スーフォールズ(アメリカ・サウスダコタ州)のおすすめ観光スポット

スーフォールズは、アメリカの中北部サウスダコタ州南東端近くのに位置する、州内最大の都市です。

人口は約17万3300人、アメリカの典型的な地方都市だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの観光スポット

スーフォールズの最大の観光地は、市内中心部にあるその名前の由来となっている、スーの滝が流れているフォールズパークです。

パーク内を流れ落ちるスーの滝は、憩いの場として地元民からも愛されており、数多くの観光客が訪れています。階段状に段差を付けて流れ落ちていくスー滝は、サウスダコタの自然の豊かさを大いに感じさせてくれます。

1919年に建てられた聖ジョセフ大聖堂は、サウスダコタ州を代表する伝統的な建築物です。美しく彩色されたステンドグラスや高さのある天井、1947年に作られたオルガンは一見の価値ありです。

旧裁判所博物館も、高くそびえる尖塔が特徴的で、歴史を感じさせてくれます。現在は博物館として活用され、街の歴史が紹介されており、企画展も定期的に開催されています。入場料は無料なので、時間のある方は訪れてみるといいでしょう。

街の中心部にあるワシントンパビリオンは、アートギャリーがあり、アクティビティが充実しています。科学博物館等の文化施設を見て回ったり、実験等のアクティビティーに参加したりと、終日楽しめる観光施設です。

アメリカ第2位のマカロンを楽しめるスイーツ店

アメリカといえば、ファーストフードと肉料理が好まれているのは、日本人ならよく知っていることでしょう。ここサウスダコタ州のスーフォールズでも、ステーキの人気は高く、中西部風のボリュームがあるのが特徴です。

牧草で育てられた肉厚なステーキは、本来の肉の味をしっかりと味わえることでしょう。これ以外にもエスニック料理、ジビエ料理、川魚料理などの、地元の食材を生かした料理も楽しめます。

またスーフォールズには、人気のスイーツ店「CH パティスリー」が店舗を構えています。こちらを経営しているChris Hammer氏は、アメリカの人気TV番組「Top Chief」で活躍している人気のパティシエです。

2013年から開業した比較的新しいお店ですが、趣向を凝らして作られたマカロンやプティガトー、キャラメルブリオッシュなどのスイーツが好評を博しています。

こちらのマカロンは、アメリカの「The Daily Meal」のアメリカ最高のフレンチベーカリートップ10で、第2位にランキングした絶品です。

観光名所のフォールズパーク内には、オーバールックカフェが電力会社の建物内にあり、こちらのアイスクリームサンドを頬張りながら、ひと息するのもおつなものです。

航空路線とフライト時間

スーフォールズには、ダウンタウンから約5キロ離れたところに、州内最大のSioux Falls Regional Airportがあります。しかし、日本からこちらの空港への直行便は、現在のところ就航していません。

スーフォールズを訪れる場合は、アメリカに到着した後に一度乗り換える必要があります。ですが、日本からは乗り換え便を利用して訪問できるので、心配はいりません。

日本からは、ユナイテッド航空のデンバーを経由する便、デルタ航空のミネアポリス経由する便、もしくはアメリカン航空のダラス経由する便を利用できます。

おおよそのフライト時間を、参考までに掲載しておきます。飛行時間は、出発時刻や運行状況によって違ってきますので、渡航の際は航空会社にご自分で確認してください。

フライト時間は、ユナイテッド航空ではデンバーまで約10時間35分、デンバーでの待ち時間が約1時間15分、スーフォールズまでは約1時間35分です。

デルタ航空は、ミネアポリスまでが約11時間15分、乗り継ぎ待ち時間が約2時間30分、さらに目的地まで約1時間07分かかります。

アメリカン航空は、ダラスまでが約11時間45分、乗り継ぎの待ち時間が約4時間15分、乗り継いで到着まで約2時間06分です。

サウスダコタ州の物価

スーフォールズに旅行で訪れる際に気になるのは、物価のことではないでしょうか。

海外旅行の際は、現地の物価が高いと、観光に使う予算が少なくなり、お土産を買うのにもお金がかかります。アメリカは日本に比べると、物価が安いという印象がありますが、アメリカは広大で地域によって物価は違います。

スーフォールズのあるサウスダコタ州の物価は、アメリカ国内でも安い方だと言えるでしょう。アメリカのシンクタンク「税財団」が、100ドルの持つ価値の違いを調査をし、2017年7月に発表したデータがあります。

この調査によると、1位はミシシッピ州の約115.21ドル、2位は114.29ドルのアーカンソー州、サウスダコタ州は約114.16ドルで第三位という結果になっています。

ちなみに一番物価の高い州は、コロンビア特別区の約84.96ドルです。平均給与を考慮する必要もあり、個々の物品やサービスなどで、価格にバラつきがあると予想されますが参考にできる数字でしょう。

この調査の結果では、100ドルで約114.16ドルの買い物ができるということなので、スーフォールズを旅行で訪れたときは、それほど物価のことを気にせずに行動ができると考えて良いでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

初詣にもおすすめな「伏見稲荷大社」の歴史

伏見稲荷大社は、平安京が造営される前の奈良時代に創建された、たいへん古い神社です。 日本全国に、約3万社あるとされる稲荷神社の総本社です。伏見稲荷大社の旧社格は官幣大社で、格の高い神社のひとつでもあり …

手ぶらでOK!大洲家族旅行村オートキャンプ場で楽しもう

たまには自然に触れてバーベキューでも楽しみたいと思っている人もいるかもしれませんが、そもそもバーベキューのための機材を持っていないという人も多いのではないでしょうか。

世界遺産・屋久島のおすすめ観光方法

屋久島は鹿児島県の薩南諸島にある円形をした島で、日本で初めて世界自然遺産に登録されたことで広く知られるようになりました。

地元民おすすめ!高知県旅行の穴場スポット3選

高知県はかつて「土佐」と呼ばれた場所で、坂本龍馬の出身地としても知られます。 四国の南部に位置し、県内の多くの自治体が太平洋に面しています。 県土は東西に横長で、その両端の距離は100キロを超えるため …

ロンドン(イギリス)のおすすめ観光スポット

イギリス・ロンドンの観光で、ミュージアムに入り浸りたいなら「ナショナル・ギャラリー」は外せません。 ロンドンの中心部、トラファルガー広場に面したこの美術館には、幅広い年代のヨーロッパ各地の絵画が展示さ …

楽天モーションウィジェット