バージニアビーチ(アメリカ・バージニア州)のおすすめ観光スポット

アメリカのバージニア州にある、バージニアビーチには観光スポットがたくさんありますが、中でも人気になっているのがファースト・ランディング公園です。

スポンサーリンク

自然を存分に楽しめるスポット

チェザピーク湾のビーチが含まれており、広大な海を見ることができます。非常に美しく整備されているのが特徴です。バック・ベイ国立野生動物保護区も、人気スポットの1つであり、こちらは植物と動物の両方を観察できるエリアです。
日本ではあまり見られない生物も、生息しています。

子供連れの方なら是非とも訪れておきたいのが、リトルアイランド・パークです。ここは、子供たちが楽しめる遊具が用意されているビーチであり、海に入っても入らなくても、充実した時間を過ごすことができます。

このように、バージニアビーチにには自然を存分に感じられるスポットが、数多くあるのですが、中にはフランシス・ランド・ハウスという歴史博物館もあります。

この博物館は内部の充実はもちろん、庭がしっかりと整備されているのも、大きな魅力となっています。

子供が遊べる施設に関しては、アメリカの都市の中でも類を見ないほど多く、プリンセス・アン・パーク、グレート・ネック・パーク、ベイヴィル・ファームズ・パークなど枚挙にいとまがありません。

シーフードを活かした料理が魅力

バージニア州のバージニアビーチは、海に面していることもあって、シーフードを提供しているお店がたくさんあります。アメリカ料理のシーフードと言えば、豪快にグリルしたエビやカキなどがポピュラーですが、シーフードピザを提供する、イタリアンのお店もあります。

アメリカの方々は、イタリアンを好物としているケースが多く、その需要に合わせるようにイタリアンのお店が点在しています。ピザもパスタも、日本人にとってはお馴染みの料理なので、観光で訪れた際には、訪れる方が多いです。

長めの滞在で、アメリカ料理に飽きてしまった方にもお勧めです。とれたてのシーフードは、日本料理専門店でも活用されています。

お寿司屋さん以外では、魚介類を生で提供するお店は少なめですが、煮魚や焼き魚は親しまれている料理の1つです。欧米の料理のカロリーが気になる方は、日本料理専門店を探すことをお勧めします。

シーフードの料理を扱うお店が多いものの、他のアメリカの都市と同様に、ステーキハウスやハンバーガーショップもあります。アメリカらしく大きなサーロインを、豪快に焼き上げたステーキや、中のハンバーグがはみ出るほどのハンバーガーなどは、バージニアビーチでも味わえます。

経由の選択が重要です

バージニア州のバージニアビーチには、直行便が出ていないので、アメリカの他の都市を経由し、バージニア州のノーフォークなどに行き、その後鉄道などでバージニアビーチへと移動する必要があります。

成田空港からシカゴを経由する場合は、まずシカゴまで12時間程度かかり、そこからバージニア州のノーフォークまでは2時間ほどかかるので、トータルのフライト時間は14時間くらいになります。

他にも、ワシントンのダレス空港を経由するルートがあります。その場合は、ワシントンのダレス空港までに12時間40分ほどかかり、そこから1時間程度でノーフォークまでたどり着きます。

単純なフライト時間としては、こちらの方が短いですが、実際には乗り継ぎ時間の関係上、ほとんど所要時間に差はありません。

料金や航空会社などで選択することを、お勧めします。

他には、シカゴからワシントンという二箇所を経由する方法もあります。この場合は、一箇所経由に比べてさらに時間がかかってしまいますが、料金は安めとなっています。急いで移動する必要がない場合は、こちらも選択肢に入ります。

ただし、2度の乗り継ぎは、子供たちにとっては大きな負担になることもあるので、注意しておきましょう。

物価は低めですが観光地の価格設定には注意

バージニア州のバージニアビーチは、アメリカの平均と比べるとやや物価が低めになっています。特に食料品の安さは、レストランの料金のリーズナブルさにも繋がっており、実感することができます。

ニューヨークロサンゼルスを旅行したことがあるという方は、その安さに驚く可能性もあります。ただし、バージニアビーチは、都市全体が観光地となっているので、物価とはまた違う事情もあります。

バージニアビーチでは、観光客をたくさん招き入れるために、博物館などの施設の料金はやや低めになっていますが、それらの施設付近では少し高めのレストランが多くなっています。日本でも観光地のお店は、割高になっていることもありますが、それと同じです。

観光地の近くにあるレストランは便利なので、少し価格が高めでもお客さんが入ります。どうしても観光地価格が嫌な場合は、少し離れてから食事をとることもできますが、その場合は交通費が余分にかかる恐れもあるので、気をつけておきましょう。

あらかじめインターネットなどでレストランの料金を調べておけば、当日になって困る心配もありません。

実際の観光においては、食費以上に交通費が大きなウエイトを占めるケースが多いです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

知識が広がる!日本銀行金融研究所貨幣博物館の魅力とは?

貨幣に関する歴史を楽しく学べる施設が都内にあります。 日本銀行金融研究所貨幣博物館は中央区日本橋本石町にあり、貨幣に関する歴史的・文化的資料を展示しています。

夏休みに家族で旅行したい秋田県のおすすめスポット3選

秋田県は東北地方の中でも、自然豊かな地域です。 夏休みに秋田県を訪れる場合は、夏の東北でしか味わえない、自然との触れあいのある旅行にしたいものです。 東北の他の県と同じように、広い地域を一度の旅行で廻 …

ロサンゼルス(アメリカ・カリフォルニア州)のおすすめ観光スポット

カリフォルニア州・ロサンゼルスは、世界中でも知られている観光スポットがたくさんあり、数日いても飽きずにまわることができます。 特にビバリーヒルズには、ハリウッドやディズニーランド、ユニバーサルスタジオ …

オーガスタ(アメリカ・メイン州)のおすすめ観光スポット

オーガスタは、アメリカ合衆国メイン州の州都であり、海と自然豊かな森林に囲まれた街です。 メイン州は、州の面積の90%が森林なため、製紙業や製材業が盛んです。 メイン州の人口のうち、約96%が白人で最も …

ビリングス(アメリカ・モンタナ州)のおすすめ観光スポット

ビリングスは、アメリカ合衆国のモンタナ州の中南部に位置する都市で、このモンタナ州で最大の都市です。 周辺地域の経済・医療・農業・文化の中心地であり、ダウンタウンの整備も進んでおり、2002年にはヨット …

楽天モーションウィジェット