ヌメア(ニューカレドニア)のおすすめ観光スポット

天国に一番近い島とも言われ、憧れの国であるニューカレドニアはフランス領であるため、フランスの影響を受けた美しい街並みが広がります。

また、自然豊かで海や山もあり、忙しい毎日から解放されて、気分もよく観光をすることができます。

スポンサーリンク

ニューカレドニアの人気の観光地

ヌメアは、人気の観光スポットが数多く存在します。ヌメアの市街地を散策したいのなら、ココティエ広場がおすすめです。こちらには、植物園や観光案内所があり、地元の人々の癒しの場になっています。また付近には、マルシェとい活気のある朝市やヨットハーバーがあります。

シトロン湾のビーチは、日光浴をする人々が癒しを求めて集まる場所になっています。ビーチの目の前には、ミラージュプラザというショッピングモールがあり、ジェラード店やパン屋、チョコレート店などが立ち並んでいます。

また、ニューカレドニアを訪れるのなら、離島に行っても良い思い出になります。

ヌメアから、ボートで20分くらいで行くことができるメトル島は、徒歩で1周15分ほどでまわることができるのですが、ダイビングやシュノーケリングなどの、マリンアクティビティなどを体験できたり、タイミングがよければジュゴンなどを見ることができます。

ニューカレドニアには美味しいものがいっぱい

ニューカレドニアは、フランス領であることからもフランスの料理が有名です。レストランなどでも、本格フレンチを食べることができます。魚介類や肉類などもふんだんに使ったメインに、フランスパンの組み合わせは最強です。とにかく、地元で獲れたばかりの魚介類は鮮度がよく、有名な天使のエビやサーモンなども食すことができます。

フランスパンは、リーズナブルで美味しく、病みつきになります。

ニューカレドニアで、有名な料理として挙げることができるのがブーニャです。イモ類や調理用のバナナ、ヤムイモと肉や魚とココナッツミルクで煮込んでいきます。それをバナナの葉でくるんで、加熱したものになります。こちらは、伝統的な料理とし、て訪れたら試してみるといいでしょう。

フランスの影響を受けた料理として、気軽に食べることができるのがガレットです。そば粉の入った生地を薄く焼き、それにチーズやハム、野菜などで飾ったものですが、おしゃれで美味しく、特に女性が好みます。

ヌメアには、美味しいガレットを食べることができるお店があります。

ニューカレドニアでは、食後にデザートを食べるのが普通です。フランス発のイタリアンジェラードのお店もあり、おすすめです。

ヌメアまでの所要時間

ニューカレドニアは、オーストラリアの東に位置する島になります。日本からは、飛行機で8時間40分のフライト時間になりますが、復路ではさらに1時間程度余分にかかります。直行便では曜日指定にはなるのですが、エアカランで成田や関空などから行くことができます。

また、乗り換え便になると、オーストラリアのシドニーや、ニュージーランドのオークランドからは3時間前後で行くことができます。往路は、昼間のフライトになるのですが、復路は深夜便になるので、休みながら帰国の途につくことができます。

帰りは眠っていれば、あっという間に日本に到着をすることになるので、体に負担もかかりません。

ニューカレドニアは、日本よりも東にあるために時差が2時間で、日本よりも2時間早く時間が進んでいます。しかしながら、大きな時差ではないために、日本人には過ごしやすい時間ともいえます。また、南半球であるため、日本とは正反対の季節になります。

ですから、日本が暑い夏にはニューカレドニアは冬にあたるのですが、気候がよく、20度程度の気温になるので、とても過ごしやすいといえます。日本の夏休みに、心地よい気候のニューカレドニアの観光をするというのも素敵です。

気になる物価について

ニューカレドニアの通貨は、フレンチパシフィックフラン(CFP)になります。現地ではフレンチパシフィックを抜いて、フランと言われています。フランスではユーロが導入されているのですが、ニューカレドニアのパシフィックフランは、ユーロとの固定レートになっており、1ユーロ が119.33CFPになります。

現地で通貨を手に入れるには、両替をしていくことになるのですが、その両替というのが、一回あたりの手数料がかなりかかることになります。ですから、クレジットカードの海外キャッシングなどを利用したほうが、損をすることがありません。

最も気になるのが、現地でかかるお金のことになります。こちらは物の価格の平均水準としては、日本よりもかなり高めといえましょう。

およそ2~3倍ともいわれていて、特に外食をしたりするとお金がかかります。レストランで食事をすると、一人当たりランチで3千円ほど、ディナーでは5千円以上もかかるくらいを想定するといいでしょう。

しかしながら、スーパーなどでフランスパンを購入したりすると100円程度だったり、スーパーなどで生ハムやチーズなどの食品を購入する際には、日本よりもかなり安いと言えるものもあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

東京のおすすめ日帰り天然温泉5選

天然温泉で日常の疲れをのんびり癒したいけれど、休みがなかなか取れなくて思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 それに温泉旅行に行くとなると、宿泊費やら交通費やらで出費が増えてしまいます。 実 …

夏休みに家族で旅行したい佐賀県のおすすめスポット3選

夏休みには家族で旅行をしようと考えているご家族も多いですが、昔に比べて交通網も発達したため行先の候補がたくさんあって迷ってしまうという事も少なくありません。 佐賀県は歴史や文化に触れられる場所が多いた …

スキー・スノーボード用品はどう選ぶ?

ゲレンデデビューするためには、まずいろいろなアイテムを揃える必要があります。 最初はレンタルしても良いのですが、はっきりってレンタル品のクオリティーはそれほど高くないため、今後もスキーやスノーボードを …

ヘレナ(アメリカ・モンタナ州)のおすすめ観光スポット

アメリカのモンタナ州はカントリーが6つに分かれていますが、ヘレナはその中でも州都となり、壮大な自然と山々、野生動物などが生息しています。 近年は観光客も増えて開発に力を入れているので、モンタナ州を訪れ …

イルミネーションスポットをバスツアーで楽しもう!

今続々と人気が集まっているのがバスツアーです。 バスツアーの魅力は、のんびり景色を見ながらバスに揺られ、まったりしながら格安に観光を楽しむ事が出来るというのが、昔からの認識ではなかったでしょうか? し …

楽天モーションウィジェット