アナーバー(アメリカ・ミシガン州)のおすすめ観光スポット

ミシガン州アナーバーは、外国からわざわざ観光で訪れるタイプの街ではありませんが、アメリカ人が住んでみたいと憧れるような、小さなオシャレな街です。

スポンサーリンク

訪れてみたいおすすめスポット

ミシガン州内最大の有名校であるミシガン大学の城下町であり、また、周辺にも大学やコミュニティ・カレッジが集まる、文化的なエリアなので、ダウンタウンには個性的なレストランやカフェの他に、アート・ギャラリーや洒落た小物を扱う店も多く、この地に行ったら、是非見て回ってみたいスポットとなっています。

アナーバーには特筆するような観光スポットはありませんが、街にはミシガン大学の施設が多く、その殆どは一般人も立ち入ることが出来るので、ダウンタウンを訪れてたら、立ち寄ってみると良いでしょう。

緑豊かなキャンパスは散歩に最適ですし、また、構内には中規模の大きさの博物館があるので、アカデミックな雰囲気に浸ってみたい時におすすめです。

ダウンタウンの中には、ミシガン大学の売店があるので、ここでミシガン大学のロゴが入ったグッズを購入すれば、日本への良いお土産になります。ミシガン大学は、アメリカン・フットボールが強い大学として知られていますが、ダウンタウンから車で10分程行った場所に、フットボールのスタジアムがあります。

試合のシーズンに訪れる機会があるのでしたら、フットボールをこのスタジアムで観戦するのもおすすめです。

楽しみたいおすすめグルメ

アナーバーのダウンタウンは、ミシガン州内で一番グルメな街と言っても過言ではありません。カジュアルなレストランから、高級レストランまで、食べてみたいと思うレストランが必ず見つかるでしょう。

また、ミシガン大学には各国からの留学生や研究生が多く、そのためか本格的な外国の料理を楽しめるレストランも多く存在しています。中東料理など、日本ではなかなか食べる機会がない国のグルメも、楽しめます。もちろん和食の有名店もあるので、日本の味が恋しくなった時でも安心です。

また、かしこまったレストランではなく、低価格でカジュアルなお店でグルメを楽しみたい場合でも大丈夫です。お金の自由があまりない大学生が多い街だけあって、サンドイッチやベーグルなど、リーズナブルだけれど、満足の行くフードを提供している、気軽なカフェやデリも多く存在し、どれを食べてもアメリカらしさを満喫出来ます。

また、アナーバーのダウンタウンで楽しめるグルメで忘れてはならないのが、食べ歩きスイーツです。アイスクリームやジェラートは、日本よりも大盛りサイズで食べ応え満点、暖かい季節は食べ歩きながら、ダウンタウンの中をのんびりと散策するのがおすすめです。

日本からのフライト時間

アナーバーに行くには、ミシガン州唯一の国際空港である、デトロイト国際空港を利用します。日本から行く場合は、成田国際空港からの直行便もしくは乗り継ぎ便があり、直行便の場合のフライト時間は、往路復路で2時間程の差がありますが、おおよそ12時間から14時間程でしょう。

乗り継ぎ便と比べてずっと早いですが、日本からミシガン州間は、観光利用客よりもビジネス利用客が多いので、フライト料金は高めです。 乗り継ぎ便の場合の利用空港は、隣の州であるイリノイ州シカゴや、南西部のテキサス州フォートワースやヒューストンが多いようです。

テキサスでの乗り継ぎの場合は、テキサス州からミシガン州までが遠く、フライトも比較的長くなることを頭に入れておいて下さい。デトロイト国際空港からアナーバーまでは、近くありません。高速道路を走って約30分強なので、到着時間の見積もり時には、フライト時間に1時間弱を足してみると良いでしょう。

空港からは、観光客用のシャトルバスのサービスはありません。タクシーを利用するか、もしくは空港周辺のレンタカー店で車を借りることになります。レンタカー利用の場合は、事前に日本から予約を入れておくのが無難です。

ミシガン州アナーバーの物価

ミシガン州アナーバーは観光地ではありませんが、高所得者が多く住む地域なので、ダウンタウン周辺のレストランや小売店は高級店が多く、そのような店に入って食事をしたり、お土産を買ったりすると物価が高いと感じるかもしれません。

ただ、このような特別な店を除けば、現地の物価は他のアメリカの一般的な街と同じ物価です。ミシガン州の消費税率は現在6%、アメリカ国内では消費税率がもっと高い州があるので、他の州を訪れたことがある人にとっては、物価が安いと感じられるかも知れません。

消費税は、スーパーマーケットで購入するような家庭用食材などにはかかりません。お土産の購入などで、スーパーマーケットを利用すれば日本よりも物価が安いと思えることでしょう。ただ、アナーバーのダウンタウンには、徒歩で行くことが出来る庶民的価格のスーパーマーケットがありません。

常設の屋内市場のような場所がありますが、物価の高さを感じさせられる値段設定です。一般的なスーパーマーケットやショッピングモールに行きたい場合は、車か公共のバスを利用します。

海外での公共バス利用は躊躇しがちですが、アナーバーは全米でも安全な地域の上位に入る街なので、日本で公共バスを利用する感覚でバスを利用出来ます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

ロズウェル(アメリカ・ニューメキシコ州)のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国ニューメキシコ州の南東部、チャベス郡に位置しているロズウェルは、小さな田舎街といったイメージがピッタリの街です。

アメリカ・ユタ州のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国西部にあるユタ州は、とても自然が豊かな場所です。そのため、昨今、日本人の観光客が急増している場所でもあります。

アクセス良好!栃木県のおすすめスキー場3選

スキーをするにはスキー板の持ち運び等も考慮して交通のアクセスの良いゲレンデを選択する必要があります。 また家族連れでスポーツを楽しむ場合、子供向けのスキーコースがあるかどうかや休憩所が充実しているかも …

花見をするならここがオススメ!「造幣局」のみどころ

大阪市北区天満にある、造幣局には構内に通り抜け通路があり、その道幅は約560メートルもあります。その道幅いっぱいに広がる桜並木は、ただただ美しいです。 他ではあまり見られない品種もあり、約130種類ほ …

旅行におすすめのボストンバッグ

旅行に行くときに大切なのがバッグ選びで、荷物の量によって変わってきますが、1泊2泊といった短期間の旅行なら、ボストンバッグがおすすめです。

楽天モーションウィジェット