとはまた違った、アメリカならではの風景が楽しめるはずです。電車も道路も通っていない、まったくの秘境の地というわけではないので、いろいろな行き方はあるのです。

モントピリアの物価は

日本の何倍も広いアメリカですから、地域によって暮らしも文化も、そして物価も異なります。

ハワイやワシントンD.Cで生活するとなると、とにかく生活費が高く付きますが、バーモント州の方はそれほどではないので、安心してください。とはいえ、どの州も教育機関は均整のとれた内容と設備が保証されており、生活コストが安い地域だからといって、教育の質が劣るということはありません。

単に観光に訪れるのもいいですし、留学の地として選ぶのも良いのです。都会でお金をかけて生活するよりも、自然豊かな地で穏やかにお金をそれほどかけず、違った楽しみを見つけ出しながら勉強にいそしむのもいいでしょう。

州によってさまざまな特色があり、どこもそれぞれにアメリカらしく楽しむことができます。せっかくバーモントという言葉で、日本人にも馴染みぶかい名前を持つ州ですから、その州都であるモントピリアにも一度行ってみてください。

ちなみに、「バーモント」の由来は不明ですが、「緑の山地」という意味のフランス語から、派生した可能性が強いと言われています。自然豊かな地ならではの名前ということなのです。

名産のメープルシロップの生産量は、全米でも最大です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

地元民おすすめ!熊本県旅行の穴場スポット3選

旅行へ出かけるのなら穴場スポットへ行ってみたいという人は多いです。 熊本県へ旅行へ行くという方におすすめの観光スポットはいくつもありますが、デートや家族で楽しむことができる穴場スポットもたくさんありま …

フェニックス(アメリカ・アリゾナ州)のおすすめ観光スポット

フェニックス砂漠植物園はアリゾナ州で人気の観光スポットです。

夏休みに家族で旅行したい群馬県のおすすめスポット3選

群馬県にはさまざまな観光スポットがあり、夏休みの旅行を利用して温泉につかったり、世界遺産を見学することが可能です。 東京や東北地方からもアクセスしやすく、多くの人が群馬県を観光するためにやって来ており …

佐賀県のおすすめ温泉地3選

佐賀県には、いろいろと旅行をすることができる観光スポットがたくさんあります。その中でもやはり人気が高いのが、温泉です。 有名な温泉街から駅から近くて便利な場所など、色々なところがあるのがいいということ …

フリーポート(アメリカ・メイン州)のおすすめ観光スポット

フリーポートはメイン州にある街で、このメイン州は11世紀にバイキングが沿岸を訪れ、1620年代にはイギリス人が定住を始めたと言われています。 農業や水産業をはじめ、伝統的な製紙業や観光業、商業など多岐 …

楽天モーションウィジェット