ウィーン(オーストリア)のおすすめ観光スポット

オーストリアウィーンのおすすめの観光スポットは「シェーンブルン宮殿」です。

ハプスブルク家の離宮で、世界文化遺産に登録されています。

スポンサーリンク

女帝マリア・テレジアの美しい宮殿

17世紀、皇帝レオポルト一世の命令によって、バロック様式の狩猟館に改築されたものです。18世紀、女帝マリア・テレジアの命令で改装し、今ある姿となりました。

バロック様式の外観でその黄褐色は、マリア・テレジア・イエローと呼ばれています。内部はロココ様式で、部屋が約1400室あり、40室が公開されています。 毎日多くの観光客が訪れており、部屋の美しい内装が魅力で、最も豪華な広間と言われている大広間グローセ・ギャラリーは、ウィーン会議での舞踏会の会場となったもので、長さが40m、幅が10mあります。

当時6才のモーツァルトが演奏したという、鏡の間も人気があります。

「ベルヴェデーレ宮殿」は壮麗な宮殿で、上宮と下宮を繋いでいる広大な庭園があり、オーストリアの有名な美術作品を集めた、美術館として有名です。特に有名なのが、グスタフ・クリムトが描いた「接吻」で、「ベルヴェデーレ宮殿」の上宮のシンボルであり、オーストリアにおいて2番目の規模を誇る美術館なので、すべて鑑賞するのに2時間や3時間ぐらい必要でしょう。

サクサクした食感が特徴的なカツレツ

オーストリアのおすすめグルメは「シュニッツェル」で、棒などで叩いて薄く伸ばした仔牛のカツレツで、日本のトンカツのような感じです。店によっては、直径が30センチぐらいあるほどの大きさもあります。そのまま、何もつけずに食べたり、レモンをかけたり、ソースをかけるなどの食べ方があり、サクサクの衣と上質なお肉を味わうことが可能です。

見た目は大きいですが薄いので、完食することができるでしょう。

オーストリアのケーキと言えば「ザッハトルテ」です。チョコレートケーキの1種で、こってりとしたチョコレートケーキで、アンズジャムが塗られており、カフェ「ザッハー」が有名でしょう。カフェは人が多いので、お持ち帰りすることができる店があるので、ホテルでゆっくり食べる方法もあります。

オーストリアはスイーツ王国で、さまざまな種類のお菓子があり、例えばカイザーシュマーレンは、パンケーキを千切りにし、プラムやリンゴなどのコンポートなどが添えられたものです。一人分が多く、二人でシェアするとちょうど良いでしょう。

パラチンケンはクレープの一種で、チーズや野菜・ハムなどを入れて軽食として人気があります。ウィーン市内にある専門店では、さまざまなパラチンケンを選ぶことが可能です。

乗り継ぎを利用すると低価で利用できます

日本からオーストリアへのフライト時間は、直行便で約12時間ぐらいです。ウィーンにある、シュヴェヒャート国際空港を利用します。直行便を利用すると、荷物を紛失するリスクが低くなったり、乗り継ぎ空港でのトラブルに合うこともありません。但し、費用がどうしても高額になってしまいます。

乗り継ぎを利用すると、ヨーロッパの主要な空港を経由することになり、ドイツのミュンヘン空港や、スイスのチューリッヒ空港などを経由するでしょう。乗り継ぎを利用すると、約15時間ぐらいになります。中には、スイスに立ち寄り、観光してからウィーンに行ったり、ミュンヘンに立ち寄り観光し、列車でオーストリアに入るという人もいます。

リーズナブルな料金でフライトするなら、乗り継ぎ便が便利です。中には乗り換えが2回あるフライトもありますが、その分料金を抑えることができるでしょう。夜遅くに出発したり、到着する便を利用すると、費用を抑えることもできます。

オーストリアにある国際空港からは、タクシーを使うと便利です。バスより少し料金は高くなりますが、タクシーを利用して、まずホテルに荷物を置きに行き、それからウィーン市内観光に出かけると良いでしょう。

美術館や博物館などの入場料がやや高めです

オーストリアの物価は、日本とあまり変わりません。例えばカフェで食事する場合、5ユーロから10ユーロぐらいで利用することができるでしょう。但し高級レストランや、伝統的なカフェを利用すると、少し値段が高くなります。

チップを支払う文化もあるので、やや高くなります。ウィーンにはファーストフード店が多く、イタリア料理やトルコ料理など世界の食事を楽しむことができ、どのお店でも5ユーロから10ユーロ以内で食べることができるので、便利です。

交通機関は、地下鉄やバスなど充実しており、1日乗車券の場合は8ユーロぐらいで購入することができるので、観光するなら、切符を買うより1日乗車券を買った方がお得でしょう。ホテルも日本と同じぐらいの料金で利用できますが、ウィーン市内に行くほど料金は高くなります。

都心部から離れたエリアだと、リーズナブルな料金で宿泊することが可能です。

ウィーンにはさまざまな美術館や博物館・宮殿があり、いろいろ回ってみたいと思いますが、建物によっては、入場料が10ユーロを超える場所があり、入場料にお金がかかるケースがあるので注意が必要です。

全体的に、それほど物価は高くないので、安心して観光することができるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

日帰りの国内旅行で持っていくべき持ち物リスト

日帰りの国内旅行ということもあり、そこまでたくさんの荷物、持ち物は必要ではありませんが、それでも忘れてはならないアイテムというのもしっかりと存在します。

手ぶらでOK!佐渡オートキャンプ場で楽しもう

普段とは違うことをしたいというときには、アウトドアが最適です。 現代社会では自然に触れ合う機会というのが減ってきていますから、普段と違うことをするのであれば自然と触れ合うことができ良い気分転換にもなる …

あると安心!スキー・スノーボードの保険

スキーやスノーボードはとても楽しいスポーツですが、転倒などの事故がとても多く、重傷を負ってしまったり負わせてしまう可能性があります。 最悪の場合は死亡事故が起こるケースもあります。 そのため、スキーや …

高知県のおすすめ旅行スポット

四国4県のうちのひとつ高知県は、日本最後の清流とのいわれる四万十川で有名です。 そんな高知県の、おすすめスポットをご紹介致します。 スポンサーリンク 高知に行くなら絶対外せないスポットと、その見どころ …

デートにもピッタリ!東京ジョイポリス

都内にはとてもたくさんの娯楽施設がありますが、東京ジョイポリスもおすすめです。 東京ジョイポリスはお台場にありますから、ショッピングなどに行きつつ、東京ジョイポリスを利用するというのも良いでしょう。

楽天モーションウィジェット