ウェリントン(ニュージーランド)のおすすめ観光スポット

ウェリントンはニュージーランドの首都であり、全世界の首都の中で最も南にあることでも知られています。

ウェリントンを代表する観光スポットの1つが、街と海の博物館です。

スポンサーリンク

南半球ならではの魅力

この博物館の特徴は、フロアごとに異なる個性があることです。博物館の規模としては決して大きくないものの、ドキュメンタリー映像など、一風変わった展示もあります。

南半球ならではの歴史を感じさせる展示の数々は、是非とも一度は見ておきたいところです。

オールド・セント・ポール教会も、人気のスポットです。この教会は、外観だけで言えば、ヨーロッパなどで見かける教会とそれほど変わりませんが、いざ中に入ってみると、その独特の造りに驚かされます。多くの方は、入る前より入った後の方が大きく感じるという、不思議な建物です。

ウェリントン植物園も、ニュージーランドを代表する観光スポットです。この植物園に展示されている植物は、日本などの北半球に住んでいる方にとって珍しく、この植物園では貴重な経験ができます。園内にはギフトショップがあり、品揃えには定評があります。

ケーブルカーを利用してのアクセスが定番ではありますが、ややルートが特殊なので、下調べをしておくことをお勧めします。

サーモンにも味わいに違いが

ニュージーランドでは、ラム肉や鹿肉を食べることが定番となっています。日本ではどちらも癖があるため、苦手な方もおられますが、ウェリントンにある多くのレストランでは、癖が無くなるような工夫がなされています。

例えばラム肉は、強い火力でグリルとなっていたり、鹿肉はローストされていたりします。日本で牛肉や豚肉を食べるのと同じ感覚で、親しまれています。

ニュージーランドでは、魚介類に関しても充実しています。人気なのが、グリーンマッスルと呼ばれるムール貝と、クレイフィッシュと呼ばれるイセエビです。どちらも日本人の舌に合いやすいので、お勧めです。

サーモン料理も、たくさんあります。ニュージーランドのサーモンは、北半球のサーモンに比べて脂が乗っており、トロのような味わいです。ウェリントンにはサーモンを扱ったお店はもちろん、お寿司屋さんのメニューとしても、サーモンが定番となっています。

他にもオイスターやミートパイ、ホワイトベイトなどが、観光客の方々から人気を集めています。

ニュージーランドは、イギリスとの関連が深い国なので、フィッシュ&チップスなども、食べることができます。テイクアウトして、公園などで食べるのも一興です。

オークランドやシドニーを経由

日本からは、ウェリントンへの直行便が基本的にはないので、ニュージーランドの他の都市か、オーストラリアを経由するのが定番となっています。

ニュージーランド航空を利用し、東京の成田空港からオークランドまでは14時間程度かかります。オークランドからウェリントンまでは、約1時間かかるので、トータルのフライト時間は15時間ほどになります。

東京の羽田空港から、オーストラリアのシドニーを経由する方法もあります。オーストラリアのシドニーまでは、10時間半程度かかります。その後、シドニーからウェリントンまでは5時間ほどかかります。従ってトータルの所要時間は、15時間半程度となります。

オークランドを経由する方法と比べると、30分ほど時間が長くかかる計算ですが、実際には乗り継ぎ時間があるので、どちらが早く着くとも言い切れません。

フライト時間に大きな差がないことからすると、乗り継ぎ時間や料金、サービス内容などで航空会社を決めても問題はありません。経由地としてオーストラリアを選択し、観光をしてみるという方もおられます。

訪れるまでに時間はかかる都市ではありますが、ニュージーランドには素敵な名所がたくさんあるので、その分のメリットはあります。

食べ物は低め、雑貨は注意

ニュージーランドのウェリントンにおける物価は、それほど安いわけではありません。日本にもあるチェーンのファストフード店に行くと、それが分かります。しかし、それはあくまで日本にいる時と同じようなものを、食べようとした場合です。

ニュージーランドは農産国家なので、果物や野菜は非常に安く提供されています。そのため、スーパーや市場などでは、格安の食材を手に入れることができます。ここにサービス料が加わると、途端に料金が高くなるということです。

つまり、ウェリントンを訪れた際に、庶民的なレストランを利用していれば、それほど物価を高く感じることはありません。日用品の物価はやや高めですが、観光で訪れる上ではあまり影響がありません。

家賃は高めですが、ホテルの料金はそこまで高くないので、旅行にはうってつけの都市とも言えます。食べ物に比べて、雑貨類の物価が高くなっているので、食べ物以外を現地で調達するのは、避けることをお勧めします。

レストランに関しては、高めのところとそうでないところの差が激しいです。出費を抑えて旅行がしたいという方は、事前に訪れるお店をインターネットや雑誌でチェックしておくと、不安を解消することができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

花見をするならここがオススメ!「目黒川」のみどころ

出発点になる、五反田大橋は国道1号が通過する橋で、交通量も大変に激しいのですが、ここから目黒川沿いに入っていけば都会の喧騒も忘れて花見を楽しめるようになります。

福島県のおすすめ旅行スポット

福島県は、東北地方の南部にあり、都内からの新幹線で90分と、週末にも行きやすい距離にあります。 そんな福島県のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

コロンビア(アメリカ・サウスカロライナ州)のおすすめ観光スポット

アメリカといえば、ニューヨークやワシントンなどの都会を思い浮かべますが、少し外れた街も、旅行先としてはとても面白くておすすめです。

コンコード(アメリカ・ニューハンプシャー州)のおすすめ観光スポット

コンコードは、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州の州都でもありますが、大変に小さな都市です。 ニューイングランド地方にあるほかの都市と同様に、長い歴史と伝統を誇る都市でもあります。

知識が広がる!江戸東京博物館の魅力とは?

江戸東京博物館は江戸の歴史や文化がわかるだけでなく、文明開化の時代の東京、関東大震災の様子、戦時中の東京、高度成長期時代の東京など時代ごとに詳しく東京のことが解説されています。

楽天モーションウィジェット