ウェリントン(ニュージーランド)のおすすめ観光スポット

ウェリントンはニュージーランドの首都であり、全世界の首都の中で最も南にあることでも知られています。

ウェリントンを代表する観光スポットの1つが、街と海の博物館です。

スポンサーリンク

南半球ならではの魅力

この博物館の特徴は、フロアごとに異なる個性があることです。博物館の規模としては決して大きくないものの、ドキュメンタリー映像など、一風変わった展示もあります。

南半球ならではの歴史を感じさせる展示の数々は、是非とも一度は見ておきたいところです。

オールド・セント・ポール教会も、人気のスポットです。この教会は、外観だけで言えば、ヨーロッパなどで見かける教会とそれほど変わりませんが、いざ中に入ってみると、その独特の造りに驚かされます。多くの方は、入る前より入った後の方が大きく感じるという、不思議な建物です。

ウェリントン植物園も、ニュージーランドを代表する観光スポットです。この植物園に展示されている植物は、日本などの北半球に住んでいる方にとって珍しく、この植物園では貴重な経験ができます。園内にはギフトショップがあり、品揃えには定評があります。

ケーブルカーを利用してのアクセスが定番ではありますが、ややルートが特殊なので、下調べをしておくことをお勧めします。

サーモンにも味わいに違いが

ニュージーランドでは、ラム肉や鹿肉を食べることが定番となっています。日本ではどちらも癖があるため、苦手な方もおられますが、ウェリントンにある多くのレストランでは、癖が無くなるような工夫がなされています。

例えばラム肉は、強い火力でグリルとなっていたり、鹿肉はローストされていたりします。日本で牛肉や豚肉を食べるのと同じ感覚で、親しまれています。

ニュージーランドでは、魚介類に関しても充実しています。人気なのが、グリーンマッスルと呼ばれるムール貝と、クレイフィッシュと呼ばれるイセエビです。どちらも日本人の舌に合いやすいので、お勧めです。

サーモン料理も、たくさんあります。ニュージーランドのサーモンは、北半球のサーモンに比べて脂が乗っており、トロのような味わいです。ウェリントンにはサーモンを扱ったお店はもちろん、お寿司屋さんのメニューとしても、サーモンが定番となっています。

他にもオイスターやミートパイ、ホワイトベイトなどが、観光客の方々から人気を集めています。

ニュージーランドは、イギリスとの関連が深い国なので、フィッシュ&チップスなども、食べることができます。テイクアウトして、公園などで食べるのも一興です。

オークランドやシドニーを経由

日本からは、ウェリントンへの直行便が基本的にはないので、ニュージーランドの他の都市か、オーストラリアを経由するのが定番となっています。

ニュージーランド航空を利用し、東京の成田空港からオークランドまでは14時間程度かかります。オークランドからウェリントンまでは、約1時間かかるので、トータルのフライト時間は15時間ほどになります。

東京の羽田空港から、オーストラリアのシドニーを経由する方法もあります。オーストラリアのシドニーまでは、10時間半程度かかります。その後、シドニーからウェリントンまでは5時間ほどかかります。従ってトータルの所要時間は、15時間半程度となります。

オークランドを経由する方法と比べると、30分ほど時間が長くかかる計算ですが、実際には乗り継ぎ時間があるので、どちらが早く着くとも言い切れません。

フライト時間に大きな差がないことからすると、乗り継ぎ時間や料金、サービス内容などで航空会社を決めても問題はありません。経由地としてオーストラリアを選択し、観光をしてみるという方もおられます。

訪れるまでに時間はかかる都市ではありますが、ニュージーランドには素敵な名所がたくさんあるので、その分のメリットはあります。

食べ物は低め、雑貨は注意

ニュージーランドのウェリントンにおける物価は、それほど安いわけではありません。日本にもあるチェーンのファストフード店に行くと、それが分かります。しかし、それはあくまで日本にいる時と同じようなものを、食べようとした場合です。

ニュージーランドは農産国家なので、果物や野菜は非常に安く提供されています。そのため、スーパーや市場などでは、格安の食材を手に入れることができます。ここにサービス料が加わると、途端に料金が高くなるということです。

つまり、ウェリントンを訪れた際に、庶民的なレストランを利用していれば、それほど物価を高く感じることはありません。日用品の物価はやや高めですが、観光で訪れる上ではあまり影響がありません。

家賃は高めですが、ホテルの料金はそこまで高くないので、旅行にはうってつけの都市とも言えます。食べ物に比べて、雑貨類の物価が高くなっているので、食べ物以外を現地で調達するのは、避けることをお勧めします。

レストランに関しては、高めのところとそうでないところの差が激しいです。出費を抑えて旅行がしたいという方は、事前に訪れるお店をインターネットや雑誌でチェックしておくと、不安を解消することができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

ブリュッセル(ベルギー)のおすすめ観光スポット

ベルギーの首都・ブリュッセルの世界遺産といえば、グラン・プラスです。重厚かつ、華麗な装飾の建物に囲まれた広場です。 その見た目は、「世界で最も美しい広場」と称されるほどであります。

イルミネーションがオススメ!「ハウステンボス」のみどころ

海外の観光客からも人気が高いハウステンボスには、さまざまな楽しみ方がありますが、その中でも最も人気が高く、注目を集めているのは、今や全国的にも有名になったイルミネーション、光の王国です。 既に、旅行な …

アメリカ・テネシー州のおすすめ観光スポット

アメリカのテネシー州は、8つの州と接していて、州都はナッシュビルで最大の都市はメンフィスです。 ナッシュビルは、音楽と芸術に溢れており、独創的な観光スポットが多数存在しています。

トルコ旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行で楽しめる国は世界中にたくさんあります。 そしてその中には、あまり日本人にとっては馴染みのない国も多く、穴場スポットと言っても良い国も多くあります。 トルコは、そんな穴場と言って良いおすすめの …

夏の風物詩「安倍川花火大会」を楽しむポイント

安倍川花火大会とは、静岡県で毎年開催されている花火大会のことで、何と60年以上もの歴史を誇る、伝統的な花火大会なのです。 昔から長く続いているというだけでなく、静岡県下で最大規模の大会としても有名で、 …

楽天モーションウィジェット