長崎県のおすすめ旅行スポット

長崎県は、九州地方の都道府県の一つで、五島列島、壱岐島なども含みます。

そんな長崎県のおススメスポットを、いくつかご紹介いたします。

スポンサーリンク

外国と地元の風習が混じり合う街

ちゃんぽん文化の長崎県

長崎県は、古くから中国大陸とを結ぶ航海ルートの重要拠点として栄え、遣隋使や遣唐使の寄港地だったところも県内にはあり、室町時代には勘合符貿易、江戸時代は朱印状貿易といった、国内においてもっとも重要な国際港のひとつとして発展しました。

江戸時代には、徳川幕府による異文化の流入を回避するためと、国内の安泰を考慮し鎖国政策が行なわれる中で、長崎は唯一認可が下りた出島と対馬の2つの国際港を擁しました。

鎖国の期間も、オランダやポルトガル、中国にみられる欧州と東洋の文化が、地元に受け入れながら外来語として派生し、異国情緒溢れる長崎県は、毎年国内旅行のおすすめの土地に挙げられます。

長崎県といっても、一言では言い表せないほど地域によって方言も風習も異なり、おすすめの旅行先は、長崎市を中心とした、歴史や欧州と中国の文化に触れながら食べ歩きを楽しむプランが、先ず挙げられます。

同様に、北部九州屈指のリゾートスポットのハウステンボスと、夕日が美しい九十九島をメインに回る佐世保市内周遊旅行、長崎県南部では城下町島原と雲仙や小浜など、温泉地へ宿泊するプランがおすすめです。

長崎県には、離島も多く長崎市内から約3時間でアクセスできる五島には、キリスト教関連遺産、佐世保からおおよそ3時間ほどのところには、上五島の小値賀島があります。

小値賀島は、地元の漁師町に宿泊して、漁業体験を楽しむ民泊が昔から長崎県内では有名で、日本だけでなくアメリカの旅行者にも人気の島です。

九州最大の都市福岡から、高速船で約1時間のところには、島内に海水浴場が点在する壱岐の島、さらに上へいくと国境の島・対馬があります。

長崎県のシーズン別のおすすめスポットを紹介

県内のシーズン別のおすすめでは、冬の時期には何といっても、心も体も温まる温泉がおすすめで、場所は島原半島にある雲仙と小浜です。

雲仙温泉は、観光関連産業のひとも絶賛するほどおもてなしの評価が高いところで、昔から営む老舗の伝統旅館からクラシックなホテルもあり、小浜温泉は海沿いに位置する開放的な雰囲気で、日本最大規模といわれる長い足湯が有名です。

冬の時期の長崎市内の新地中華街では、地元を代表するイベントの「ランタンフェスティバル」が開催され、期間は旧暦の中国正月、2週間の間です。

春の訪れを感じる頃、県内屈指の人気の旅行スポット「ハウステンボス」では、チューリップ祭りが行なわれ、同事に満開の桜が開花した様子を、園内で楽しめます。

全長6kmの運河には、大航海時代を彷彿させるクラシックな帆船が行き交い、チューリップだけでなく一年を通じていろんな花が咲いていますので、四季を問わず人気の旅行先です。

夏の期間は離島がおすすめで、長崎県北部に浮かぶ壱岐の島の石田町には、大浜・錦・筒城といった3つの大きなビーチが並んでいる海水浴場群、白砂青松の風景が美しいと称される五島の高浜海水浴場が、地元では有名です。

秋は行楽シーズンで、街歩きの旅行がおすすめで、特に長崎市内は昔から現在に至るまで、県内で最も人気の都市です。

一日乗車券はわずか500円なので、坂本龍馬の足跡を辿るグラバー園など、市内の観光地を食べ歩きと一緒に楽しむのも良いでしょう。

近年特に注目を集めているのが、長崎の港から発着している軍艦島のツアーで、歴史的な重要スポットであり、通な旅行を求めるひとにはたまらないスポットです。

長崎県のご当地グルメやお土産について

県内の代表される料理で先ず挙げられるのは、円卓でみんなで一緒に食べる和華蘭料理で、和食に中華と西洋のコンテンツをそれぞれ楽しめることで、旅行のコースでも馴染みです。

また、長崎といえばちゃんぽんの発祥の地で、市内には本格的なお店やリーズナブルな料金で楽しめるところもあり、ひとつの料理でも選択肢が広いです。

お土産では、カステラがもっとも有名で、新地中華街にはひとくち餃子や肉まんといった、気軽に利用できるものからコース料理まで用意されています。

長崎は、昼に麺をたべる人も伝統的に多く、長崎市内のちゃんぽん、五島ではうどん、島原ではそうめんが今でも引き継がれています。

県内全域に天然の好漁場を擁していることで、一年を通じて新鮮な魚介類が水揚げされ、年の瀬に入荷する寒ブリや、春から梅雨の時期に採れるウニやサザエ、あわびが絶品としわれています。

魚のイメージが強いですが、離島の草原の中で育った五島牛と壱州牛は、東京の名店で出されるほどの逸品で、旅行中は比較的リーズナブルな料金で食べることができるので、うれしいです。

農産物のお土産では、離島でありながらも全体的に高地の対馬では、椎茸が豊富に収穫され、柑橘類では茂木びわが知られています。

ご当地グルメでは、佐世保市内が県内でももっとも有名で、レモンステーキ、洋風のひと皿に大盛のおかずで盛りつけられたトルコライスや、佐世保バーガーは旅行者にも人気です。

お酒類では、麦焼酎発祥の地である壱岐の島の存在を、忘れるわけにはいきません。

壱岐には7つの蔵元があり、お酒好きなひと向けの焼酎からリキュールといった、女性好みのものまであり、各社オリジナル商品がありますので、機会があれば利用してみてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-

関連記事

トレド(アメリカ・オハイオ州)のおすすめ観光スポット

トレドは、アメリカ合衆国オハイオ州北西部にある工業都市で、オハイオ州ではコロンバス・クリーブランド・シンシナティに次ぐ、第4の都市です。 スペインの古都トレドが由来の市名で、スペインのトレド市とは姉妹 …

地元民おすすめ!茨城県旅行の穴場スポット3選

海と山に囲まれ、また霞ケ浦などの湖沼地帯も抱える自然豊かな茨城県は県外の人には知られていない穴場スポットが数多くあり、海の幸や地元の食材を使ったグルメも豊富です。 関東から思いのほかすぐ旅行できる茨城 …

雨が降っても大丈夫!アソボーノの楽しみ方

子供と遊んであげたくても時間をとることができずに、遊んであげることができないという人も多いのではないでしょうか。 今の時代は誰もが忙しいものですから、子供と一緒に過ごすことができる時間を作るのも大変な …

家族旅行におすすめ!南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国の楽しみ方

南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国は、それぞれが隣接しているテーマパークです。 水族館エリアとおもちゃエリアの2つを楽しむことができますので、家族で1日たっぷり過ごすことができる環境になっています …

ソウル(韓国)のおすすめ観光スポット

日本から最も近い海外で、同じ東アジアの国として多くの観光客が訪れるのが韓国です。その中でも最大の都市であるソウルには、数多くの観光スポットがあり、気軽に行くことができます。 そこで行っておくとよいとこ …

楽天モーションウィジェット