フィラデルフィア(アメリカ・ペンシルベニア州)のおすすめ観光スポット

フィラデルフィアは、アメリカ合衆国ペンシルベニア州南東部にあり、この州最大都市で北米有数の世界都市です。

かつては、アメリカの首都でありアメリカの独立宣言を行われ、アメリカの歴史では外せない街です。

スポンサーリンク

アメリカ建国にゆかりのあるペンシルベニア州の都市

ニューヨークシティから電車で1時間30分ほどの場所にあり、美術館や博物館、歴史的建造物など数多くの観光スポットがあり、アメリカ国内はもちろん、海外からも多くの観光客が訪れています。

フィラデルフィアを訪れたら外せない、観光スポットをいくつか紹介します。

有名なフィラデルフィア美術館は、1876年に建国100周年のメモリアルホールとして建設された後、美術館として1877年に開放された、歴史のある美術館です。

古代から現代アートのほか、東洋やアジアの作品、日本の浮世絵までまで幅広く展示されているので、芸術に興味のある方には大変におすすめのスポットです。

この美術館から、歩いて約15分ほどの場所にあるバーンズコレクションは、富豪アルバート・C・バーンズの収集した、フランス近代絵画を中心とした2500点以上のコレクション所蔵している美術館です。

充実した日本語ガイドがあるので、日本人観光客もしっかりと鑑賞できるのでおすすめです。また、この美術館は予約制ですので、事前に予約をお忘れずに訪ねてください。

新しいところでは、2015年11月にオープンした、ワン・リバティ展望台がおすすめです。展望台からは市庁舎タワーも真下に見下ろすことができ、360度のパノラマで街を一望をできるので、存分に景色が楽しめるスポットです。

観光旅行には名物料理を味わおう

ペンシルベニア州で一番大きなフィラデルフィアは、フィリーと言う愛称で親しまれています。そんなフィリーにも、同じアメリカでもニューヨークなどと異なった、フィリーならではこその庶民的なおすすめフードもあります。

いくつかをピックアップしますので、フィリーの地元の人と一緒に味わってみませんか。

ニューヨークの野球観戦など、アメリカの東海岸で気軽に親しまれているプリッチェルが、地元でも人気のスナックです。ニューヨークのねじり曲がったハート型のプリッチェルとは異なり、長さ15cmくらいの長方形が特徴です。

パンのような食感で、マスタードをかけて食べます。露天で買えますので、プリッチェル片手にフィリー散策してみてください。

フィリー発祥のチーズステーキも、おすすめの一品です。チーズステーキは、名前だけきくとステーキのチーズ乗せを想像しますが、全く違うものです。塩コショウの味付けされた薄切りの牛肉と玉ねぎを炒め、溶かしたチーズをかけて、長いロールパン詰めたサンドウィッチです。

フィラデルフィアでは、ハンバーガーやピザよりも、チーズステーキがメジャーです。

朝食に最適なスクラップルは、オランダ移民により広められたオランダ料理を、フィリー風にアレンジしたミートローフです。豚肉の内臓やモツなどを細かく砕いて煮込み、コーンミールや小麦粉にハーブなどのスパイスを加えて作られたものです。

ブロックとなっているスクラップルをスライスして、バターやオリーブオイルで焼いてパンに挟んで食べられています。外はカリッと中はジューシーで、ソーセージのような食感が味わえるおすすめの一品です。

ニューヨークからは電車でも行けるフィラデルフィア

日本からペンシルベニア州のフィラデルフィアに行くには、直行便は運航していないため、ミネアポリスやシカゴ、サンフランシスコから乗り継ぎ便を利用するのが一般的です。

ミネアポリス経由の場合には、羽田空港からデルタ航空で約11時間30分で、ミネアポリスからは約3時間のフライト時間です。

シカゴ経由では、成田から全日空や日本航空、アメリカン航空のほか、ユナイテッド航空で約11時間45分、シカゴから国内線に乗り継いで約1時間50分です。

サンフランシスコの場合は、成田や羽田、関空から、ユナイテッド航空や全日空で約10時間、サンフランシスコから国内線で約5時間20分のフライト時間です。

いずれも乗り継ぎ便までの時間がかかりますので、最短時間のフライトでも約16時間がかかります。格安航空会社を利用しても当然行くことは可能ですが、国内線に乗り継ぐ経由空港までに、さらに1回から2回の乗り継ぎする場合もあります。

そのため、日本国内の主要国際空港から、1回の乗り継ぎで行くフライトがおすすめです。

また、フィラデルフィアはニューヨークシティからアムトラックを利用しても、約1時間15分ほどですので、ニューヨークを拠点とした旅行でも十分に楽しめます。

アメリカの中でも比較的安い物価

初めていく国への海外旅行は、計画をしている時からワクワクして楽しい反面、さまざまな不安にぶち当たるものです。

宿泊代や航空券は、それぞれのホームページなどで確認すれば比較検討も簡単ですし、ツアー旅行であれば、自分の予算と日程の合ったものを選択するだけですから、予約までは問題ありません。

一番の問題は、現地の水事情など以外に、物価状況でしょう。広大な国土のアメリカには、ペンシルベニア州のほかにも数多くの州があり、それぞれの州やその中の地域によっても、同じ物であっても値段は若干異なります。

アメリカを全体的にみると、ホテル代などは日本に比べたら高いとはいえなくても、ほかの国からしたら高いと言えます。一方で、マクドナルドなどのファストフード店は、東南アジアなどに比べたらかなり安い値段です。

ファストフード店やテイクアウトの店、コーラなどの飲み物は、ペンシルベニア州でも安いので、高級レストランでばかり外食をしなければ、日本と同じくらいの感覚で旅行中も過ごせると言えるでしょう。

ただし、日本消費税と同様に表示価格に州税が加算されることと、ホテルやレストランなどでは、チップが必要なことを忘れてはいけません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

岐阜県のおすすめ旅行スポット

昨年、世界中で大ヒットしたアニメ映画の舞台ともなった岐阜県。 世界遺産もあり自然豊かなこの岐阜県の、おすすめスポットをご紹介致します。

花見をするならここがオススメ!「舞鶴公園」のみどころ

舞鶴公園は、福岡城の跡地として、お堀沿いに桜の木が数多くならんでおり、その数は約1000本にものぼります。 昼は鮮やかなピンクの花が咲き誇り、見るものを魅了してやみません。しかし、夜になるとライトアッ …

リュブリャナ(スロベニア)のおすすめ観光スポット

スロベニアの首都・リュブリャナを観光するなら、リュブリャナ城は外せないスポットです。

夏休みに家族で旅行したい福井県のおすすめスポット3選

夏休みはお子さんと親御さんが一緒に過ごせる機会を持てる大きなチャンスなので、日程を合わせ、またしっかりと計画を立てて、泊りがけで家族旅行に行きたいと言う人は多いでしょう。 福井県は首都圏からは離れてい …

夏休みに家族で旅行したい鹿児島県のおすすめスポット3選

九州最南端に位置する鹿児島県は気候が温暖で、自然が豊かな場所です。 キャンプ場や温泉などが楽しめるスポットや、活火山である桜島を間近で見ることができる公園もあります。 夏休みに家族旅行を計画されている …

楽天モーションウィジェット