佐賀県のおすすめ旅行スポット

古くから、陶磁器の産地として有名な佐賀県は、九州の北西部に位置します。

そんな佐賀県の魅力を、少しだけご紹介致します。

スポンサーリンク

佐賀県の旅行で、絶対に行くべきスポットと見どころ

佐賀県は焼き物ファンの聖地

九州地方の北西部に位置する佐賀県は、有明海と玄界灘の2つの海に面していることで、古くから大陸や半島と交易が行なわれていました。

それを今に伝える代表的なものが、伊万里や有田をはじめとした陶器の産地が県内にはあり、全国各地の焼き物ファンが旅行で訪れています。

近代化日本を推進した明治維新の際に、積極的に動いた人達や同志の例えで、薩長土肥という言葉がありますが、肥前とは佐賀県の人たちを指し、働き者を表す諺が北部九州では馴染みです。

旅行では、東南アジアの微笑みの国で知られるタイの映画や、テレビドラマのロケ地を誘致してのフィルム・ツーリズムの施策がピタリとはまり、近年は国内外から多くの人たちが訪れています。

佐賀県の旅行で絶対に行くベきスポットでおすすめは、タイの人たちにも大人気の祐徳稲荷神社で、観光客向けに着物の着付けやレンタル、旅の思い出として記念撮影のサービスを展開するお店が流行っています。

グルメと歴史を両方楽しめる唐津市は、玄界灘で採れた新鮮な魚介類が連日水揚げされ、食事が自慢の宿が何軒かありますので、見逃せません。

市のランドマークである、地元では舞鶴城の名前で親しまれている、唐津城への観光も合わせて行ってみてください。

伊万里の大川内山は、400年の歴史を擁する藩直営の窯元の集落があり、レトロな雰囲気は町歩きも楽しめて、焼き物の体験コーナーが女性に人気です。

歴史の浪漫を感じることができるおすすめのスポットは、弥生時代の環壕集落が復元されている吉野ヶ里遺跡で、佐賀県といえば嬉野に武雄をはじめ、県内に魅力ある温泉地が点在しています。

嬉野には、忍者のショーが行なわれている肥前夢街道が有名で、手相や姓名判断のコーナーが特に人気で、大道芸人による江戸時代を彷彿させる、ガマの油売りなども行なわれています。

佐賀県のシーズン別のおすすめスポット

県内の季節ごとの旅行のおすすめですが、春は佐賀市内にある徐福サイクルロードで、旧国鉄の線路跡を、歩行者と自転車専用道路が設けられていて1200本ほどのソメイヨシノが咲き誇っています。

また、春の旅行はドライブが楽しみで、福岡県から入って来て唐津市に向かう道路の約4.5kmの区間には、百万本ほどの黒松林が拡がる日本画の名画のような虹の松原は、昔から有名なおすすめの旅行のスポットです。

伊万里市の竹の古場公園には、約1万本のツツジが咲き、湾内に浮かぶ島々に加え、晴天の日は、国境の島として知られる長崎県の対馬が望めるほどです。

夏の家族旅行でおすすめは、嬉野メルヘン村で、動物ランドにはアライグマにうさぎ、やぎやリスといったかわいい仲間達が迎えてくれます。

乗り物では、乗車することもできる機関車トーマスや、てんとう虫コースター、かわいいピンクの色合いのメルヘン列車が園内を走っています。

7月から9月の初め頃までは、園内にあるがチビッコプールが開放され、雨天対策のためのテントドームの中でも遊べるのはうれしいです。

佐賀県には、11月~3月まで利用できる、天山リゾートスキー場がありますが、夏の時期にはグラススキーを楽しめます。佐賀県の秋といえば、「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」の存在を、忘れるわけにはいきません。

世界各国から選手が集まるアジア最大規模のバルーン大会で、青空の中をいろんなデザインの気球が舞う風景は、テレビでは馴染みになっていますが、機会があれば是非イベントを見に行ってください。

四季の移り変わりを感じる事のできる三瀬どんぐり村は、秋の紅葉が終わるとやがて山々が雪化粧と変わり、山海の幸が豊富な佐賀ですが、県内にある各温泉ホテルや旅館では、特においしい料理を楽しめます。

日本三大美肌の湯として、近年注目を集める西九州屈指の温泉地の嬉野や、福岡市内から車で約1時間のところに位置する清流沿いの古湯温泉などが、おすすめの冬のスポットですが、一年を通じて多くの旅行者が訪れます。

佐賀県の郷土料理やお土産など食べ物について

温泉からの続きになりますが、有明海に面する太良温泉の旅館やホテルでは、佐賀の冬の味覚の代表格のひとつとされる、竹崎カニと牡蠣の料理が有名です。

また、唐津市に隣接する呼子町では、朝市と透明な色合いの山陰などの日本海側で、白いかと呼ばれる剣先イカが人気です。

近年では、地域ブランドとしてサバの活きづくりが売り出し中で、隣の福岡県民には呼子の「いかしゅうまい」が長年親しまれています。

畜産品では、佐賀牛や伊万里牛といった大都市では、高値で流通しているブランド牛が、地元ではリーズナブルな料金で食べることができ、レトルト商品も出ていますので、お見逃しなく。

郷土料理では、鯨のかぶら骨を酒粕で漬けて作られた、ごはんやお酒の友の松浦漬け、全国的には筑前煮で知られている「がめ煮」、ムツゴロウの蒲焼が挙げられます。

ムツゴロウの蒲焼の具を盛りつけ、旬の山海の幸で彩る須古寿しは、県内の白石地区の伝統料理です。温泉地で知られる嬉野はお、茶の名産地でもあり茶粥も有名で、県内には古くから営む酒蔵が点在していて、宿泊の際には地酒の飲み比べも楽しいでしょう。

お土産では、100年以上の歴史を擁する小城羊羹、ポルトガルが栄華を誇った大航海時代に、長崎を経由して伝わったとされる丸芳露(まるぼうろ)が有名です。

ご当地バーガーでは、県産のビーフパテにハムやチーズが入ったガッツリ系の「からつバーガー」が注目を集めていて、麺類では北方ちゃんぽんと「大町たろめん」が地元では定番とされています。

大町たろめんは、ちゃんぽんとラーメンを足しで2で割ったような麺類で、スープは豚骨に加え牛骨が就かれているのが特徴で、海産物や野菜が入っている栄養感のある逸品です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-

関連記事

世界遺産・知床のおすすめ観光方法

自然遺産として登録されている北海道の知床はまさにここでしか見られない動物や植物が多く、一度は行ってみる価値があります。 しかし、実際に旅行で観光するとなったらどこを見たら良いか悩みますよね。 北海道の …

イルミネーションがオススメ!「時之栖」のみどころ

冬と言えば、やはりイルミネーションが映える季節です。 東京では、有名施設では必ずと言っていいほど、飾られているイルミネーションですが、他県ではどうでしょうか。

地元民おすすめ!石川県旅行の穴場スポット3選

石川県は、金沢市の兼六園など、定番ともいえる観光名所がたくさんある場所です。 北陸新幹線が開業し、東京と金沢がおよそ2時間30分で結ばれたこともあり、石川県は多くの旅行者から最近特に注目を集めています …

夏の風物詩「道新納涼花火大会」を楽しむポイント

道新納涼花火大会というのは、札幌に本社を置く北海道新聞(道新)が主催する花火大会の事です。

3月におすすめの国内旅行先3選

冬に終わりを告げ、間もなく春が訪れる3月には、旅行に行ける場所がたくさんあります。寒い地方であればまだ雪が多く降っており、最後の雪景色を楽しむことができる月でもあります。 また、暖かい地方はすでに春真 …

楽天モーションウィジェット