ローマ(イタリア)のおすすめ観光スポット

イタリア・ローマのおすすめ観光スポットの1つに「コロッセオ」があります。世界のいろいろな国の観光客がやって来る大人気の観光地で、シーズンを問わずいつも混雑しています。

閉館間際の夕方頃は、比較的人が少ないので、中に入るにはおすすめの時間帯です。

スポンサーリンク

世界遺産に登録されている「コロッセオ」

「コロッセオ」は、2000年ぐらい前の円形闘技場で、イタリアの世界遺産として登録されており、周囲は527メートル、高さは48.5メートルという、当時のローマ市民が約5万人収容できたという巨大な建築物です。

映画にもよく描かれていて、剣闘士(グラディエーター)たちが戦っていた場所で、さまざまな催しが行われたり、食べ物も配布されていました。

当時ローマ皇帝は、市民に娯楽を提供することで、絶大な権力をものにしていたのです。中に入ることで、古の剣闘士たちを感じることができるでしょう。

「コロッセオ」の近くには「コンスタンティヌスの凱旋門」があり、コンスタンティヌス帝が、その地位を争っていたマクセンティウス帝を、破った記念として建てられたモニュメントで、高さは21m、幅は25mの大理石でできた巨大な門で、美しい彫刻がところどころに施されています。

パリの凱旋門は有名ですが、パリのものはローマの凱旋門はモチーフに建てられたそうです。

カルボナーラの発祥の地

イタリア・ローマに来たら、本場のカルボナーラがおすすめです。カルボナーラの発祥の地で、市内にはおいしいカルボナーラを提供するお店が、たくさんあります。

カルボナーラは、新鮮な卵やパンチェッタの濃厚なパスタを使って、コショウを多めにかけた料理です。人気のあるお店は込んでいるので、ランチタイムはなるべくさけた方が良いでしょう。
ローマ風は味付けが比較的しっかりしており、麺は太めでソースとのバランスが大変良いです。

お店によっても味が異なりますが、濃厚なクリーミーなソースとジューシーなベーコン、パルメザンチーズが口いっぱいに広がる味は、絶妙なハーモニーを醸しだしています。

イタリアと言えば、ピザです。ローマにはさまざまなピザ屋があり、大きな丸いサイズで出してくれるお店や、中には食べたいサイズに切って、グラム売りしてくれるお店があります。テイクアウトできるお店が多いので、味比べをすると楽しいでしょう。

シンプルなバジリコとモッツァレラチーズだけのマルゲリータや、ポテトを使ったものや、サーモンなどの魚介類を使ったものなどがあります。リーズナブルな金額で購入することができるので、ランチタイムにはおやつにもおすすめです。

直行便を使うと便利ですが、運賃が高いのが難点

日本からローマまでのフライトにおいて、直行便を使うと約12時間ぐらいです。乗り継ぎ空港で待たなくても良いし、トラブルなどのリスクも少ないので安心でしょう。荷物の紛失確率が少ないのも、魅力的です。

但し直行便になると、運賃が高くなるのがデメリットです。 乗り継ぎ便を使うと、約15時間ぐらいになります。直行便に比べると、はるかに時間はかかりますが、いくつかのメリットがあり、例えば待ち時間の間に、航空会社が主催するその土地での観光ツアーに参加できるケースがあったり、何よりも運賃がかなり低くなるのが魅力的です。

乗り継ぎ便によっては直行便に比べると、半額以下で利用することができるケースもあります。乗り継ぎ便を利用すると、ヨーロッパの主要空港を利用することになるので、いろいろな空港を観光することもできます。

乗り継ぎ便のデメリットは待ち時間と、もし乗り継ぎ空港で何かトラブルがあると、自分で対処しなければならないことです。

ツアーに参加していると、添乗員の人が対処してくれるかもしれませんが、荷物が紛失している間は、不自由な思いをしなければいけません。乗り継ぎ便を利用すると、どうしても荷物を紛失するリスクが高くなってしまうでしょう。

物価は日本とあまり変わりません

イタリアの物価は、日本と同じであまり変わりません。但しローマやミラノ、ベネチアやフィレンツェなどの大都市は、やや物価が高い傾向にあります。

食事をする場合、テイクアウトのピザの場合は、だいたい10ユーロで購入できますが、レストランによっては20ユーロや、30ユーロになるケースがあり、利用するお店によって金額は変わってくるでしょう。

高級店になると、サービス料が加算されるので割高になります。ホテルに関しても、ローマなどの大都市で利便性の良いエリアになると、利用する料金が高くなります。郊外や観光地から少し離れた場所のホテルになると、やや料金が低くなるので利用しやすいでしょう。

観光するのに便利なのがタクシーで、日本と同じメーター制で、主要な観光地では多く停車しているのを見かけます。それほど高くないので、バスや地下鉄を使うよりも便利な場合があります。

スーパーマーケットが所々にあるので便利で、海外旅行に行くと、日本のように自動販売機がほとんどないので、飲料水の確保に利用すると便利です。観光シーズンは世界中から観光客がやって来るので、特にホテル代が高くなる傾向があります。

シーズンオフを狙うと、コストを抑えることができるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

アルバカーキ(アメリカ・ニューメキシコ州)のおすすめ観光スポット

アルバカーキは、1706年に創られたニューメキシコ州の最大の都市です。 ネイティブの時代から、メキシコの支配下を経てアメリカの一部となった、歴史を感じられるのが魅力な街です。

リュブリャナ(スロベニア)のおすすめ観光スポット

スロベニアの首都・リュブリャナを観光するなら、リュブリャナ城は外せないスポットです。

夏の風物詩「安倍川花火大会」を楽しむポイント

安倍川花火大会とは、静岡県で毎年開催されている花火大会のことで、何と60年以上もの歴史を誇る、伝統的な花火大会なのです。 昔から長く続いているというだけでなく、静岡県下で最大規模の大会としても有名で、 …

アクセス良好!福島県のおすすめスキー場10選

福島県のスキー場は首都圏からのアクセスが良く、標高が高いエリアでは雪質も極上、知る人ぞ知る人気のゲレンデが多くあります。 東北自動車道からも東北新幹線の主要駅からもスムーズに行ける場所が多く、アクセス …

愛知県のおすすめ温泉地3選

愛知県には、活火山がありません。よって温泉旅館が建ち並ぶ地域はそれほど多くありませんが、魅力的な入浴施設がたくさんあります。 休日に日帰り入浴施設にマイカーで行き、日ごろの疲れをいやすのも楽しいでしょ …

楽天モーションウィジェット